独学でプログラミングの勉強をして年収が数倍に上がった件

年収アップの方法

フリーターから就職して、言われた事をこなす仕事の時は、せいぜい200~300万円の年収でした。

システム会社っぽい所に入りましたが、低レベルな作業ばかりだったのですぐに辞めました。

 

その後、独学でプログラミングを勉強しなおして何度か転職して、最終的に30代で年収1000万円(賞与は別)に達する事ができました。

 

100歳以上まで生活できる資産を一気に築くことができたのは、プログラミングを勉強した要素が大きいです。

プログラミングは難しいように見えて簡単です。

 

『ものすごく不器用な人に指示を出す』

 

という感覚だけ覚えれば出来るようになります。

後は機械がどんなに単純でつまらない作業でも、正確にやってくれるようになります。

 

自分の代わりに働いてくれるクローンを作るようなものです。

そのクローンが働いてくれた分だけ年収が上がります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プログラミングで年収が上がる理由

プログラミングで稼げるのは、システム開発会社だけではありません。

むしろ、他の業界で使った方が年収が上がりやすいです。

 

わたしの経験です。

ネット広告の会社に広告運用の仕事で入った時、広告運用とは別に効果データをまとめる人たちがいました。

 

その作業が熟練の技で、スゴイ速さでキーボードを打ってコピペで効果データをエクセルにまとめていました。

 

月曜に作業を始めて、金曜日に前週までのデータが完成します。

作業に5日間もかかっていました。

これだと遅いしデータも古いので、機械化できないか考えました。

 

他部署の仕事を引き取る事で、自分の年収が上がる

プログラミングが出来たとしても、お金に繋がる活用をしなければ年収は上がりません。

わたしは効果データをまとめる人たちの仕事を見て、自動化できると判断して、仕事を引き取りました。

 

当然、反発が起きやすのでタイミングを見計らう必要があります。

効果データをまとめる部署に欠員が出た時に、仕事を引き取る事を提案しました。

 

部署の人たちも助かるタイミングだったので、すんなりと引き取れました。

そしてあらかじめ準備していたプログラムを動かし、わたしの業務の片手間で効果データを取るようになりました。

 

人員を減らした分が、わたしの給料に反映されました。

この一回で上がった給与額は数万円です。

 

新しい事は反発を受けます

仕事を引き取るアプローチを間違えると、ものすごく反発を受けます。

特にプログラムのように得体のしれないものは、従来業務をしている人たちに反発を受けやすいです。

 

原始人の前でいきなりライターで火を付けた時を思い浮かべてください。

怯えからくる敵意を向けられそうですよね。

 

だから新しい事をやるなら相手が混乱している時や、問題解決できなくなってこちらに助けを求めてくる時がベストです。

 

自分以外の全員が新しい方法に否定的なら、その会社は出た方がいいかも知れません。

 

ただ転職するだけでは給料はあがりません

転職を繰り返して年収を上げてきましたが、ただ転職をするだけで給料は上がりません。

等価交換の法則というか、給料が上がるには相応の価値が必要でした。

 

その武器になったのがプログラミングの知識で、どこの職場でも作業人員を減らせました。

人件費の削減は数字としてものすごくアピールしやすいです。

 

例えば売り上げだったら、利益を算出するのに販管費だとかもろもろ加味しないとですが、

 

人件費は減らした分=利益

 

というのが明確です。

このパターンで全体的に仕事を再構築していって、人手をどれくらい減らしたかわからないくらいでしたが、年収1000万円でボーナスを入れるとその倍前後の年収になりました。

 

 

プログラミングは実地での勉強が第一

高校の時にプログラミングの授業があって、教師によって教え方がわかれました。

一方はとにかくパソコンに触らせる授業をして、もう一方は教科書を開いて教える時間が多い授業です。

 

その結果、とにかくパソコンに触らせる授業を受けた方の生徒が、圧倒的にできるという結果になりました。

 

プログラミングの学習で本を買って読むより、実際の仕事で試した方が覚えが早いです。

具体的な勉強方法については、別途書いていきたいと思います。

このページでは、いかにお金に換えていくのかを書いていきます。

 

 

内向的な人が年収を上げるのに最適

声が大きい人の意見が通る事が多い中、内向的な人って結構びんぼうクジを引かされる事が多いと思います。

ですがプログラミングは内向的な人が能力を活かせる要素が大きいです。

 

神経が細かくて、クヨクヨと反省するところなんかは、プログラムを組んでデバッグ(修正点探し)をするのに最適な性格です。

 

内向的な人は人脈とか一発逆転を狙いようなタイプではないので、勉強と実践でコツコツと自分の能力を高めていく方があっています。

 

わたしはプログラミングのおかげで早期リタイア資産ができて、刺激は少ないですが平穏な時間を手に入れる事ができました。

 

プログラミングは理数系でなくてもできます。

一般的な会社で使うものを作るなら、理数系というより気が利くかどうかの方が大事です。

WEBサービスとかで、ものすごく使いにくいシステムにあたった事はないですか?

 

あれはプログラミングは出来るけど、他人の使い勝手を思い描く事ができない人の作品です。

そういうプログラムはソース(プログラムの文)の書き方が優れていても、使われなくなるので意味がないです。

 

他人の顔色を伺う人とか、じっくり深く物事を考える内向的な人なんかが向いています。

NASAで軌道解析に使うプログラムでもない限り、理数系でなくても便利なプログラムを作る事ができます。

 

上司に相談しても無駄な理由

社会人になり立ての頃、

報告・連絡・相談(ほう・れん・そう)

 

が基本みたいな事を習わされますが、わたしの経験上は無駄に感じました。

上司はあまり新しい事をする意欲がなく、知識もありませんでした。

 

事前に相談すると否定的な意見が返ってきて、その上で強行したら感情的な軋轢を生みます。

だからプログラムを勝手に作って実戦投入し、ものすごい速さで仕事を終わらせる実績を見せる事で、意見を封じました。

 

さほど大きな会社ではなかったので、損得で考えてくれる経営者に直接説明した方がスムーズでした。

 

プログラミングが難しいという誤解

機械への指示の出し方が、人間に対して指示を出すのと違うので最初は戸惑いますが、仕組みが分かれば簡単です。

人間に対しては、

 

「そこの醤油を取って」

 

で指示が伝わりますが、機械には

 

右手を50cm伸ばして

下に降ろして

醤油を掴んで・・・

 

というように、具体的に一つ一つ指示する必要があります。

人間に指示する方が楽に思えますが、人間はムラがあって忘れたりするので、機械の方が確実に仕事をやってくれます。

 

 

人の作業は信用できない

前述のネット広告会社で、人の仕事の当てにならなさを痛感しました。

間違いが多いし、休みで効果データが上がってこない事もあって、広告運用の仕事がやりにくかったです。

 

それにデータを催促すると、その部署の上からものすごく怒られて

 

「どんだけ大変かやらせてみたい」

 

と威圧的に言われました。

 

その後、その仕事を引き受けてプログラムによって一瞬で終わらせるようにしました。

毎日確実に効果データが上がるようになり、本業の広告の仕事に打ち込めました。

 

 

プログラミングで論理思考が身につく

論理思考とは何かと言うと、仕事に使うと最短距離で終わらせる方法を考えられる能力の事です。

だからプログラム以外の仕事であっても、従来よりいい形に組み立てる事ができます。

 

建築関係の仕事をを想定すると、どの建築工程を共通化したりだとか、スケジューリングだとかを最適なものにできます。

ただやみくもに身体を動かす仕事はあまり稼げませんが、フローを設計できると稼げます。

 

ただ身体を動かす仕事だったら、恐らく若い人の方が有利だと思います。

長く働くなら、頭を使う仕事の使い方にシフトをしないと厳しくなっていきます。