会社の選び方

会社の選び方 会社の選び方
入る会社は、どうやって選べばいいんですか?
大企業以外にも、待遇が良い会社があるので選択肢を広げて下さい

会社を選ぶ視点さえ正しければ、大企業に入れなくても大丈夫です。

 

むしろ大企業で定型の業務をするより、大企業以外で個人スキルを高めた方が、終身雇用崩壊後の現代では有利です。

会社の選び方一覧

会社の選び方

給料が安い会社の特徴は、離婚率の高さ

人生に二周目はないので、給料が安い会社の特徴をわたしが知っていても、意味はありません。 わたしの経験を、読んでいる方に活かしてもらうために書きます。 給料が安い会社の特徴は、離婚率が異常に高いことでした。 ...
会社の選び方

テレビ局への就職を選ばない理由

今、新卒に戻ったとしても、テレビ局への就職は選ばないです。 すでにピークアウトの状態だからです。 そういう会社は入社の難易度が高い割に、縮小していくため役職が減っていきます。 この光景が、過去の出版...
会社の選び方

自分で適職診断をする方法

わたしは適職に就くのに、社会に出てから9年くらいかかりました。 最終的に適職に辿りつきはしましたが、実際に仕事をして 『あっ、これは合わない』 というのを繰り返す、とても時間がかかる方法でした。 ...
会社の選び方

既得権益の会社に入るのは、得なのか?

人は安定を求める生き物なので、ついつい安泰そうな会社を選んでしまいがちです。 既得権益の会社は、その筆頭です。 しかし民間企業で、そういう既得権益の会社を横目に見ると、苦痛が多いように見えます。 既得権があるので成...
会社の選び方

実体験で選ぶ、きつい仕事ランキング

ガリガリガリクソンというニート芸人の名言で 「お母さんが悪いんじゃないよ 社会が悪いんだよ」 というのがあります。 これが面白いと思うのは、聞く人に自罰的な人が多いからだと思います。 わたしは...
会社の選び方

事務員の給料が安い理由

給料は相場感で決まります。 株の売買と同じように求人にも相場感があって、事務員の給料は手取り13万円でも応募があります。 そもそも事務員は高い給料を得るための仕事ではなく、ノルマのストレスがなく定時で終わる生活をしたい人...
会社の選び方

45歳以上で早期退職させられる時代を生き延びる

政府が企業に 『70歳まで雇用を』 と努力義務を課しましたが、これは逆効果で、危機感を抱いた企業は 『45歳で早期退職』 を強めました。 こういう場合、いつも市場の原理が優先されるので、...
会社の選び方

ベンチャーへの就職で失敗の確率を減らす方法

わたしは低学歴の上にフリーターを何年もしていたので、就職の時に大・中企業は無理でした。 普通の零細は夢も希望もない感じだったので、魅力を感じませんでした。 なので将来性が未知数なベンチャー企業しか、選択肢がありませんでし...
会社の選び方

人と関わらない仕事をしたい人向けの職場と働き方

給料が安い仕事なら、人と関わらないで済みますか? 安いほど、煩わしい人との接点が多いので、逆の発想をしましょう 最初は自分の気質がわからず、割と人と関わるよ...
会社の選び方

給料が高い会社と安い会社で感じた違い

年収200万円以下から1000万円以上(賞与抜きで)の会社までを経験し、会社の違いを色々と感じました。 最初は給料が安い会社の事しか知らなかったので気がつきませんでしたが、後に高い給料の会社に移ると様々な違いに気がつきました。...