一回諦めた後、やりたい仕事に就いた結果

会社の選び方

 

わたしは若い頃から諦めが早かったので、いろいろな事をやらずに来ました。

 

諦めの早さの度合いは、例えば初めての場所に行く経路を調べて、

 

『乗り換え1分』

しか猶予がないと、間に合わないと思って諦めるくらいです。

 

増してや就活は、自分のスペックぎりぎりの会社にしか入れない(と思っていた)ので、最初から諦めてレベルが低い会社ばかり選んでいました。

 

給料は安いし仕事はすぐに辞めてしまうし、人生が行き詰っていって、

 

『もう最後に、自分がやりたいと思う仕事に挑戦してみよう』

と思って、やりたい仕事を目指した結果、人生の道が開けました。

 

スポンサーリンク

コピーライターの仕事をやりたい

 

無職の時に1度、シナリオ大賞に応募してみた事があります。

 

そんな風に何となく文章の仕事に憧れはありましたが、それよりも他の仕事が嫌な気持ちが強くて、コピーライターを目指しました。

 

ノルマがある営業は嫌だったし、システムエンジニアは生涯勉強が必要っぽくて気が抜けないので、コピーライターなら楽そうだなと。

 

同じ理由でジャーナリストも考えましたが、接待っぽい付き合いが多いみたいなので諦めました。

若くて仕事の種類をあまり知らなかったので、とにかく楽そうなものに惹かれました。

 

 

コピーライターなら出来そう

 

ジブリ映画のもののけ姫に、有名なコピーライターがつけたのが

 

『生きろ。』

です。

これは絶対に簡単な仕事だと思って、強く志望しました。

 

小説家より楽そうだし、何よりも仕事をしていないっぽい感じに憧れました。

こんな最低な仕事の選び方でも、人生は進めることができました。

 

コピーライターを募集していた会社

 

コピーライターを募集していたのは、広告会社でした。

 

広告の売上額としては、ネット広告よりも雑誌広告の方が大きい時代で、雑誌系の会社の方が難易度は高かったです。

 

雑誌系の方にも応募しましたが、いずれも書類審査で落ちました。

就活初期で、あまり書類の工夫もしていなかったので、当然の結果です。

 

それでネット広告の会社を目指したのですが、雑誌との違いは広告効果が追える事です。

仕事内容はコピーライティングだけでなく、広告の掲載結果のデータ分析も含まれます。

 

後にこのデータ分析が、わたしの仕事の基礎になっていきました。

それまで、データ分析という仕事がどんなものか、全く知りませんでした。

 

苦手な事が多い人は、やりたい仕事を目指した方がいい

 

スペックが高くない人ほど、やりたい仕事を目指した方がいいです。

 

出来る事が少ない低スペックのわたしには、好きな仕事でもない限り人並みにできませんでした。

いい会社には資格が必要とか、高学歴でなければ入れないという事はなく、挽回する方法はありました。

 

このサイトは、低スペックでも何とかなったわたしの経験を書いているので、挽回した方法などは別カテゴリーを読んでみてください。

 

誰でも再現可能な方法ばかりだと思います。

 

できる事が少ないから、没頭する

 

できる事が少ない人は、それだけ能力に偏りがあるという事です。

 

就活で強いのは、全科目が平均点以上の人です。

科目全般がダメで、1科目だけ突出しているような人は、就活に躓きやすいです。

 

ですがわたしの経験では、突出した1科目を仕事にすれば、最高到達点はかなり高い所まで届きます。

 

年収であれば、わたしは2500万円までいきました。

これは、やりたいと思う仕事に進んだ事で得られたものの一つです。

 

得たもので一番大きいのは、自分に自信が持てた事です。

 

20代はじめの頃は自信がなくて、バイトも社保なしで年収200万円くらいで、人生が全うできるか見通しが立っていませんでした。

 

 

自分のスペックは無視していい

 

わたしはデータ分析は好きですが、数字に強いわけではありません。

 

フリーター時代、難しそうで出来ないと思ったのはコンビニです。

 

レジの会計で客に後から

 

「あっ、13円ありまーす」

とか言われたら、おそらく頭が真っ白になって対応できないくらい、数字とプレッシャーに弱いです。

 

だからこそ、数字を扱う時には自動で計算するプログラムを作り込み、日々の計算量を減らしました。

 

それが効率に繋がり、成功しました。

弱点の裏には、必ずそれ以上の強みがあります。

 

ちなみにレジの話で、お笑いの有吉さんも計算に弱くて、客に後から小銭を出されると頭が『ボンッ!』となって

 

「かはぁ~~」

 

と、呆けてしまうと言っていました。

多少の欠点があっても、人生は大丈夫だと思わせてくれるエピソードです。

 

選択肢が広がる

 

わたしはコピーライターを目指して、結果としてデータ分析に接して、人生の道が開けました。

 

やりたい仕事を目指した方がいい突飛な例として、アイドルを目指したとします。

今だったら自分でyoutubeにアップすれば、人気はどうあれアイドル活動ができます。

 

その活動を通じて、自分が魅力的に映る動画の構成や、編集がスキルとして身につきます。

好きで1年もやっていれば、経験値がかなり貯まります。

 

商材を動画で見せる企画・編集が出来れば、アイドル以外の選択肢が広がります。

 

経験上、

『人生は思わぬ選択肢が出てくる』

というのが実感です。

 

やりたい仕事に就く方法

 

就きたいと思う仕事は、ハードルが高そうだと感じる事が多いのではないでしょうか。

 

ですが割と、入り込むルートは存在します。

わたしが目指したコピーライターですが、最初に入ったのは雑居ビルの一室にある会社でした。

 

初任給はそんなに高くないですが、この会社の選び方は正解でした。

いきなり給料が高い会社に入るのは難しいので、とにかく実績が積める会社に入りました。

 

その実績を持って、新たな経験を重ねるために転職をしていきましたが、最初の就職より簡単に転職できました。

 

職務経歴書にこだわる

 

わたしがコピーライターを目指して就活をしていた時、職務経歴書でもアピールしました。

 

過去の職歴の中から、少しでもコピーライターに関連のある仕事をピックアップしました。

わたしのバイト歴で、プロ用の写真フィルム現像所の、集配スタッフというものがありました。

 

バイク便っぽいもので、ルートには出版社も含まれます。

このバイトの志望動機を、

 

『マスメディアを勉強するため』

と説明し、広告と関連付けました。

 

バイク便の部分は控えめにして、編集部に出入りするという切り口にしました。

皆さんが就活する時も、過去の職歴を色々な角度から見て、次に志望する職と関連付けてみてください。

 

使えるものは、最大限使わないともったいないです。

例えばコンビニバイトだったら、接客から生のマーケティングリサーチ、データベースシステムなど、様々な説明がつけられます。

 

バイトでも契約社員でもいい

 

わたしはフリーター時代に、別に正社員にならなくてもいいと思っていました。

 

手取りが減って、責任が増しそうなイメージがあったからです。

 

ですが交番で交通費を借りた時に、フリーターだと不審者扱いだったのがショックで、正社員を目指しました。

(実際、寸借詐欺が多いので仕方がない)

 

正社員で転職を繰り返しましたが、社員のメリットはよくわかりません。

バイトでも社員に近い出勤数だと、会社は厚生年金の加入義務があります。

 

正社員は辞めさせにくいと言われていますが、それまでの業務と正反対の部署に異動させて、退職に持って行く流れがあります。

 

だから実績を積んでステップアップしていくなら、バイトや契約社員でもいいと思います。

 

実績を上げる時は、給料を無視

 

これはあくまでわたしの経験で、オススメしているわけではありません。

 

ネット広告は初めてやりたいと思える仕事だったので、給料額を無視して働きました。

会社側に強制されるのと違い、自主的に成果を上げたかったので、休日も勝手にデータベース作りをやっていました。

 

データベースが出来上がれば、精度が高い仕事ができるため、わくわくしながら作業できました。

結果、仕事が評価されて給料が上がり、実績にもなりました。

 

一時的に給料以上の仕事をしたら、利子がついて戻ってきた感覚です。

 

 

仕事選びは、誇大妄想気味でいい

 

わたしは映画もののけ姫の

 

『生きろ。』

というコピーを見て、コピーライターが自分にも出来そうだと思いました。

 

自信がなくて低レベルの会社ばかり選んでいたわたしには、やりたい仕事に関しては誇大妄想気味でちょうど良かったです。

 

後で知りましたが、『生きろ。』のコピーを考えた糸井重里さんは、ものすごく売れた歌の歌詞も書いているし、ベストセラーの本の構成もしています。

 

そういう地肩から出てきた、極限まで野暮を省いた『生きろ。』なのですが、当時のわたしはわかっていませんでした。

 

そのおかげで、図々しくコピーライターを目指して、長く続けられる仕事に就くことができました。

人生の途中で迷っていると、不安な気持ちになるかと思います。

 

ですが結構失敗しても大丈夫だという事を、ふらふらしたわたしの人生から知ってもらえればと思います。

 

色々な経験を別のページに書いているので、もしよかったら読んでみてください。