内向的でいきづらい人は、自滅しなければ最後は成功する

内向的な人の仕事・生き方

 

人生で失敗する人って、努力しないで分不相応な行動を取る人が大半でした。

 

そういう人の多くに外向的な特徴が見られました。

彼らは最初は勢いがあるのですが、いろいろな事を後回しにして目立つ部分をやるので、そのうちにツケが回ってきていました。

 

その対局にある内向的な人はどうでしょうか?

内向的な人は本来、成功する要素があるはずなのに苦労をしている人が多くいます。

 

そういう人に共通しているのが、成功の一歩手前の一番キツい時に心が折れて

 

『自滅』

をしていることです。

 

内向的な人は失敗する時も、自分の内面が原因です。

スポンサーリンク

内向的な人は自滅しやすい

 

内向的な人は思考部分が長くて行動に出るまで時間がかかります。

 

だから人生で成果が上がり出すのが人より遅いのです。

それに押しが強い人に囲まれると、我が出せなくていきづらさを感じます。

 

この時に周囲と比較して劣等感を感じて

 

『自分の人生は失敗だ!』

と思って諦めてしまうと、そこで失敗が確定してしまいます。

 

経験上そういう焦りが生まれるのは、成功の一歩手前の時だったりします。

夜明け前が最も暗いように、成功の一歩手前は不安になりやすいものです。

 

そこを乗り越えると成功が遅かった分、大きな実りが返ってきます。

 

内向的で自滅した有名人

 

思想や哲学で『ニーチェ』という人の名前を聞いた事はないでしょうか?

 

思想や哲学というのは自分の中でグルグルと考えを巡らせないと出てこないものなので、この人の意識は相当、内面に向いていたのではないかと思います。

 

1900年に55歳で亡くなりましたが、その著作は今なお売られているし、新たな解説本が出ています。

 

ですがこの人の本は長らく売れず、そのことが大きな苦悩で失恋等も相まって中年になるとおかしくなってしまいました。

 

じつはその頃、ニーチェの過去の著作が再版されたり評価が高まっていましたが、本人はその事を理解できる状態ではなくなっていました。

 

あとちょっと自分を信じていれば、世の中が追いついてきた事を感じられたはずです。

こんな風に、状況が変わる一歩手前というのは最もつらい状態が続きます。

 

 

人生の序盤は特にいきづらい

 

若い時のバイト先って、外向型優位な職場ばかりでした。

 

若いと普通は思考よりも行動が先に立つので、パパッと動きます。

世の中の仕事もそういった若者の気質に合わせたものが多いです。

 

わたしはパパッと行動を求められても、いろいろな事を考えてしまって動きが遅かったです。

二・三手先を考えて行動しても、周囲がその意味を理解しなければドン臭いと思われてお終いです。

 

人生の序盤や給料が安い仕事では、パパッと動ける能力を求められるのでいきづらさを感じさせられる毎日でした。

 

内向的な性格が不利な場所に行かない

 

人生で最弱の存在になったのは、内向的なのに営業の仕事に就いた時です。

 

内向的だと他人の話を聞けるから、営業としても能力を発揮できると言われていますが、わたしは度が過ぎた内向型なのか上手くいきませんでした。

 

まず知らない人にアポ電話をするのも嫌だったし、アポが取れてしまうと会わないとなので、それもまた嫌なことでした。

かといって一軒もアポが取れないと休日に会社に呼び出されたりします。

 

じゃあ何でそんな仕事に就いたのかと言うと、初任給が高めだったからです。

お金を軸に仕事探しをすると大概失敗します。

 

この会社も初任給こそ高かったですが、昇給はしないしボーナスは3万くらいだし、休日出勤もあるしで散々でした。

 

内向的な性格で営業をしたら地獄だった
営業の仕事ができないんですが、スペックが低いのでしょうか? いいえ。営業ができないのは別の才能があるからです 『内向的な性格の人は、実は一流の営業マンになれる』 みたいな成功談がチラホラあり...

 

社交の場は不要

 

新興市場に上場していた会社の子会社にいた時、グループで合同のパーティーみたいなのがありました。

 

どこかのホテルの大きなホールを使った、大規模なものでした。

 

薄っぺらいビジネス書にはよく

『人脈』

とか書いてありますが、具体的にどう人脈を広げるのかボヤかされていること多くないですか?

 

わたしに知識がない頃は、パーティーとかで知り合うみたいな貧弱なイメージしかありませんでした。

だからこの会社のパーティーでウロウロするだけだったわたしは、ひどく敗北感を味わいました。

 

ですが経験を積んで『人脈』というものを知っていくと、地味な仕事でも確実にやって信頼感を得る事だと学びました。

 

自分を見知って信頼してくれた人は、何かあった時に声をかけてくれるようになります。

内向的でパーティーが苦手なら、そんな場所で人脈を広げようとしなくて大丈夫です。

 

実務ができないで顔ばかり広げても、

 

『この人は信用できない仕事をする人だ』

と、悪評ばかりを広める事になります。

 

内向的でも人との関りは否定しない

 

わたしはかなり内向的でしたが、人との関りで自分の幅が広がったのは実感しています。

 

自分一人だったら経済的に委縮してしまう所が、信頼関係を築いて一緒に仕事をしていた人に助けられ、相互補完で豊かになれました。

 

内向的でいきづらいのは繊細で波長の幅が狭いので、他の人とチューニングを合わせるのが難しいからです。

ですが世の中には必ず、自分と合う波長の人が必ずいます。

 

波長が合うというのは自分と全く同じ人という意味ではなく、一緒にいても疲れない人のことです。

自分と少し違う人でないと、補完の関係にはなりにくいです。

 

内向的な人の仕事人生は、そういう人を探すのが大きなテーマです。

 

人と関わらない仕事をしたい人向けの職場と働き方
給料が安い仕事なら、人と関わらないで済みますか? 安いほど、煩わしい人との接点が多いので、逆の発想をしましょう 最初は自分の気質がわからず、割と人と関わるよ...

 

完全に一人でも稼げないことはない

 

完全に一人でも稼いでいる人はいました。

 

ゲームエンジンという、ケータイ・スマホゲームのフォーマットみたいなものを作って利用料を取っている人がいました。

 

質問は月に何回までとか電話はNGとか、技術力があったから本人がやりやすいように仕事をしていたようです。

ですが数年経ってある会社に合流していきました。

 

完全に一人だと自由な反面、発想が行き詰まりやすいのかなと思います。

わたしの経験でもある程度の年齢までは複数でやった方が、経験の幅が広がりました。

 

作家とか漫画家とか一人の世界をつきつめる仕事もあるので、別にムリして人と関わらなくてもいいですが、わたしは関わった方が得るものが多かったです。

 

人と会わない仕事を探す心理
わたしは何度か転職している内に、人と一緒にいると疲れる性格だと気がつきました。 慣れでは克服できないもので、その性格に合わせた仕事の仕方をしました。 繊細さを活かした仕事で年収が上がり、40代で早期リタイアできま...

 

内向的ないきづらさが改善する時

 

内向的な人がいきづらさを改善する方法は、苦手分野の克服ではありません。

 

むしろ得意分野により注力して、人より抜きん出る事です。

例えば内向的でコツコツやる作業を好むなら、それをずっと続けた方が成功の近道になります。

 

一時的に派手なスタンドプレー(アピール)が得意な人に追い抜かれても、そういう人は信用を失っていくものなので、いずれは逆転できます。

 

それまで時間がかかりますが諦めて自滅するのさえ耐えれば、周囲に認められて自分でも満足な気持ちになります。

 

『お金なんてそんなにいらない』

と思っている人もいると思います。

 

かつてのわたしもそうでした。(経歴)

ですが内向的な人ほど、お金という便利な道具を持ってほしいと思います。

 

 

お金の力を使う

 

『お金の力を使う』

 

ってドラマの悪役が言いそうなセリフですが、内向的な人にとってお金は鎧になります。

今まで自分が嫌だと思ったのは、いずれも給料が安いとか立場が弱い時の職場での経験でした。

 

内向的だと無害な雰囲気が漏れ出るのか、やたらとナメられます。

そういう意地悪をする人間は、無料とか安い場に多くいます。

 

数百円でも支払う公園に入ると、民度の違いを感じられます。

仕事でも他に稼ぐ手段があれば、嫌な人間を相手にしなくて済みます。

 

このようにお金というのは、内向的な人の身を守ってくれる道具になります。

あまり欲がない人でも、プロテクターとしてお金を持っていた方がいいです。

 

わたしは嫌な人を徹底的に避けられるようになったので、いきづらさを感じなくなりました。

 

内向的な人ほど、お金を持つべき理由
内向的な人は、お金を稼ぐという事に関してあまり積極的ではありません。 無論お金が欲しいとは思いますが、馬にニンジンを見せた時のような積極性は感じられません。 内向的な人はお金のかかる外食や買い物や海外旅行に、強い興味を持っていな...