ぼっちvsキョロ充 社会人で強いのはどっち?

内向的な人の仕事・生き方

 

ぼっちとキョロ充とは

 

ぼっち・・・孤独を恐れない人

キョロ充・・・常に他人と一緒に居たがる人

です。

 

キョロ充の充とは、充実の充です。

 

リア充(ハイスペックでリアルが充実した人)をキョロキョロ探して、寄ってくる人という事で、キョロ充と名付けられました。

 

キョロ充っぽい人は高校あたりから見られますが、最も活発になるのが高校より後の学校です。

彼らは一人になる事を、人生で脱落する事だと思っています。

 

だからぼっちのことを『自分より劣る存在』と認識しています。

 

ぼっちとキョロ充が社会に出て中年になった時、生き残っているのはどちらだったのかを書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学等でキョロ充が活発化する理由

 

高校までは部活や成績が共有されて、人のレベルが何となくわかります。

 

自分の実力がごまかしにくい環境です。

それが大学等になると、あいまいでスペックがごまかしやすくなります。

 

その結果、ハイスペックな人にすり寄って、そのスペックを背のりして、自分のもののように見せるキョロ充が生まれます。

 

キョロ充という言葉で説明される前から

 

『〇〇さんの知り合い』

 

と言って、他人の名刺で自分を説明するような、乗っかり系の人はいました。

 

ぼっちとキョロ充にわかれる

 

社会に出るのを意識する年齢になると、ハイスペックな人との差が出始めます。

 

この時に他人と線引きし、ゆっくりでも自分で努力をする人がぼっち気質の人です。

 

逆に、ハイスペックな人と同化しないと社会で埋もれるという、全てが相対的な価値観を持っている人が、病的なキョロ充になります。

 

キョロ充は一人でいられない

 

キョロ充は何をするにしても、一人では行動しません。

 

常に一緒に行動する仲間を、キョロキョロと探します。

 

一人でいる時の彼らを見ると、迷子の子供のように見えます。

そして誰かを見つけると、大げさに騒いで友好をアピールします

 

 

SNSがキョロ充を悪化させた

 

昔は

『ケータイの電話帳がパンパン』

 

か、キョロ充のステータスでしたが、アピールがしにくいものでした。

それがSNSの登場で、友人風の画像をアップできるので、彼らの興奮は絶好調に達してしまいました。

 

アップするネタのためだけに行動し、空っぽな行動に拍車がかかります。

キョロ充がぼっちを見ると、嬉しくなる理由

 

キョロ充というのは、全てが相対的な価値観で決まります。

 

他人と比較しないと、自分の価値を感じる事ができません。

 

他力本願な彼らにとって、『友人』のスペックが自分のスペックになります。

だから『友人』の数が少ないぼっちを見ると、自分の方が能力が高いと感じて、小躍りするほど喜びます。

 

一人で能力を高められない

 

キョロ充は自分のスペックを上げる代わりに、他人のスペックに乗っかって、手軽にレベルアップをはかります。

 

だからいつまでも自分自身のスペックは上がりません。

学生時代は実力がなくても、雰囲気でごまかせてしまうため、キョロ充は全盛期を迎えます。

 

人間は一人の時に自己成長する

 

自分と深く向き合って、自己成長するには孤独が必要です。

 

スペックが低い時につきあえるのは、同程度の人だけです。

 

だから学生時代にスペック不足を感じたら、ひたすら一人で自分を高めていく事が重要です。

中年になってから、学生時代の友人に救われたというケースは、あまり聞きません。

 

それよりも、マルチに誘われたとか、借金を頼まれたというマイナスの話しか聞きません

 

 

ぼっちはかわいそうではない

 

キョロ充というのは、相対的な価値観の生き物なので、必ずぼっちのテンションを下げてきます。

聞こえよがしに

 

「一人かわいそー」

 

などと言うでしょう。

キョロ充は他人の気分を害する事で、相対的に自分が幸せと感じる人間性です。

 

孤独は悪い事ではないので、ひたすら自分の価値を高めていってください。

 

ぼっちとキョロ充が社会人になったら

 

 

学生時代にあいまいだった評価基準が、社会に出ると明確になります。

 

社会に出て最初の内は、キョロ充もボロが出にくいです。

 

キョロ充は他人を否定し、マウントをとってキョロ充的な戦い方をします。

否定一発で上位に立つやり方って、ネットのあちこちでも見る手法です。

 

仕事では勝ち馬に乗って、他人の成果なのに自分が関わった事を強調します。

背のり気質はここでも続いています。

 

しかし否定はすれど代案は出さず、自分で手を動かす事もできないキョロ充は、その内に実力の無さが知れ渡っていきます。

 

社会人キョロ充は、近くにいる人からの評価が低いという特徴があります。

 

社会ではぼっち出身が勝つ

 

わたしはぼっち型の人間ですが、社会に出て困った事はありません。

 

ぼっちは人間嫌いだと思われがちですが、そうではなく、気が合う人の範囲が狭いだけだと思います。

 

社会に出ると仕事が共通語になるので、自然と同じレベルの人と絡む事ができます。

キョロ充のように乗っかってこようとする人は、積極的に避けていました。

 

自分の能力を高めていたおかげで、キョロ充を避けても困る事はありませんでした

付き合う人たちも、ちゃんと自分で仕事をする人たちでした。

 

ぼっち気質が現代は強い

 

会社で役職が上がっていって、付き合う他社の人たちもそれに準じたものになっていきました。

 

ぼっち気質でしたが、仕事ではチューニングの合う人とだけ付き合えばいいので、別に人付き合いに難儀はしません。

 

この付き合いの中で、キョロ充気質の人は一人もいませんでした。

皆ちゃんと、一人で自分を高めた結果、他の人と自然に相互補完の関係を作れていました。

 

わたしが気が合う人とだけ付き合ったからではなく、キョロ充気質の人は普通の社会では淘汰されて、別の世界にいるのだと思います。

 

一瞬だけ、元キョロ充っぽい人を見る事がありますが、自分で手を動かしたり考える事ができないので、すぐに消えていきました。

 

友達100人できるかなは小学校まで

 

小学校で沢山の友達と出会って、人間関係を学ぶのは有益だと思います。

 

バリエーションが豊富な方が、自分の気質の発達に役に立ちます。

 

だから

「友達 100人できるかな♪」

の歌を習わされたのだと思います。

 

友達至上主義の弊害

 

この友達教育の弊害が、キョロ充を産む事になりました。

 

とにかく友達がいる事が、無条件で素晴らしいという価値観です。

 

でも現実社会では、トモダチとかいうのが大学でマルチを広げたりするように、人間関係は無防備ではいけないはずです。

 

人の距離感を無視した

 

『強引なフレンドリーさ』

には、危険性がある事を教えるべきです。

 

友達の数がステータス

 

キョロ充気質の人って、他人のスペック頼りなので、常に人の間を渡り歩いています。

 

けど、その割にあんまり人に好かれていない印象があります。

 

個人で人材紹介業をしている人を見ましたが、色々なパーティーなどに参加して、ふかし(虚言)で大人物に見せて、ブローカーみたいな事をしていました。

 

隠しようのないうさん臭さが出ていたので、関りを持ちませんでした。

 

キョロ充が淘汰される理由

 

キョロ充の行動は、フットワーク軽く人の集まりに参加するなど、若い体力が原動力です。

 

ウソ臭いくらいにテンション高く騒ぐのも、若さに起因する気質です。

 

だから35歳くらいで陰り出して、自分の能力に頼ろうと思っても、空っぽなので何もない人になります。

 

一足飛びに他人のスペックを背のりしてきたツケが、この時にのしかかるので淘汰されていきます。

 

 

キョロ充の誤算

 

キョロ充というのは、比較的早い段階で人生のピークを迎えます。

 

しかし本人は

 

「20代でこんだけ知り合いが居たら、30代はどんな大人物になれるんだろう?」

という間違った計算をします。

キョロ充は知り合いが多くても、薄っすらと嫌われているので、常に知り合いがフェードアウトしていっています。

 

だから知り合いが増えるのではなく、入れ替わっているだけなのです。

 

若い時には許される

 

他人のフンドシで相撲をとるキョロ充でも、若い頃には大目に見られます。

 

将来、成長するかも知れないという期待込みで、甘めに受け入れてもらえます。

 

しかしそれにアグラをかいて、単に他人を都合よく使う軽薄な人間のまま30代半ばを迎えると、

『あのウサン臭い人?』

と呼ばれるようになります。

 

ぼっちと違って人としての核がないから、いつまでも薄っぺらいままです。

 

形を変えるキョロ充

 

『キョロ充』という生態が明らかにされてしまうと、他人の評価に敏感なキョロ充気質の者たちは、隠れキョロ充になっていきました。

 

ただ生態の基本は

自分のスペック不足を、他人に乗っかって手に入れる

という、他力本願のままです。

 

キョロ充はつまらない人

 

キョロ充は騒々しいので面白い人っぽく見えますが、よくよく知るとつまらない人間です。

 

流行のギャグを恥ずかしげもなく再現するのも、キョロ充タイプです。

わたしが若い頃にいたキョロ充は、テレビの影響をそのまま受けていました。

 

流行りのドラマの主人公の髪型・しゃべり方を、コピーロボットのように再現していて、すごく気持ちが悪かったです。

我が強くて騒がしいんだけど、そこに魂はなく、ただのポルターガイストです。

 

 

キョロ充はいても・いなくても変わらない人

 

キョロ充の人って、憑りつかれたように集まりに顔を出しますが、必須の人ではありません。

 

幕の内弁当の中で

『これ無くても変わんないな』

という具材が一つ・二つありますが、キョロ充がそれにあたります。

 

自分単体で発信をする内容も個性もないキョロ充は、いても・いなくても変わらないです。

キョロ充に嘲笑されようと、一人の時間に自分を高められた人が最後には勝ちます。