人間関係がめんどうくさい会社の特徴

今日もめんどう 会社の選び方

こんにちは

わたしは人間関係がめんどくさくて、部屋で自転車こぎで売電して生活できないか考えたことがあります。

 

けど200円くらいにしかならないと知ってとん挫し、働きに出ました。

人間関係がめんどうくさい会社で感じたのは、お金の流れがよどんでいるということです。

 

経済活動が停滞して成長しない会社は、その分のエネルギーが内に向かって人間関係がめんどうくさいものになります。

密度の濃い人間関係の社内であなたが他人に負担を感じているとしたら、それはレベルの違いによるものです。

そういう人たちに悩まされるか、自分のレベルを評価してくれる会社へ転職するかです。

腰が重いわたしは常に職場で生まれる不満のストレスを、次の行動への原動力にしてきました。

 

行動のおかげで年収150万円~1000万円超の職場まで経験しましたが、嫌な人と遭遇したのは圧倒的に収入が低い職場でした。

人間関係が嫌だと思ったら、感情がその場にいてはいけないと教えてくれているのかも知れません。

 

スポンサーリンク

人間関係がめんどうなのは、レベルが合わないから

 

人間関係がめんどうくさいと感じるのは、あなたのレベルと周囲が合わないからです。

仕事をする場所に嫁姑のような感情的な関係を持ち込む人は、レベルが低い人です。

 

同じレベルなら陰口のたたき合いとかに没頭できるかも知れませんが、レベルが違うと一方が辟易するだけです。

 

レベルが上がったら変な人とは関係を切って、一つ上の会社に移る事をオススメします。

 

 

動物の生息域が異なるように、収入によって職場の人の質は変わってきます。

偏差値の低い学校が荒れているのと同じ理由で、給料の安い会社は荒れています。

 

能力の評価ができない会社は人間関係がめんどうくさい

 

低レベルな会社は、人の評価基準が能力ではなかったりします。

輪になって騒げるとか、お祭りみたいな基準です。

 

村人全員で橋を作る仕事をしてるわけじゃないので、飲み会の参加で判断してほしくないものです。

 

例えばコミュニケーション能力について、飲み会に参加しても日々の仕事のメールが自分本位で、受け手が意味不明なら能力はありません。

仕事のメールの返信が遅い人とは付き合わない方が良い理由
仕事のメールなのに、恋愛の駆け引きみたいに返信をすぐにしない人がいました。 彼らは返信を先延ばしにしている内に、メールする事を忘れてしまうことさえあります。 そういう人って電話で催促しようとしても、いつも...

 

端的な能力の評価が出来ない会社はべったりとした人間関係で加点されるので、能力のある人から辞めていきます。

 

ダメな会社は仕事の評価基準がない

 

 

お金の流れがよどんだ会社は人間関係が悪い

 

フリーター時代に、省庁の天下り施設を2つ見た事があります。

仕事は割り振られるようにして与えられ、職員はそれをこなすだけなのでお金を稼ぐという雰囲気ではなかったです。

 

そうなると職員たちの意識は内部に向けられ、人間関係が濃厚になっていきます。

職場で赤の他人と密度の濃い関係になると、めんどうくさい事しか起こりません。

就職・転職の際に非営利団体とかは、濃い人間関係ありきで考えないといけないのかも知れません。

 

普通の会社のように競争がない組織でも存続できるというのは、それ自体が入社する人にとって会社の特典になっています。

その代償として人間関係がめんどうくさいのでしょう。

 

そんな社内で余ったエネルギーを自分で消化できない人が、他人に関わろうとします。

安定をとるか楽な人間関係をとるか、この辺りが悩むところです。

 

単に給料が安くて人間関係が悪いだけの会社なら、いつ脱出をするのか考えるだけです。

嫌な人がいるから転職したい!その前に一つだけ知ってほしい事
わたしは嫌な人がいたら、すぐに転職をしていました。 正社員で入った会社で何か質問すると、大声でキレる北斗の拳のハート(太っていてすぐキレる)がいた会社は半年で退職。 バイト先の現場の一つで、1ヶ月に1回し...

 

内向的な人は人間関係に疲れやすい

 

外交的な人の休憩は他人と一緒にいる事で回復しますが、内向的な人は一人で静かな方が回復します。

 

 

休憩時間に皆でワイワイとお茶を飲んだりというのは、非常に疲れます。

外交的な人たちは休憩でワイワイとするのが正しい事だと信じているので、一人になりたがるのを病気かと思います。

 

それだけならいいのですが、排除しようします。

みんなでお茶会が必要な会社は、仕事の面でもアナログです。

アナログな会社は効率が悪いし、あまり内向的な人に向いていません。

わたしは横になって昼寝できる会社を求めている内に、年収が高い業界に入っていました。

 

内向的な人には人間関係がわずらわしい

 

他人に遠慮しても、相手が同じように配慮してくれるとは限らない

 

人間関係では基本的に自分が遠慮していれば上手くいくと思いがちです。

こちらが遠慮すればあちらも遠慮して、譲り合いでうまくいくと。

しかしそれは、双方が同じような意識を持っている職場に限られます。

 

低俗な人はあなたが譲歩したら、その分を土足で踏み込んできます。

話し合いをしようが低俗な人は変わりようがなく、価値観が合うことはありません。

レベルが低い人はそこにしか居場所がないため、絶対に動きません。

 

 

人間関係で辞める時に復讐はしない

 

嫌がらせを受けて状況が改善するなら会社に報告した方がいいですが、辞める時に言うのはお勧めしません。

一時はスッキリしますが、それだけで終わってしまいます。

 

うっぷんというのはもの凄く強いエネルギーがあり、それを新たな仕事に活用して、収入に換えた方が得です。

嫌がらせをする人というのは、自分の満たされない気持ちを他人にも味合わせる事を目的にしています。

その負のエネルギーを使って、あなたが潤う事が最大の復讐になります。