仕事のメールの返信が遅い人とは付き合わない方が良い理由

年収アップの方法

仕事のメールなのに、恋愛の駆け引きみたいに返信をすぐにしない人がいました。

彼らは返信を先延ばしにしている内に、メールする事を忘れてしまうことさえあります。

 

 

そういう人って電話で催促しようとしても、いつも電波が届かないところにいます。

 

 

返信が遅い人と一緒に仕事をすると、リズムが合わない餅つきみたいに巻き込まれるようなもので、仕事が何度も中断してしまいます。

 

 

やっと送ってきたと思ったら肝心の部分が抜けていて、仕事が進められなかったり・・・

ペースが合わない人とは疎遠になっていきましたが、何も問題ありませんでした。

 

逆に私は小心者だったのでメールはなるべく早く返すようにしていたら、信用されて年収が上がっていきました。 ⇒ 経歴

 

スポンサーリンク

メールの返信が遅い人の仕事ぶり

メールの返信が遅い人は、他の業務でもテンポが悪い仕事をしています。

例えるなら書類をジェンガみたいに積んで、毎回探しながら抜き出すような仕事の仕方です。

 

彼らはアナログなやり方の方が好きなので、紙を触りながら確認したいのでしょう。

一方でメールは触れないので嫌っていて、後回しにします。

 

基本的に思いやりがない

 

返信が遅い人は他者を思いやる想像力が欠けていて、次のタスクの人の作業時間を考えられません。

わたしの業務で全員からメール添付でデータが届いたら、その日の内に一括で処理するものがありました。

期日を決めていましたがメールが遅い人は営業時間内ではなく、日付が変わる前なら良いと思っているようでした。

 

かといって1日前倒しにすると、いつも期日を守る人にタイトなスケジュールを強いることになります。

会社ではお互いさまではなく、一方的に負担をかける人がいます。

『お互い様』と言ってくる人に気をつける理由
社会人経験を重ねてみると、ズルい人ほど 「お互い様」 と言ってくる事に気がつきました。 社会は平等ではなく、ツケを他人に被せようとする人はいます。 民度の低い職場ほど、負担は押し付けやすい人に...

 

メールのやりとりに無駄が多い

返信が遅い人は、メールのやりとりに無駄が多い事があげられます。

例えば結論を書かずにメールを送ってくるので、再度続きを促すやり取りが必要になります。

 

あるいは複数の想定を書いてくれれば1通で済むような事でも、小分けにされてチャットみたいに何度もやり取りさせられたり。

少しずつしか要件が進まず、毎週送られてくるパーツを組み立てるディアゴスティーニの模型作りの気分です。

 

メールの途中で音信不通に

メールが遅い人は間延びしたやり取りの上に、途中で音信不通になります。

電話もつながりません。

失踪事件です

 

こちらはすぐにでも仕事を終わらせたいのに、あと一歩のところで連絡がつかなくなり仕事が中断します。

彼らは、やり取りの途中で突然死をしたかと思うような状況を作ります。

 

こういう人はアチコチで中途半端な仕事を引きずっているため、常にバタバタと無駄に動いています。

 

だから仕事が埋もれるのを繰り返し、各方面で信用を失っています。

 

 

メールが遅い人と一緒に仕事をすると疲れが三倍

 

彼らとやりとりすると、本来の仕事以外にこれらの負担をかけられます。

・時間の主導権を奪われる

・メールが暗号電文みたい

・幼稚園児を世話しているよう

 

こちらが工夫して、YESかNOを答えればいいようなメールでも彼らは返信を忘れたりしました。

彼らのメール以外の仕事に手を加え、時間を短縮できるようにしても返信だけは遅れました。

 

けど皆さんに伝えたいのは、職場でキレたら負けということです。

会社でムカつく人にキレた時と、我慢した時の結果の違い
わたしは小さい事でクヨクヨ悩んだりする方ですが、そのおかげで過去の細かい事を覚えていて、こうして経験を書くことができます。 会社でムカつく人がいた場合に 『キレた方がいいのか・我慢をした方がいいのか?』 ...

 

仕事ができない人と付き合うデメリット

メールすらできない人と一緒に仕事をするのは、学校で真面目に勉強をしない人とつるむようなものです。

 

 

付き合うと悪い影響を受けたり、彼らと同じレベルに引き下げられてしまいます。

彼らの仕事は常にアクシデントの連続で、経験を活かさないので毎回迷惑をかけてきます。

 

 

メールの返信が遅い側の人の論理

 

メールの返信が遅い人にとって、遅れたり忘れたりする事はラッキーで気持ちがいい事なのです。

 

異常な心理に思えますが、ここは彼らの視点に立って返信が遅い理由を理解してみましょう。

あなたの時間を奪う、盗人にも三分の理というやつです。

 

メールを嫌がらせに感じている

 

彼らは文字を書くのも、読むのも苦手です。

読書習慣がない者も多く、メールが届くだけで嫌がらせを受けたような被害感情が起こります。

 

彼らにとってメールは嫌な事なので、夏休みの宿題を後回しにする子供のように別の事をはじめてしまいます。

そうこうする内にメールの返信が必要なことなど、きれいさっぱり忘れてしまいます。

 

 

彼らが後回しにする目的は、メールを忘れるためなのです。

期限を過ぎてメールでは案件が間に合わなくなる状況は、彼らにとってはラッキーなのです。

 

 

整理が苦手

 

返信が遅い人は、整理全般が苦手です。

 

メールも仕分けがされておらず、重要メールと広告メールを同等に扱います。

広告メールでも読むと仕事をした気になるので、あなたのメールは後回しにされてしまいます。

 

彼らがメールを読むキッカケは朝より未読のメール数が増えたとか、何となくの理由です。

 

 

だからあなたのメールは埋もれていきます。

 

メールを読んだだけで終わってしまう

 

彼らは一応メールに目を通しますが、本当に目を通すだけです。

リアクションをしないで単にメールの未読マークを消してしまい、二度と意識に上がってこなくなります。

 

だからあなたがメールの本文に

『17時までに返信して下さい』

と書いたところで、返信はありません。

 

必ず電話の催促が必要になるでしょうが、電話もつながらないでしょう。

 

論理が苦手

 

論理性とは、例えば将棋なら何手も先を読むことです。

メールの返信が遅い人は、いつも1手先しか読めずに行動をしています。

 

自分の所でメールを止めたら案件が進まない事がわからないのです。

メールのやり取りをしていて楽な相手は、ちゃんとこちらの行動を想定しながらメールを書いてくれます。

 

メールを仕事のツールだと思っていない

 

気分によってメールを返さない人は、メールを仕事のツールだと思っていません。

面倒なら返さないでいい、プライベートの連絡ツールだと思っています。

 

だから会社のメールで変な事をしてしまいます。

メールだけでセクハラに認定された事例を考察してみる
弁護士ドットコムニュース、執拗な食事の誘いや駅での待ち伏せで精神疾患になった女性に、労災認定がおりたそうです。 50代の上司が20代の女性に送ったメールが公開されていたので、後ほど内容を解説していきます。 ...

 

メールの返信が遅い人を切る自由

 

あるバネメーカーでは、頑張った社員には嫌いな取引先を切る権利を与えています。

 

経済的な理由のために嫌いな相手と付き合っても、結局は約束を破られたりして悪い結果に終わるそうです。

メールの返信が遅い人も、当たり前のように約束を破る人たちと言えるのではないでしょうか。

 

メールを返さない人と関わらない

 

メールを返さない人に自分の時間を左右されるのは、支配されているのと一緒です。

 

特にメールの遅れでストレスが溜まっている方は、ご自身がキッチリしたタイプだと思います。

メールを送る相手のタイムスケジュールなども、配慮できるのではないでしょうか?

 

そういう観点で考えられる方は、プログラミングに適性があります。

例えプログラミングをしなくとも、論理的思考を使って業務を設計するのが得意だと思います。

 

わたしはそういう仕事をして平均より高い給料をもらい、早期リタイアができました。