自分で適職診断をする方法

会社の選び方

 

わたしは適職に就くのに、社会に出てから9年くらいかかりました。

 

最終的に適職に辿りつきはしましたが、実際に仕事をして

 

『あっ、これは合わない』

というのを繰り返す、とても時間がかかる方法でした。

 

適職に就いてからは、三輪車からからスポーツ自転車に乗り換えたかのように、楽に進む人生になりました。

 

正確な適職診断をするには、まず自分が何者なのかを知るところから始まります。

スポンサーリンク

適職診断は、人格診断から始める

 

適職というのは、自分の人格に合った仕事をする事です。

 

わたしはフリーターで様々なバイトをして、自分の内向性を認識していきました。

接客の要素がある仕事では、ひどいダメージを負い苦手を感じました。

 

そこからの逃げとして、正反対の方向性の仕事をしていく内に、適職に辿り着きました。

人格診断で自分を知る方法なら、いちいちヒドイ目に合わずに済んだはずです。

 

診断をやった事がある人もいると思いますが、人格診断から解説します。

 

エゴグラムやビッグファイブ

 

人格診断は複数ありますが、5つの指標の高低であらわすものがオススメです。

 

エゴグラムとビッグファイブは似たもので、ビッグファイブはアメリカのトップクラスの大企業が、社内のチーム編成に使っています。

 

エゴグラムの方が本や診断サイトが多いので、ここではエゴグラムを使って、適職を探す方法を解説します。

 

 

適職とは、自分の人格に沿った仕事

 

上手にできる仕事は、自身の人格に沿った仕事です。

 

例えば

『内向的な人は、相手の意をくめるので、実は営業向き』

 

なんて言われますが、内向的なわたしがやったところ、地獄でした。

 

相手の意をくめても、対人コミュニケーションをするだけの瞬発力が備わっておらず、くよくよ悩むだけでした。

 

自身の人格を細かく知る事で、自分専用の適職診断ができます。

それに慣れれば、会社内で自分が力を発揮できる業務もわかるので、勝てるものだけをして実績を上げられるようになります。

 

実績さえ上げれば、嫌な仕事はしなくていい

 

自分の得意分野があいまいだと、変な仕事をさせられてしまいます。

 

失敗を経験していない若い頃は、全能感のようなものがありましたが、実際は業務によって得意・不得意の差が大きくあります。

 

自身の能力を正確に把握し、得意な仕事だけをやって実績を上げれば、誰も変な仕事は振ってきません。

 

 

エゴグラムで人格診断

 

エゴグラムは、5つの指標の高低を組み合わせて、診断します。

 

その5つの指標を列記します。

・CP(厳格な父親):厳格・リーダーシップ・向上心
・NP(優しい母親):共感性・優しい・同情的
・A(独立した大人):論理的・客観的・情報
・FC(自由な子供):好奇心・行動力・感情的
・AC(顔色を伺う子供):慎重・従順・遠慮

 

次にわかりやすく特徴を説明するため、どれか一つだけ高い場合に、どういう人になるかを書いていきます。

 

CP(厳格な父親)だけが高い人

 

一言で言うと、ガンコ親父のようになります。

 

意志が強くてリーダーシップがありますが、他人の意見を受け付けません。

自身に向上心がある分、他人に批判的で説教をしがちです。

 

本人は向上心から、与えられた仕事を頑張るとか、ステップアップを目指します。

CPだけ高い人は、近寄りがたい雰囲気を帯びます。

 

逆に低いと、ゆるい雰囲気の人になりますが、仕事を任せるのが不安になります。

 

NP(優しい母親)だけが高い人

 

優しいお母さんをイメージすると、わかりやすいです。

 

実際に優しく、自分の損得ではなく助けてくれます。

自分にも他人も優しいので、認識の甘さが目立ちます。

 

共感をしてくれるので、他人に悪感情は持たれにくいです。

逆にNPが低いと、冷たい人になります。

 

A(独立した大人)だけが高い人

 

論理的な能力が高く、テストのように問いと答えが明確なものは得意です。

 

現代社会の仕事では、有利に作用するものが多いですが、Aだけが高いと合理性を追求しすぎます。

 

世の中は非合理的な人も多いため、彼らの事を知らなければギャップが大きくて、意外と成果はあがりません。

Aが高すぎる人は、機械のような印象になります。

 

FC(自由な子供)だけが高い人

 

FCだけが高い人は、小学1年生の男子が暴れ回っているような人になります。

 

フットワークが軽いのですが、それはイスにじっと座っていられない事をあらわします。

人にフレンドリーなのは警戒心がないためで、良いことだとは言い切れません。

 

すぐに感情をあらわにするので、会社で騒いだりもします。

好奇心が強いので流行に敏感で、お金がないのに買ったりします。

 

AC(顔色を伺う子供)だけが高い人

 

ACだけが高いと、臆病な印象になります。

 

人の顔色を伺い、逆らう事を滅多にしません。

ただし気にしていないわけではなく、不満を溜めます。

 

ガマンが一定量を超えると、反抗やひねくれた態度をとります。

ネガティブに取られがちな気質ですが、細かい情報から危機を察知する能力は、サイバイバルに有利です。

 

実際の職業に気質を当てはめてみる

 

CP(厳格な父親)は、厳格に法を執行する警察官をイメージしてください。

 

ポップなな警察官って、あまりいないですよね。

だから踊る警察官がいたら、珍しいから取り上げられます。

 

長年、警察官をした人は仕事からも気質が強化されて、CPの度合いが高まります。

 

NP(優しい母親)が高い職業の例

 

保育士のように、子供によりそう仕事をイメージしてください。

 

人柄的に柔らかく、で警戒心を持たれません。

経済性よりも、他人に優しくする方が優先されます。

 

保育とか介護が給与的に厳しいというのも、気質があらわれています。

 

A(独立した大人)が高い職業

 

システムエンジニアは、論理性が高い仕事です。

 

ただし、システムエンジニアでも機械よりのシステムを作るか、エンドユーザーである人に近い部分のシステムを作るのかで違います。

 

人に近い部分のシステムを作るには、人の非合理性をくみとり、相手の行動パターンが考えられないと難しいです。

 

FC(自由な子供)が高い職業

 

スポーツとか、絵や音楽の仕事が象徴的です。

 

直観力が優れていて、感情を表現する能力があります。

ですが、FCだけ突出している人は、私生活がハチャメチャで落ち着きがなかたりします。

 

会社でも行動力が必要な仕事は、FCの仕事です。

 

AC(顔色を伺う子供)が高い職業

 

わたしはこのACが高いのですが、具体的な職業を出そうとすると、ヒキコモリなのではないかと思ってしまいます。

 

人の顔色を見るというのは、相手の動作を予測する事に通じるので、わたしは業務設計に活かしました。

 

これと言った適職がない分、応用の範囲が広いのだと思います。

 

協調性は高いのですが、これって我慢をしているからなので、疲れは感じてしまいます。

そうなると一人の時間が必要になり、そこで回復をします。

 

適職を選ばないとどうなるか?

 

アメリカでプロスポーツ選手が引退後に、破産をするケースが問題になっています。

 

これはFC(自由な子供)が強いために、先の事を見据えないで、衝動的にお金を使ってしまうからです。

 

考えるより、行動が先にきてしまいます。

立ち止まって熟慮を要する仕事は、苦手です。

 

経理の職に合っていなかった人

 

旅行とかフェスが好きで、プライベートではFC(自由な子供)が強く出ていた人がいました。

 

その人は経理の仕事をしては、短期間で転職を繰り返していました。

机に座って数字と向き合う仕事は、その人には向いていませんでした。

 

ノルマなどがない仕事を選び、プライベートを充実させようという意図で経理を選んだのかもしれませんが、合わない仕事では遊ぶお金を稼ぐのも難しいです。

 

その後、その人が戦略を変えたかはわかりません。

 

IT系の仕事が合っていない人

 

わたしはIT系が適職でしたが、新し物が好きなFC(自由な子供)の人を多く見ました。

 

しかしFC優位な人は、適職とは言いにくかったです。

例えるなら、ツイッターで投稿数が非常に多いだけで、誰も共感できないツイートをする人という感じです。

 

ITはシステムの要素もあるので、単に新し物好きでは務まらないです。

 

人の行動がわからない人

 

A(独立した大人)が高い人がいました。

 

いい大学を出てシステムエンジニアをしていましたが、どうにも使い勝手のいいシステムが作れませんでした。

どれか一つの気質だけ高いと、クセが強すぎて支障が出ます。

 

複数の気質の組み合わせで、適職が決まる

 

例えばわたしは、CP(厳格な父親)とAC(顔色を伺う子供)が高く、FC(自由な子供)が低かったです。

 

他は中程度でした。

論理性のA(独立した大人)は中程度でしたが、AC(顔色を伺う子供)によって細かい部分まで思考を繰り返し、論理性を補う事ができました。

 

AC(顔色を伺う子供)で業務フローを設計し、中程度のA(独立した大人)で製作し、CP(厳格な父親)で実行という感じです。

 

例えばユーチューバー

 

トップのユーチューバーに共通しているのが、FC(自由な子供)です。

 

しかしFC(自由な子供)だけの人は、トラブルを起こしたりして、脱落していきます。

残っている人は、他にA(独立した大人)で戦略を立てたり、AC(顔色を伺う子供)で視聴者が欲するものを考えたりする人です。

 

論理型の営業職

 

平均年収が高いのは、キーエンスという会社の営業職です。

 

彼らの手法は、細かく時間や数値が設定されていて、その通りにやる事を求められます。

 

営業はFC(自由な子供)が求められがちですが、キーエンスを見るとA(独立した大人)の方が高いように見受けられます。

 

このように営業職と言っても、個人宅を回るものと、技術系で法人を回るものでは、適した気質は異なります。

 

万能な人は極わずか

 

何でもできる人がいたので、人格診断をしてもらった所、五つの内4つの気質が高く、残る一つも中程度でした。

 

こういう人は、どういう仕事をしても成功をしますが、恐らく5%くらいしか居ないと思います。

万能ではない人は、自分の人格を知って一点集中する事で、成功の確率を上げられます。

 

わたしは、この万能な人が唯一中程度だった、AC(顔色を伺う子供)が高かったため、それを活かして年収を上げる事ができました。

 

万能でなくても、一つでも磨き上げれば成功できます。

 

年齢によって変わる適職

 

人格・気質というのは、年齢によっても変化します。

 

例えば結婚して親になると、家庭内での役割から

CP(厳格な父親)・NP(優しい母親)の要素が高まります。

 

フラフラしていた人に子供が産まれたら、急に真面目になることがあるのは、人格の変化のためです。

だから年齢や家庭内の変化で、適職も異なってきます。

 

発想が必要な職業は、歳を取ったら辛い

 

発想やパフォーマンスは、FC(自由な子供)の気質です。

 

この気質は、若い頃の方が高いです。

例えばシンガーソングライターですが、ヒット曲は若い頃のものが多いです。

 

その代わりに経験から、別の気質が伸びて、歳を取るとプロデュースや指導に回ったりします。

ユーチューバーも若い人が有利な分野です。

 

FC(自由な子供)が転換点を迎えるのが、大体35歳くらいです。

 

FC(自由な子供)に偏った社長は、それまで勢いで何とかなっていたものが、35歳を過ぎた頃から上手くいかなくなる姿を見ました。

 

年齢と共に、働き方も変化が必要です。

 

若い頃は、職を転々としがち

 

若い頃に職が転々としがちなのは、自然なことです。

 

まだ人格がしっかりと定まっていないので、適職はわかりにくいものです。

官僚でも辞めた人と残った人では、A(独立した大人)が高いのは共通していますが、他は大分違います。

 

辞めた人は、たぶん間違って入ったのだろうなと思います。

辞めて活躍しているので、引き返す選択は間違いではないです。

 

現在の職業予測はハズれる

 

気質に関しては、人間の事なのでいつの時代にも当てはまります。

 

しかし、テクノロジーに関しては日々進化するので、未来予測がハズれます。

例えば、わたしが社会人になる頃は

 

『システムエンジニアは35歳までしかできない』

と言われていましたが、当時とはプログラム言語が違います。

 

今は、部品を組み合わせるようにして作る物が多いので、35歳を過ぎたシステムエンジニアも沢山います。

 

自分で適職診断できた方がいい理由

 

何度も自分の人格を診断していく内に、他人を観察しても診断ができるようになります。

 

例えばCP(厳格な父親)が高い人というのは、ルールを厳格に守りたがるため、人に見られていなくても赤信号を守ろうとします。

 

自分が遅刻しない上に、遅刻した人を注意したりします。

他人の人格が診断できるようになれば、どういう人格の人が、何の仕事で成功しているのかが分かります。

 

その仕事で成功している人の人格と、自分の人格が近いか否かで、適職診断ができます。

 

人格診断が出来ると、会社の人に腹を立てなくなる

 

自分と違う人格の人と居ると、ギャップにイライラしやすいものです。

 

しかし、違う人格の人と一緒にいるというのは、強みになります。

例えばわたしはFC(自由な子供)が低いので、高い人の事を

 

『騒がしい』

『無駄が多い』

 

と不満を感じやすいです。

 

ですが、彼らは人と会う事を厭わないので、会社の対外的な折衝を任せられます。

おかげで、わたしは社内で出来る仕事に専念できました。

 

人格を理解すると、相手の行動の理由がわかるので、腹を立てる事が少なくなります。

 

キメ細かい適職診断ができる

 

普通の適職診断でザックリと

 

『料理人』

と出ても、正確とは限りません。

 

例えば、頑固な蕎麦打ち職人なら、CP(厳格な父親)が高くて、妥協をしない麺打ちができる人が向いているでしょう。

 

しかし、愛想のいい小料理屋だったら、NP(優しい母親)の要素が必要です。

自分で適職診断をする事で、細かい差異を埋めて、正確な結果を出せます。

 

適職診断が出た後の戦略

 

適職診断が出た後に、その職業を目指して転職をすると思います。

 

ですが、一回目の転職で競争率の高い会社に入れなくても問題ありません。

小さい規模の会社に入って、実績を上げてから、再挑戦する道があります。

 

小さい方が自分の裁量も大きいので、実績を上げやすいです。

実績と言うと難しいように聞こえますが、時間を短縮するだけでも充分に実績と言えます。

 

適職なら上達が早い

 

適職にハマると、何年もやってきた人をすぐに超えられます。

 

先輩や上司と言っても、適職でない人が教えるやり方は無駄が多いです。

それをすぐにひっくり返すと、反感を持たれるので密かに変えていきます。

 

誰にも教えられずとも、最適解を出せるのが適職です。

 

 

失敗を否定的に捉えない

 

転職の途中で失敗しても、絶対に

 

『ダメだ』

とは思わない事です。

 

失敗をしたら事故原因を究明し、

 

『失敗のルートを一つ潰して、賢くなった』

と前向きに捉えてください。

 

こうしないと、本当にダメな自分だと思いこんでしまい、本当に何もできなくなってしまいます。

賢くなったと思っていると、そのうち本当に自分の価値が上がっていきます。