人と関わらない仕事をしたい人向けの職場と働き方

会社の選び方

給料が安い仕事なら、人と関わらないで済みますか?

安いほど、煩わしい人との接点が多いので、逆の発想をしましょう

 

最初は自分の気質がわからず、割と人と関わるような事が多い仕事についてしまい

『社会人ってこんなにも辛いの?』

 

と思って、これが40年くらい続くのかと途方に暮れていました。

転職の度に

 

『なるべく人と関わりたくない』

という思いが強くなり、そういう仕事ばかり探していました。

 

転職を繰り返したおかげで適職に出会って、年収が大きく上がって気がついたら100歳以上まで生きられる早期リタイア資産が貯まりました。

 

特に才能が秀でていたわけではなく、ただ人一倍、一人でいたいという気持ちが強かったのを活かしただけです。

だから誰でも選択次第で、平穏な生活を手に入れる事は可能だと思っています。

 

人と関わりたくないというのも、才能の一つです。

 

スポンサーリンク

どうして人と関わりたくないのか?

 

人と関わりたくないと思う人の多くが、他人と関わると負担を強いられると感じているからではないでしょうか。

 

感度が違う人と一緒に居た場合、負担を感じるのは感度が高い人の方です。

一緒に仕事をして負担を感じるのは、相手の論理性が自分よりも低い場合です。

 

つまり人と関わりたくないと思っている人は、能力が劣っているわけではなく、むしろ敏感で論理性があるから苦しんでいます。

 

人と関わりたくないと言うと批判されやすい理由

 

別に他人に迷惑をかけているわけではないのに、人と関わりたくないと言うと批判されやすいのは、個人主義が主流派ではないからです。

 

多くの人は一人でいると不安になり、寂しさを感じるので群れをなして安心します。

その中で独立心があって群れる必要がない人は異質なので、群れる人たちは批判します。

 

彼らは

『助け合い』『お互いさま』

 

という言葉を都合よく使いがちですが、一緒に居て助けるのは個人力が高い方の人です。

個人力が高い人は負担ばかり強いられるので、人と関わりたくないと思ってしまうのです。

 

だから自分の能力を自分に使える環境を選ぶと、一気に稼げるようになります。

 

お金に興味がなくても稼ぐべき理由

 

感性が敏感な人は、お金を稼ぐという事に罪悪感のようなものを感じる事があります。

 

しかし内向的な人にとってお金は、独立性を高めて自由でストレスのない生活を手に入れられるチケットにもなります。

 

わたしは早期リタイアをして他人に振り回される事がほぼなく、一日をコントロールできています。

たまに電車に乗ると変な人に遭遇してわずらわしく感じる事もあるので、完全にゼロではないですがストレスは激減しました。

 

人と関わりたくないという能力

 

内向的な人というのは、問題が起こると自分に原因があるのではないかと省みます。

 

この性質によって反省しない人々と一緒にいると疲れてしまうわけですが、本来は特殊な能力です。

 

多くの人は問題が起こっても他人のせいにするか、すぐに忘れて自己防衛します。

だから同じ失敗を繰り返すのです。

 

内向的な人は一度失敗をしたら問題を探り、次の失敗を未然に防ぐように改善します。

この『改善』というのをキーワードにして、適職を探すと能力が活かせます。

 

向いていない仕事を把握する

 

人と関わりたくないと思う人は、一つの事を深く掘り下げる事が得意です。

 

反面、複数の事を同時にこなしたり、接客のようにパターン化しにくい仕事を苦手とします。

 

その内に慣れていくと思って続けても、心底苦手なものはあまり上達しないし疲れます。

苦手な仕事を徹底的に避けて、得意な事にだけ注力した方が成功します。

 

苦手を克服する力を、得意な事を伸ばす方向に使った方が効率がいいです。

 

プログラムは触ってみる価値アリ

 

システムエンジニアにならなくても、日常の仕事にプログラムを活用できる範囲は広いです。

 

パソコンを使った業務なら、一人で10人分の仕事をする事も可能です。

 

わたしが高収入を得られたのも、キッカケはプログラミングで論理的な思考力が上がったおかげです。

 

特に高学歴ではないわたしでもプログラミングは可能だったので、恐らく誰にでもできると思います。

内向的で問題を深掘りできる人にピッタリです。

 

 

上級職が向いている

 

わたしの場合はプログラミングとデータベースを軸に、会社を運営する上で必要なシステムを作って収入を得ることができました。

 

恐らく工場だったらライン作業ではなくラインの設計をするなど、全体の動きを読んで配置を決めるような仕事が向いています。

 

今現在、人との関わりに悩まされている人は壁を突破して上級職に進めば、状況が楽になると思います。

壁の手前では面倒な人たちが沢山いて、彼らの無駄なルールを押し付けてくるので、そこがしんどいです。

 

壁を乗り越えて、仕事を組み立てて彼らに作業をさせるような上級職を目指すとストレスが軽減します。

 

人と関わりたくない人は、ノイズを嫌う

 

給料が安い会社は仕事は、無駄にノイズを出す人が沢山います。

 

人との関わりが多い仕事というのは、本来ノイズが多めの人たちのための仕事です。

 

群れを好む人は、他人と接触する事で生まれるハプニングを糧に生きています。

わたしは給料が安い会社では無意味な関わり合いを持たされ、随分と時間を無駄にしました。

 

集団だと能力が低くても、他の人に負債を押し付ければゴマカシ・ゴマカシ暮らせるんですよね。

独立心のある人には苦痛な環境なので、早目に転職なり業種を変えて抜け出した方が吉です。

 

付き合う人を選べるようになると、少し楽になる

 

適職で少し出世したら、結構楽になりました。

 

社外に対しては付き合う会社を選べるので、なるべく波長が近い人たちと付き合いました。

 

似たような人だけだとバランスが良くないと思って、少しだけ合わない人も混ぜていましたが、ストレスはコントロールできるレベルでした。

 

社内に関してもわたしに上から指示をする人が限られてくるので、対人ストレスは減りました。

転職したばかりの弱い立場の時は、変な人の指示も受けないといけないので、その期間が最もつらい時期でした。

 

あなたが協調性がないのではなく、周囲が雑すぎる

 

大した業績でない会社ほど飲み会とか社員旅行とか、行事で協調性をはかろうとします。

 

給料が安い会社から高い会社まで経験をしましたが、飲み会は内向的なわたしにとっては意味の無いものでした。

 

仕事を通じて意思疎通ができるようなやり方をして、自分のスキルを上げたりストレスをオフにする時間にあてた方が有意義です。

 

群れる事が好きな人たちは、能力不足の不安感を皆で集まる事で紛らわせているに過ぎません。

この価値観の集団から抜け出さないと、安い給料からもわずらわしさからも逃れられないです。

 

 

ベンチャーでノイズが少なかった理由

 

ベンチャーで成長段階の会社を経験して良かったのが、自分でルールを作っていける事でした。

 

ノイズを出す人は大抵、能力がないので業務以外の部分でノイズを発生します。

 

ベンチャーでは成果がはっきりと出る仕事だったので、業務以外の部分があまり無いので余計なノイズが少なかったです。

 

内向的な人は自己評価が低めで成果に対して自信がない事が多いですが、自分の能力の活用方法を誤らなければ、群れる人たちより能力は高いです。

 

委縮して稼げない仕事を選んでしまいがち

 

人に疲れていると、給料が低い仕事なら人と関わらないかもと思ってしまいがちです。

 

でも経験上、給料が安いほど理不尽な事が多いし、面倒な人と多く接する事が多いです。

 

それに給料が安い仕事だと、リタイアするまでの期間が長引いてしまいます。

早期リタイアをすると平たんな毎日で、気持ちが揺さぶられる出来事がありません。

 

敏感な内向型にとって快適です。

早期リタイアをモチベーションにして、給料が安い仕事ではなく高い仕事を選んでみてください。

 

 

在宅トレーダーはオススメしない

 

人との関りと求めて、一人で稼げる仕事を考えると、トレーダーが浮ぶ人も多いでしょう。

 

わたしは株とFXで、8年で1000万円くらいの利益を上げました。

 

自分で勉強できて敏感に変化を感じ取れる内向型の人に、トレードが向いているのは確かです。

 

それでも専業で在宅トレーダーをするのはオススメしません。

1年くらいは稼げても、継続的に稼ぎ続けるのは難しいゲームです。

 

生活が懸かっていると、メンタルが影響してなおさら稼げなくなります。

 

関連:体験に基づく投資のやり方

 

いったんリセットするのが有効

 

人と関わる仕事で疲れ果ててしまったら、いったん実家に戻ってリセットをした方がいいです。

 

わたしも適職の仕事に転職する前の1年ちょっと、ひたすら実家で引きこもっていました。

 

空白期間はシナリオライター希望という事で通して、自己PR用にノートパソコンを持ち込んで仕事のプレゼンをして、面接に受かりました。

 

リセット期間中に勉強をして、一つ上の業界にステップアップできました。

一段上に行くためには、バネみたいに一度縮む期間が必要です。

 

人と関わらない仕事だと思ったのに・・・

 

フリーターを続けていて、人との接触に心底疲れたので、徹底的に人と関わらない仕事に就こうと思いました。

 

 

そこで目についたのが、施設の警備員のバイトでした。

警備員といっても、交通誘導の警備員のバイトは経験していました。

 

公道ではチンピラみたいな人間との遭遇とか、ひどい目に合っていたので、施設の警備員を目指しました。

 

後に悟りましたが、こういう仕事の選び方だと失敗するんですよね。

施設警備は予想に反して、どっぷりと人と関わるバイトでした。

 

配属先はランダム

 

配属されたのが教育関連の施設という事で、静かな環境を期待していました。

 

しかし、そこの研修施設には全国から泊まり込みのおじさんがやってくるので、旅館の受付業務みたいでした。

門限は守らないし、毎日何かしら問題を起こすしで、大人の幼稚園状態でした。

 

結果、最も人と関わる事が多いバイトになってしまいました。

県民性の違いがあって、門限に関して東北の人は比較的よかったのですが、一部地域は特にひどかったです。

 

門限を破られると、仮眠中の夜中0~4時くらいの間に何度も起こされます。

彼らは自由に振る舞い、その分こちらに負荷がかかります。

 

人と関わると損をする経験を何度もするので、ますます人と離れたくなります。

 

 

職員とも関わる

 

警備員というのは、弱い立場です。

 

配属先の全職員がクライアントのようなものです。

職員の中には性格が悪い人もいますが、立場の違いで我慢するしかありません。

 

職員にブルドッグみたいな50~60歳くらいのおばさんが居ましたが、いつもプリプリと怒っていて嫌な気分にさせられました。

 

外で感情をあらわにする人って、まともな人とは思えないので、できれば出てきてほしくないです。

こういう人たちのせいで、他人を不快にしない人が傷つき、社会の隅に追いやられてしまいがちです。

 

わたしはお金を稼いで、ようやく変な人と仕事で関わる事がなくなりました。

関わりそうになっても、すぐに逃げる選択肢があり、本当に快適になりました。

 

わたしのような気質で苦しんでいる方は、他のページも色々と読んでみてください。

 

現状を抜け出すヒントになるかも知れません。

そのためにわたしは、記事を書いています。

 

人と関わりたくない理由を考える

 

わたしが人と関わりたくない理由は、誰かと一緒だと相手を優先して、自分がなくなるからです。

 

こういう性質を調べたら、脳が普通より敏感に反応するように出来ていて、疲れやすいのだとわかりました。

 

HSP(敏感過ぎる人)と分類されていて、日本では2割くらいの人がいるそうです。

普通の人と同じように働いても、疲弊してしまいます。

 

人と関わらない生活に入る

 

人の思いがけない行動が苦手なので、それを防ぐ事を仕事にしました。

 

効率的な仕事のフローやツールを作り、会社が整然と回るようにしました。

難しい事のように見えて、コンビニで接客するより簡単なことです。

 

そういう仕事で実績を上げて、100歳以上までの生活費を貯めて、現在は早期リタイア生活に入りました。

 

 

寂しいと思う事がない

 

定年退職した人が、寂しくてゲームセンターに行くとか、教室に通うとかがあります。

 

寂しさを交際費で埋めるため、老後で収入が少ないのに、余計にお金がかかる生活になります。

 

ですが、わたしは人と会わない事が苦痛ではなく、静かなネット生活が心地よいです。

ノイズになるような人と関わらなくて良いという自由が、何より気が楽です。

 

今、対人的な仕事のストレスで悩んでいる方が、一日でも早く自由な生活を手に入れられるよう祈っています。

 

このサイトでは、そういう方が生きやすくなる方法を色々と書いているので、別のページの記事も読んでみてください。

 

人と関わらない時間に成長をする

 

人は孤独な時間に、自分と向き合う事で成長をします。

 

わたしは一人の時間が長く、その時に仕事の事を考えたり、勉強をしていました。

これがもし、不安な気持ちを埋めるために職場の人との飲み会に参加していたら、単に気持ちを紛らわせるだけで成長しなかったでしょう。

 

人と関わらない時間の分だけ成長して、だんだんと仕事で困る事がなくなりました。

 

完全に人との関りを遮断しない

 

これも実感ですが、個人力を高めるだけでは、あまり稼げません。

 

個人力を高めると、自然と付き合う人のレベルが上がってきます。

考え方や行動が、自分のレベルと近い人になりやすいからです。

 

近いレベルの人との付き合いだと、ギャップがない分、楽に付き合えます。

互いの得意分野で補い合う、補完の関係が築ける人とだけ付き合えば、経済的にも上向きます。