職場でくしゃみがうるさい人を観察して気付いたこと

くしゃみ 不安とストレス

「ヴアッグションッ!!」

と、文字起こしできるくらいくしゃみに声を乗せる人がいます。

職場で遭遇すると、敏感な内向型の人には心臓が止まるくらいの衝撃があります。

 

レストランで食事中に皿が割れたら場の空気が止まりますが、職場のくしゃみはそれよりも大きな衝撃です。

 

その割にくしゃみをした人は、当たり前の権利を行使したかのような開き直りの態度でいます。

この、傲慢なふるまいについて。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

職場でくしゃみがうるさい人は非論理型が多い

うるさいくしゃみ

職場でくしゃみがうるさい人は非論理型が多いです。

言い換えれば感情型の人です。

もしこれに権力が加わっていれば暴君です。

 

くしゃみにはパワハラの要素もあるのですが、本人は無自覚です。

 

そういう人は、他人の顔色をうかがう神経が内向型の人より発達していません。

 

内向型の人は、意識を自分の内面に向かわせる事に慣れているので、身体のコントロールもできます。

だからくしゃみがうるさい人の事を、余計に配慮がない人だと感じます。

 

なぜくしゃみで喋る?

彼らを理解するために、くしゃみで発する言葉を追ってみました。

何か伝えたい心の叫びがあるのなら、それを受け止めるつもりでした。

 

しかし大抵は濁音で

「エ”ア”ッ!!!」

とか

「ぶぁーっジョっ!!」

のような、意味が不明のものでした。

 

しかしある時

「ェアックッションッ!」

(んっ? 今どさくさに紛れてエアクッションって言った?!)

と、単語が含まれていた事がありました。

 

エアクッションと言われても、こちらは何をどうしていいのかわかりません。

これが唯一、単語っぽいものでした。

この事から、くしゃみがうるさい人はメッセージを伝えたいのではなく、気合のようなものだとわかりました。

 

「どりゃーっ」

と言って、投げ技をかけるのと同じようなものです。

 

「ブァックション チクショーッ」

までいくと、完全に周囲を挑発しています。

我々は舐められています。

 

くしゃみがうるさいのを『仕方ない』で許さない

くしゃみがうるさい人に注意をすると

「仕方がない」

と開き直りの態度をとりますが、このふてぶてしい性格がくしゃみを大きくしています。

 

本来空気を飛ばすだけのクシャミに、わざわざ発声を加えて絶叫しているのは、うるさい人の落ち度です。

 

他人の鼓膜や心臓の痛みを感じて反省をしなければ、くしゃみを改善する事はできません。

 

『クシュンッ』

とくしゃみができる、ちゃんとした人・犬・ネコよりも不器用な存在だという事を自覚してもらいたいです。

 

これは暴論かも知れませんが、くしゃみがうるさい人はオナラも臭いのではないか?という仮説を立てています。

鼓膜への暴力を厭わない人は、恐らく鼻へも配慮しないのではないでしょうか。

 

くしゃみがうるさい人は無神経

うるさい

くしゃみは鼻やのどの異物を吹き飛ばすための行為で、本来は空気さえ流せばよいわけです。

しかし、うるさい人は不器用なのでどうしても発声とセットにしてしまいます。

 

トランペットがノドに埋め込まれているわけじゃないんだから、声を出さなければ静かにくしゃみができるはずです。

コツを教えれば治るのではないか?と考えました。

 

 

くしゃみの仕方を教えたら治るか?

くしゃみがうるさい人は、大人なら本来は自分で改善の努力をすべきですが、それができないタイプです。

くしゃみがうるさい親族が居たので、注意するのではなく普通のくしゃみの仕方を教えた事があります。

 

犬やネコもくしゃみに声を乗せないので、人間にできないはずはありません。

 

「クシュッ」

 

と空気だけ出せるはずです。

 

まず、いかにくしゃみの声が異常かをかわらせるために、目の前で本人の真似をしてみました。

 

「ベァアアアーーージョッ!」

と絶叫をしたら、本人は笑っていたのでイラッとしました。人生で反省をした事ないのでしょうか?

 

くしゃみが大きい人は自分中心の視点しか持っていないので、客観的な見え方を知らないため真似をしてみせる所から入ります。

そして次に、声と空気の流れを分離する手本をみせます。

 

教えても神経が通っていないので治らない

くしゃみに声を乗せない方法を丁寧に教えましたが、その結果は

 

「ウグッ!」

 

という、空気の流れを抑えて、肺が破れて死にそうなくしゃみをする結果となり、すぐに元のやり方に戻っていきました。

 

空気はそのまま通して、ただ声を付け足さないという分離ができませんでした。

恐らくその辺りをコントロールする神経を使わなさすぎて、すでに死んでいるのだと思います。

不器用な人は、分離する事が苦手です。

 

くしゃみがうるさいのは故意ではなく不器用

くしゃみがうるさい人に対する理解がないと、彼らが故意にやっているのかと悪感情が浮かびます。

 

しかし深堀りしてわかったのが、彼らは決して悪意でやっているのではなく、ただポンコツロボットのようになってしまうだけなのです。

 

野生動物の場合、うるさいくしゃみをしたら肉食動物に見つかって捕食されますが、人として安心しきって生きているのでうるさいくしゃみをしています。

 

うるさいくしゃみで悪目立ちをしていたら、何かの危機の時に彼らはあなたの代わりに犠牲になってくれます。

そう考えると、彼らのくしゃみも許せないでしょうか?

 

いえ、やっぱり瞬間的にイラッとします。

 

 

くしゃみがうるさい人は、人生後半伸び悩む

くしゃみがうるさい人は、自分の身体の器官のしくみさえ考えるのが面倒で、改善方法が浮かばない人です。

内向型の人が初動の遅さから、人生の前半戦で低迷なのにたいし、くしゃみが大きい人は後半で伸び悩みます。

 

うるさいくしゃみは、いい大人が所かまわず奇声を発している行為です。

明らかに迷惑行為で、大人がする事ではありません。

 

くしゃみの仕方教室くらいでは治らないので、断食道場みたいなところで缶詰にしないと治りません。

 

おじさんのくしゃみが特にうるさい理由

自然の事で、理由がないことは一つもありません。

例えばミツバチは1割しかオスがいませんが、オスバチは役割を終えると巣箱を追い出されて、ほとんどが生き延びられません。

 

これと同じく、狩猟の能力が落ちてきたおじさんはくしゃみがうるさくなり、肉食動物に見つかって群れの代わりに食べられてしまいます。

 

 

 

加齢臭も肉食動物に見つかりやすいし、他の人たちには距離を置かれるという、群れを安全に保つためのおとりにされている感があります。

 

今は都市に肉食動物がいないので、くしゃみがうるさくても生き続けることができるので、周囲がいつまでも迷惑しています。

 

くしゃみを筋力の衰えと擁護する動き

『中年になるとくしゃみを抑える筋力が衰える』

(だから大目に見てね)という意見が出てきましたが、根本が間違っています。

 

くしゃみは抑える必要はなく、

『無駄に声を乗せる必要はないですよね?』

というだけの事です。

 

本人も大声を出してエネルギーを消費するし、聞いている方も辛い思いをしています。

 

もし本人が奇声を発してストレス解消をしているのだとしたら、もうご近所トラブルを起こす迷惑な隣人と変わりません。

 

くしゃみがうるさい人は、ゴミ屋敷とか通せんぼおじさんたちと同じカテゴリに分類すべきかもしれません。

 

くしゃみがうるさい人は全部うるさい

『くしゃみがうるさいのは、手やハンカチでおさえないから』

 

というのが、根本的な原因ではありません。

無神経だからくしゃみは大きくなり、さらに配慮ができないから手でおさえないのです。

 

根本原因は無神経で、くしゃみがうるさい人は、

 

足音がドスドス
トイレットペーパーをガラガラッ
うがいをすれば『あ”~~!』

 

など、全ての生活音がうるさい傾向があります。

 

世の中はお互い様じゃない

周囲に配慮できる人とそうでない人では、一生で迷惑をかける量が違っていてかなり不平等です。

 

我慢させられるのはいつも、配慮ができる側の人ばかりです。

 

もし普段は迷惑をかける側がほんの0.5ミリほど配慮をする出来事があったら、鬼の首を獲ったように

「お互い様」

と言って、以降は一方的に無遠慮に迷惑をかけまくります。

 

くしゃみがうるさい人には、せめて周囲が我慢している事を知ってほしいです。

くしゃみ一回につきハッピーターンを1枚ずつ配りながら頭を下げるとか、何かお詫びがあってしかるべきではないでしょうか。

 

ハッピーターンで帳消しになるわけではなく、そこからが信頼構築のスタートだと思ってほしいです。

 

【仮説】くしゃみがうるさい人は、足がピーンとする

犬

社用車を運転中、左足でブレーキを踏んだら同乗の男が

「危ないよーッ!」

と言いました。

 

曰く、事故の時にアクセルとブレーキを同時に踏んでしまうとの事です。

くしゃみに声を乗せないのと同じように、右足と左足で役割を分けることは簡単です。

 

万一同時に踏んでもブレーキが勝つのと、昨今の事故は踏み間違いが多いのですが、それを抜きにしても彼の意見は違和感がありました。

 

『犬じゃないんだから両足がピーンとするなんて』

と思いました。

 

バイクの経験があると、左足で細かな操作をするのが可能な事はわかります。

 

同僚の特徴はくしゃみがうるさいのと、病的にナンパをするというもので、自分の内面と向き合わないタイプでした。

パソコンのキーボードも人差し指でしか打てないタイプだったので、不器用だったと思います。