転職先に嫌な人がいる確率

転職の決断
職場を変えても嫌な人っていますか?
嫌な人の生息域を避ければ、回避することは可能です

 

今まで転職先に嫌な人がいた確率は、ざっくり言うと2割くらいです。

これは全部の会社の平均なので、全ての会社に2割居たというわけではありません。

 

嫌な人の度合いと発生率は

 

会社の質(業種・賃金) × 平均年齢の高さ

 

が大きく影響していました。

 

嫌な人が理由の転職は1回だけで、それも会社員初期の弱い立場での事でした。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職先に嫌な人がいる確率

嫌な人の生息域というのは、魚に似ています。

水の流れがあまりないような、淀んだ環境に多くいます。

 

嫌な人と、性格が合わない人というのは違います。

自分の気質と合わない人も、同じ会社で働く人の中には必要です。

 

自身と違う気質の人と仕事をする事は会社に所属するメリットでもあるので、嫌な人とは分けて考えます。

 

嫌な人というのは他人に進んで害悪を与える人で、一緒に仕事をするメリットがありません。

 

嫌な人が多い環境と特徴

嫌な人は基本、行き詰ってエネルギーが外部に向かわず、内部に向かうような淀んだ会社にいます。

そして、年齢と共に人生も行き詰ってくるので嫌な度合いが強まります。

 

(1) 行き詰った会社

(2) 誰でも入りやすい会社

(3) 嫌な人は年齢と共に増える

 

嫌な人は行き詰った会社にいる

成長している会社では、社員の意識は外部に向きやすいので、内部で非生産的な事をしているヒマはありません。

 

しかし、成長が止まった会社の場合、社員のエネルギーは社内に向きます。

嫌な人は給料も上がらず新しい刺激もない会社では、他人に嫌な思いをさせて、相対的に自分が幸せだと感じようとします。

 

誰でも入りやすい会社に嫌な人が多い

嫌な人というのは、人格的に問題がある人です。

世の中には一定数、『性格が悪い』では済まないレベルの人がいます。

 

そういう人は色々な会社で問題を起こすので、転職を経て誰でも入れる会社にしか入れなくなります。

 

入りやすい会社というのは、仕事と給料が見合っていない会社で、常に募集をかけています。

転職が決まらないと、こういう会社を選んでしまいがちですが、そこには『嫌な人』というリスクが潜んでいます。

 

嫌な人が年齢と共に増える理由

若くても嫌な人は居ますが、よりドロドロとして嫌な度合いを強めているのは中年以降です。

若い頃には脳の前頭葉の働きによって、社会と折り合いがつくよう抑えが効いています。

 

歳をとると共に前頭葉の機能も衰え、その人の地が出やすくなります。

ご近所トラブルとかを見ても、中年以降が多く見られるのはこのためです。

 

歳をとって生活が行き詰った不満

嫌な人には誰も寄り付かなくなり、経済状態も悪くなります。

人の気持ちを汲み取るアンテナがないので、他人が『嫌だ』と思う事が理解できません。

 

だからどこのコミュニティでも排除をされていきます。

その不満を自分より下の立場の人に向けてきます。

 

嫌な人の末路

嫌な人というのは、他人の悪口に長けています。

根も葉もないうわさ話を流して他人を落とし、一時的に良い立場に居たとしても、最終的には破綻していきます。

 

感情の中で悪意が多くを占める人は、あらゆる行動の選択肢は不信感を基にしています。

だから他人を遠ざけるような嫌な行動を選択し、孤立していきます。

 

他人に向けていた毒気が行き場を失い、徐々に自分に回って自滅していきます。

 

 

嫌な人がいたら環境を変える

嫌な人が居る会社は、人事がまともに機能していません。

嫌な人間が周囲に与える影響を考えると、経済的な損失が発生しています。

 

採用コストをかけているのに、人が辞めてしまうだけでも大きな損失です。

これを放置するようなボンヤリした会社が、10年もつとは考えにくいです。

 

嫌な人は変わりようがないので、転職で上の環境を目指すキッカケにしてください。

経験上、仕事にハリがあって給料も上がる会社には、嫌な人は見かけませんでした。