仕事のメールの返信が遅い人とは付き合わない方が良い理由

年収アップの方法
メールの返信が遅い人って、のんびりした人なんでしょうか?
いえ、段取りが悪い仕事をしているから返せないのです

 

仕事がデキる人とデキない人の違いで、わかりやすく相関関係があると感じたのはメールの返信にかかる時間です。

 

仕事が苦手な人は返信が遅いか忘れて、できる人ほど即レスか、当日中に何らかの返信がありました。

 

仕事で関われる人の数は決まっているので、手間のかかる人から切っていった方が無難です。

 

仕事ができる人との付き合いは相互で高め合う関係ですが、ダメな人と付き合うと一方的に負担を強いられます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事のメールの返信が遅い人とは付き合わない方が良い

メールの返信が遅いくらいで、ヒドくないですか?
メールを使う仕事に向いていない本人にとっても、距離を置いた方がいいです

 

仕事のメールが遅い人というのは、他の業務でもテンポが悪い仕事をしています。

 

改善しようという姿勢があれば手助けしたいですが、そういう人は少ないです。

彼らと一緒に仕事をすると

 

・こちらの時間を奪われる

・暗号電文みたいな内容

・幼稚園児を世話しているよう

 

メリットは・・・思いつきません。

ただただ、困らされただけでした。

 

メールに無駄が多い

遅い

 

ネット広告の売買取引を例にします。

 

ネット広告では明日配信の広告で急遽空きが出来て、商談が持ち込まれる事があります。

 

こちらが購入して、相手から広告のサイズ規定を待つ状況下で、仕事がデキる人とデキない人の差が生まれます。

 

仕事がデキる人は、AかBの選択肢とその規定を書いてくれて

Aを選択する場合は〇サイズ
Bを選択するの場合は□サイズの規定となっております。

 

1回のメールで用件全てを伝えてくれます。

 

こちらもすぐに広告作成をして返信できるので、お互いに案件の処理が早く済みます。

 

それに対して仕事がデキない人は、

『AかBどちらにしますか?』

こちらがAと返信

『Aなら〇サイズです』

 

というやり取りを要します。

それだけでなく、肝心なところでメールが返ってこなくなります。

 

メールの途中で音信不通に

 

間延びしたやり取りの上に、途中で音信不通になります。

 

電話もつながりません。

 

失踪事件です

 

明日配信ですぐにでも広告を作成しなければならないのに、あと一歩のところで連絡がつかなくなり仕事が中断します。

 

仕事がデキない人は、やり取りの途中で突然死をしたかと思うような状況を作ります。

 

こういう人は、アチコチで中途半端な仕事を引きずっているため、常にバタバタと無駄に動いています。

だから仕事が埋もれるという事も繰り返し、信用できない仕事の仕方をしています。

 

 

仕事ができない人と付き合うデメリット

 

 

出世ができない人と一緒に仕事をするのは、学校で真面目に勉強をしない人とつるむようなものです。

 

付き合うと悪い影響を受けたり、彼らと同じレベルに引き下げられてしまいます。

 

彼らの仕事は常にアクシデントの連続で、経験を活かさないので毎回迷惑をかけてきます。

 

幼稚園児を世話しているよう

 

取引先の相手が返信忘れをする場合、そのフォローはこちらでしなければなりません。

 

取引は相互協力で行いますが、相手が0.5しか仕事ができない場合、こちらが1.5の仕事をこなす必要があります。

 

子供同士の遊びなら年長者が幼児の世話をする事に教育的な意味がありますが、大人の仕事ではお互いにとって不幸でしかありません。

 

その仕事がデキないのは不向きだからで、フォローをするのは不向きな仕事を続けさせる事になります。

 

 

メールの返信が遅い側の人の論理

 

メールの返信が遅い人にとって、遅れたり忘れたりする事はラッキーで気持ちがいい事なのです。

 

異常な心理に思えますが、ここは彼らの視点に立って、返信が遅い理由を理解してみましょう。

あなたの時間を奪う、盗人にも三分の理というやつです。

 

彼らからメールをもらったとしても、ひどく自分本位に書かれているので、読み手はかなりの推論が必要になります。

 

彼らは返信が遅いだけでなく、内容も不明瞭なために、やり取りをする人は負担を強いられます。

彼らの頭の中は、論理も時間も全てがフワッとしていて、それがメールにあらわれるのです。

 

 

メールを嫌がらせに感じている

 

彼らは文字を書くのも、読むのも苦手です。

 

読書習慣がない者も多く、メールが届くこと自体とても煩わしく思っています。

 

彼らからするとメールが届くだけで、嫌がらせを受けたような被害感情があります。

 

メールは嫌な事なので、夏休みの宿題を後回しにする子供のように、別の事をはじめてしまいます。

そんな事をしているからメールを返信が必要なことなど、きれいさっぱり忘れてしまいます。

 

彼らが後回しにする目的は、メールを忘れるためなのです。

期限を過ぎてメールでは間に合わなくなる状況は、彼らにとってはラッキーなのです。

 

整理が苦手

 

返信が遅い人は、整理全般が苦手です。

 

メールも仕分けがされておらず、重要メールと広告メールを同等に扱います。

広告メールでも読むと仕事をした気になるので、あなたのメールは後回しにされてしまいます。

 

彼らのメールを読むキッカケは、

 

 

というアバウトなものです。

 

だからあなたのメールの着信は、すぐには気がつかれません。

 

読んで終わってしまう

 

彼らは一応メールに目を通しますが、本当に目を通すだけです。

 

リアクションをしないで、単にメールの未読マークを消してしまい、二度と意識に上がってこなくなります。

 

だからあなたがメールの本文に

 

『17時までに返信して下さい』

と書いたところで、返信はありません。

 

必ず、電話の催促が必要になるでしょうが、電話もつながらないでしょう。

 

彼らはよく、失踪する

 

時間・約束の概念が薄い

 

メールの返信が遅い人を調べると、恐らく約束の概念が薄い人が多いでしょう。

 

時間と約束の概念は、その人の人格に深い関係があります。

遺伝と家庭環境という、長い時間をかけて作られた適当さなので、会社で治すのは難しいです。

 

お調子者の彼らは

『キッチリ』

というのが嫌いなので、メールの返信もナァナァでやり過ごしたいのです。

 

 

論理が苦手

 

論理性というのは、例えば将棋であれば何手先まで読めるのか? というもので測れます。

 

メールの返信が遅い人というのは、1手先しか読めずに行動をしている人です。

自分の所でメールを止めたら、案件が進まない事がわからないのです。

 

メールのやり取りをしていて楽な相手は、ちゃんとこちらの行動を頭に入れてメールを書いてくれます。

 

当然メールの返信も、こちらの作業時間を頭に入れて送ってくれます。

メールの返信が遅い人は、相手の終業時間を考える頭がないので、深夜まで返信をしません。

 

メールの返信が遅い人を切る自由

メールの返信が遅い人は、残念ながら最後まで要領よく仕事ができませんでした

 

仕事をする上でやりにくい相手は切った方がいいです。

 

あるバネメーカーでは、頑張った社員には嫌いな取引先を切る権利を与えています。

 

経済的な理由のために嫌いな相手と付き合っても、結局は不義理をされたりよくない結果に終わるそうです。

仕事は我慢代だと思われがちですが、そうではありません。

 

好きな相手との仕事はスムーズに進んでストレスも少なく、上手くいくことが多いです。

息の合った餅つきのようなものです。

 

付き合う相手を選べない仕事は、嫌な相手と政略結婚させられるようなものです。

出世や転職で得られるのは、年収だけではなく付き合う相手を選べる自由です。

 

チャットも根本解決にならない

本当にコミュニケーション能力があるなら、直接会わなくても意思疎通ができるはずです

 

最近はスラックなどのチャットがありますが、これもメールが遅い人の解決にはなりません。

 

彼らは段取りが悪いので多くの仕事に追われていて、パソコンの前にいない事が多いからです。

 

基本的に人と会う事が好きなので、やたらと会議や相対した商談をするので、スマホも使えません。

テレビ業界やエンタメ業界などでは、直接人と会うのが好きな人が多いみたいです。

 

論理性が高い人は、突発的に時間を奪われないメールを好む傾向があります。

 

メールの返信が遅い人の奇怪な習性

 

メールの返信が遅い人は、”熟成”の工程が好きです。

 

メールが届いても、何故かすぐに着手しないで寝かせて待つという癖がついています。

読んですぐにレスポンスを返せば、タスクが一つ減るのにやりません。

 

YesかNoの意思表示だけ返信してくれれば済むようにしても、寝かせる時間を入れます。

それで忘れます。

 

エサを隠して、その隠し場所を忘れてしまうというシマリスなのでしょうか?

 

彼らは人と会う時は行動が早いですが、メールになると腰が重くなる習性があります。

それほど、嫌な事なのでしょう。

 

メールを自分視点で書く

会話でもメールでも、仕事ができない人は自分本位です

 

メールが遅い人は相手の視点を持っていないので、書いている内容が意味不明です。

 

1ヶ月前の話でも、『前回までのあらすじ』なく、いきなり本編を話すような事をメールでもやります。

 

そういう視点なので全体の事が見えず、自分の次の工程の事が考えられません。

 

目の前の一点しか見えないため、ピンボールの玉のように行き当たりばったりの仕事をします。

予測行動や連鎖して起こる事などを考えるのが苦手です。

 

彼らは軽妙で面白い人間が多いですが、連携ができないので仕事で付き合うと苦痛です。

 

会社ではキッチリ仕事をする人と、相互利益の関係を作りながら、互いに豊かになっていくのが健全な関係です。

 

仕事を後回しにしている

 

仕事は前倒しにした方がゆとりが持てて、全体の段取り力も上がります。

 

しかしメールの返信が遅い人は、余裕のある時に仕事をしないで、後回しにします。

期日ギリギリになってから着手をして、そのバタバタをこちらに回して来ます。

 

ストレスが溜まるのは常に、仕事をちゃんとする側です。

疲弊したら遅い人から逃げるのも、選択肢の一つです。

 

レスが遅い人と付き合ってストレスが溜まるなら、キッチリしたプログラミングに適性があるかも知れません。

 

 

メールの使い方が悪い人の仕事

 

あまりにメールを埋もれさせる人がいたので、管理方法を見た事があります。

 

メールをフォルダ分けしないで、全てのメールが一つのフォルダに溜まっていました。

 

読んだら手動で既読のフォルダに移動させたり、パソコンではなく紙を扱う感覚でした。

自動振り分けで会社ごとにわけたり、優先度ごとに分ける事はしていませんでした。

 

全く勉強をしないで、自分が今もっている知識だけで仕事をするので、歳をとるごとに先細りになっていきます。