年収が高い企業の選び方【2,500万円まで経験】

年収アップの方法

 

わたしは未経験の会社への中途入社で、確か23~25万円くらいで募集している会社に入りました。

 

雑居ビルにある会社だしそんなに給料が上がるとは思っていませんでしたが、1年くらいで月給60数万円に昇給しました。

 

昇給のペースは下がりましたが、その後もジワジワと給料が上がり続けました。

当時はまだ年功序列の方が一般的で、給料も会社の規模次第だと思っている人が多かったです。

 

わたしの仕事選びは、ただ楽そうだと思ってコピーライターの職種でベンチャーのネット広告企業にしただけでした。

その結果、同業種で何回かの転職を経て年収2,500万円になりました。

 

同じ会社ではわたしより多くの年収を貰っている人もいたし、20代でもボーナスを入れて1千万円になる人もいました。

 

わたしが他の人の年収を知っているのは、いろいろと機械化して専属の経理をなくしたので(優秀な会計事務所とは契約)、ネットバンクの操作もわたしの仕事だったためです。

 

フリーの時に他の会社の内情に触れるような仕事をしていたので、割と多くの会社を見てきました。

そんな経験から年収が高い企業の選び方を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

年収が高い企業を選んで入るには?

 

年収が高い企業ってランキングを見るだけでわかりますが、問題は自分が

 

【入社が出来る】

 

という事ですよね。

 

企業が高年収ランキングに載るくらいになっていると、既に入社のハードルが上がったあとです。

わたしが役員をしていた会社が大きくなってから採用基準を作り直したら、どうひいき目に見てもわたしのスペックでは受からないようなものになってしまいました。

 

企業選びは株式投資と同じく、年収が上がって皆が評価しているくらいになると、既にお得な買い時ではなくなっています。

 

年収が高くなりそうな会社を青田買い

 

わたしがベンチャーに進んだのは、フリーター・無職歴が長くて中小企業にさえ入れないと思ったからです。

 

それに零細よりも、ワケがわからないベンチャーの方がマシに思えたからです。

この考え方はあながち間違いではなく、先細りの零細より変化の余地があるベンチャーだったからわたしの年収は上がりました。

 

それに高学歴でスペックに余裕がある人は、先行きが読めないベンチャーより大企業を選ぶため、競争相手も少なかったです。

 

成長余地を見て青田買いが、あなたが年収の高い企業に入れるルートになります。

 

年収が高い企業は平等ではない

 

昔は大きな会社に入れれば、年功序列でほぼ平等に給料が上がる会社が多かったです。

 

ですがベンチャーはいち早く能力と給料を連動させる給与体系にしました。

つまり何年たっても給料があまり上がらない人がいる分、デキる人にお金が集まりまる仕組みです。

 

わたしが高い給料を貰っていた会社は、いずれも

 

能力=給与額

 

の会社でした。

このやり方が合理的だったため、ベンチャー企業が躍進しました。

 

 

実力主義は怖くない

 

実力主義という言葉を前にプレッシャーを感じる人もいると思います。

 

わたしも求人広告に『実力主義の給与体系』と書いてあったら、応募しないで逃げ出していたと思います。

 

わたしは人よりデキる事が少ないですが、ITの仕事には適性があって今までの仕事より上手く出来ました。

 

上手く出来ない事が多い人は、何かの気質がトガっているから社会で収まりが悪いのだと思います。

そのトガった気質がぴったりハマる仕事に出会った時、人生の歯車がかみ合う経験をします。

 

わたしは年収が上がった事より、そういう仕事を見つけられた事の方がうれしかったです。

自分に合う職種に出会うためには採用試験の突破が必要ですが、スペックの低いわたしは色々と突破法を考えました。

 

書類の書き方や面接など効果があった方法を別カテゴリに書いているので、よければ色々と読んでみてください。

 

キーワードは【自信】【図々しさ】です。

 

代表者を見るのはかなり重要

 

自分が過去にいた会社を見て、給料に最も関係する要素を上げるとしたら代表者です。

 

わたしは最終的に役員になりましたがただの取締役に過ぎず、会社の色を決めるのは代表取締役である事を強く感じました。

代表になる資質は賢さだけでは足りません。

 

例え高学歴でも論理性以外の資質がないと、成果を出せない会社になりがちです。

だから論理性が低くて勘でやっているような代表がいて、勢いだけで突き進む会社が存在します。

 

そういう勢いは代表の加齢で失速するし、社内がジャイアニズム(ジャイアン)の雰囲気なので、わたしはあまり好きではなかったです。

 

それにジャイアニズムの代表は、自分とは違う異能を認めたがりません。

その代表が営業出身なら、営業的な人間しか評価をする事ができないという風になります。

 

こういう偏りも、後に会社が失速していく原因です。

 

代表者の気質

 

年収が全般的に高い会社の代表取締役に、人格診断テストをした事があります。

 

その結果、5つの気質の内4つが人並み以上に高く、残る1つも問題になるほど低くないことがわかりました。

複数の気質が発達している事により、人より多くの目を持っているかの如き判断ができます。

 

その人に相対すると全てを見透かされているような気になりました。

こういう代表と出会う事が、年収が上がる要素として重要です。

 

 

ただの自信家に注意

 

ベンチャーって設備投資が不要な業種が多くて、起業にお金がかからないので周りでもポンポンと起業する人がいました。

 

脱サラしてラーメン屋を開くよりもかなり安く済みます。

わたし達の会社の場合は事務所の入居費用(家族向け賃貸程度)が最も高く、後は設立手続きの行政書士・会社印・中古のパソコンに安いデスク等でした。

 

設立のハードルが低い反面、会社のライフサイクルも短く

起業~成長~絶頂~衰退

の流れを10年も経たずに観察することができました。

 

その中でダメだったのが、ただの自信家たちです。

彼らは会うと輝いているように見えるので魅力的な経営者に思われがちですが、それは錯覚です。

 

気質の偏りは年齢と共にひどくなっていき、徐々に判断ミスを繰り返すようになります。

それを周囲のせいにしだすので優秀な社員から去っていき、やがては倒産していきます。

 

こういう会社に入ったとしてもひたすら自分の能力を磨いていれば、職に困らないし年収も上がります。

 

年収を第一に考えない方がうまくいく

 

わたしは普通よりも劣るスペックでしたが、年収は最高2,500万円までいきました。

 

年の途中で辞めなければ、3,000万円超でした。

それよりも大きかったのが自社株を保有していた事です。

 

創業時の出資で『〇万円で□株を譲渡』みたいなペラ1の紙をもらいましたが、領収書みたいなものかと思っていました。

 

それが会社が大きくなると会計事務所から10ページ以上の株価算定資料をもらい、額が想像していなかったほど大きなものになっていました。

 

もしも『年収! 年収!』で仕事探しを動いていたら、つまらない会社に入っていたかも知れません。

 

わたしがお金を手に入れた時の事を振り返ると

 

【お金は意識しつつも追わない】

というのが正解の気構えでした。

 

 

人嫌いでも人と関わってみる

 

わたしは人に疲れて、人と関わらない仕事を探した事があります。

 

ですがそういう仕事はいずれも年収が低くて、発展性のないものばかりでした。

わたしの年収が上がったネット広告の仕事では、売買取引で人と関わる部分が結構ありました。

 

商談がない日の方が少なかったのですが、人との関りはそんなに苦になりませんでした。

わたしは人嫌いというワケではなく、波長が大きく違う人に疲れているだけだとわかりました。

 

自分の思い込みで世界を狭くしているかも知れないので、SNSとかで色々な人に接してどういう人が苦手なのか調べてみるのをオススメします。

そういう人を避ける事で、人と関わりたくない気持ちが変化するかもしれません。

人と関わらない仕事をしたい人向けの職場と働き方
給料が安い仕事なら、人と関わらないで済みますか? 安いほど、煩わしい人との接点が多いので、逆の発想をしましょう 最初は自分の気質がわからず、割と人と関わるよ...

自分がうまくやれる仕事に就く

 

『年収が高い企業』

 

で会社を探す発想は、果たして正しい考え方でしょうか?

わたしが会った年収が高い人達に共通していたのが、会社ではなく自分を軸に考える所でした。

 

自分がうまくやれる仕事で、かつ経営者が実力に応じて惜しげなく給料を上げてくれる会社が、自分にとって年収が高い企業になります。

 

わたしは彼らほどバイタリティも自信もなかったので、ひたすら苦手な仕事を逃げ続けていたら適職に滑り込めたという感じです。

 

今現在、仕事選びが上手くいっていない人は適職診断を受けてみてはいかがでしょう。

ただ適職診断は商業的なものが多くて変な会社に誘導するような作りがあるので、人格気質の診断でもいいと思います。

 

わたしは職を転々とすることで自分に不向きな仕事がわかりましたが、人格気質の診断で自分を知っていたら、もっと早くに適職に辿り着いた気がします。

 

皆さんが納得のいく仕事に就けることを、心より願っています。