変な人を引き寄せない方法

不安とストレス

変な人と言っても無害なら問題がないのですが、変を世の中に広めたいのか、他人に干渉しようとしてきます。

変な人の対処法は、基本的にありません。

 

どういう対応をしても彼らのフィールドに引きずり込まれてしまうので、ただただ避けるのみです。

わたしが

 

『変な人とよく遭遇するな・・』

 

と思っていた頃に気が付いたのは、自分の精神状態が弱っている時に遭遇しやすいという事です。

この不思議な現象について。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

変な人は、他人のネガティブな感情に敏感

風邪の時とか、いかにも具合が悪そうに見えるので、周囲が異変を察知してくれます。

同じように変な人を引き寄せるのも、ネガティブな精神状態の時が多いです。

 

これは何故かと言うと、変な人と言うのはネガティブな感情に支配されているため、他人のネガティブな精神状態に敏感なのです。

 

辛い事があって落ち込んでいる時ほど、ネガティブの臭いを嗅ぎつけた変な人がやって来ます。

 

変な人を引き寄せないようにする

『ああ、さいきん変な人が寄ってくるなぁ』

 

と思ったら、自分の精神状態をチェックしてください。

何か負担になるような事はしていないでしょうか?

 

変な人が寄ってくるかどうかは、自分の精神状態を教えてくれるバロメーターです。

問題を取り除いて正常になれば、変な人を引き寄せなくなります。

 

優しいオーラが出ている

変な人はネガティブな人の他に、優しい人にも寄ってこようとします。

優しい人というのは、全ての人に安心感を与えますが、それが変な人にも伝わってしまいます。

 

変な人には他の人が冷たい中で、優しい人だけが目立ってしまうため、寄ってきてしまいます。

全方位に優しさが出ないよう、他人に嫌な事をする人は助けないというスタンスにして、変な人を引き寄せないようにしてください。

 

 

変な人の事を知る

変な人に対応すると、彼らと同じ土俵に立たされるため、遭遇の頻度を下げるようにしましょう。

そのためには生態を知らなければなりません。

 

彼らは基本的にお金がありません。

すぐに激して仕事を辞めたりするので、最終的に誰でも採用される仕事にしか就けなくなります。

 

その不満を他人にぶつけています。

給料でも飲食代でも、安い場所には変な人が多いのはこのためです。

 

変な人は、自分と同じ人を増やしたい

人って自分に似た人と一緒にいると、予想外の事が起こらないので安心します。

普通の人と同じように、変な人も自分に似た人を求めます。

 

変な人の話を聞くとおかしな理屈ばかりで頭が痛くなってきますが、そうやってネガティブな感情を広げる事で、自分に似た人を作ろうとしています。

 

変な人が積極的に人と関わろうとするのは、このためです。

 

 

変な人に電車で遭遇しやすい

頑張って変な人がいない職場に入っても、通勤で遭遇してしまいます。

変な人ってあまり用事があるように思えないのに、活発に移動をしています。

 

渋谷駅で刺傷事件がありましたが、原因はぶつかって口論になった事です。

口論になったら、変な人と同じ土俵に上ってしまう事になります。

 

犯人は普段から人とぶつかる事が多かったので、護身用にナイフを持ち歩いていたそうです。

ぶつかる事が多いっていうの、何かわかります。

 

変な人って距離感がおかしいので、よくぶつかるのではないでしょうか。

 

行動が活発

不思議なのが、加害者・被害者ともに埼玉の人だったことです。

被害者が新聞配達で、加害者が何かのバイトです。

 

バイトで渋谷まで通勤する必要性がわからないです。

途中に池袋もあるし、渋谷でないとできない事ではない気がします。

 

変な人にはこういう『?』がつく行動が多いです。

 

ストレスが溜まっていたのだとか

犯人の動機は

『人生がうまくいかず、そのストレスがぶつかられたことで一気に爆発した』

のだそうです。

 

ストレスというのは、現状を変える原動力の役割があります。

溜めるだけだと精神が参ってしまいますが、行動のキッカケに変える事で、人生のステップアップをする事ができます。

 

しかし変な人というのは、ストレスを他人にぶつけて解消しようとします。

だから被害者が生まれるし、自身の人生は向上しないままです。

 

東京で遭遇した変な人

基本的にブツブツ言っているタイプが多かったです。

あまりよく聞こえないですが、よく聞くと

 

「ちくしょう」「くそぅ」

系の言葉を言っていました。

 

もののけ姫に出てきた、世の中を呪うたたり神みたいなものかなと思います。

 

突然、駅の非常停止ボタンを押す

下車駅で降りて、ホームを歩いていたら、柱の前でしゃがんでいる若い男がいました。

それが突然立ち上がって、柱にあった非常停止ボタンを押して走って逃げていきました。

 

帰宅ラッシュの時間に電車が止まって、多くの人に影響が出ました。

自分と同じ嫌な気持ちを、多くの人に味わってほしいのでしょう。

 

避けるとしたら、会社の近くに住むしかありません。

 

関連:通勤の電車が辛いので会社の近くに引っ越した結果

 

カサで足元をつく若い男

駅のホームを歩いていたら、途中の階段から合流した男に、わたしの足元をガンガン叩かれました。

 

合流した時に、彼はわたしの前に入りたかったのかも知れませんが、少しだけわたしの方が早かったので普通に歩いたのが気に入らなかったのでしょうか?

 

道を開けて顔をよくみたら、昭和の青バナを垂らした少年みたいな、粗いつくりの顔をしていました。

 

彼はそのまま前の方の車両に乗りましたが、わたしが下車したら彼も降りて、わたしのほうに真っすぐ向かってきました。

 

わざわざ前の方に乗っていたのに、降りて後ろの車両に乗りなおす意味がわかりません。

すれ違う時に、ずっと何かをブツブツ言っていました。

 

変な人って基本、何かに怒っています。

 

変な人に同化したら負け

変な人というのは、ネガティブまみれの自分と同じようにしようと、周囲に悪意をばらまいています。

 

それに傷つけられて、あなたの中にネガティブな感情が生まれると、彼らは小躍りして喜びます。

彼らは小悪魔みたいなもので、人間に悪感情を植え付けるのが目的です。

 

だから彼らとは一線を引き、思いやりのある人同士でコミュニティを作る事で、変な人を遠ざけることができます。

 

 

自尊心が大切

自尊心がないと卑屈になって、何でも悪くとってしまいます。

変な人というのはコンプレックスを抱えて卑屈な人が多いので、ちょっとした事で感情が高ぶります。

 

これとは逆に、自分に自尊心を持つ事で、心の壁ができて傷つきにくくなります。

給料が安い時でも、どこか自分の性格や生活の一ヵ所でも褒めるところを見つけ、そこに焦点を当てると自尊心が持てるようになります。

 

不満よりも、わずかでも満足することに目を向ける事で、ネガティブに染まる事が無くなっていきます。

これは心の状態を健全に保つのに有効なテクニックです。