事務員の給料が安い理由

会社の選び方

給料は相場感で決まります。

事務員の給料が安いのは、それでもなりたい人がいるからです。

 

ノルマのストレスがない仕事を考えると、事務系の仕事が浮ぶのではないでしょうか?

ガツガツしてないけど作業はコツコツできる人が集まり、割と競争相手の多い分野になってしまいました。

わたしは営業系の仕事に向いていなかったので、非営業系の仕事に進みました。

そちらの仕事でも、上場企業の平均より年収を上げる事は可能でした。

 

事務員の仕事は割に合わなくなってきた感があるので、少し方向性を変える事を考えてみてはどうでしょうか?

事務の仕事ができるなら、割とできる仕事はあります。

※終盤まで読むと転職サイトへの誘導が出てくる、みたいな事はしていません

 

スポンサーリンク

事務員は大変でも給料が安い

 

事務員という職種で給料の相場が決まってしまっていますが、中にはめんどくさい職場があります。

トイレ掃除から接客まで、雑務を何でも事務員がやるような会社で働くのは見えない損失が多いです。

事務員に回されるのは付加価値を生まない仕事ばかりなので、続けても給料は上がりません。

報酬は在籍年数ではなく、仕事の習熟度に対して上がります。

 

トイレ掃除とかがあった会社は、給料安かったです。

精神修養か何か知らないですが、自宅でトイレ掃除してるので職場でやる必要なくないですか?

 

報酬が高い会社は事務員を減らす

わたしの経験ではベンチャーの方が給料が高かったです。

ですがそういう会社では合理化で事務・経理の仕事を減らしているので、あまり事務員を必要としていません。

 

そういう会社でも役所相手の書類とかで細かな手作業があるので、少数の事務員は必要です。

わたしの会社では事務だけの仕事はないので、採用業務とか総務っぽいものを絡めた職種で募集していました。

 

給料は大卒初任給の平均より高く設定していました。

そういう会社に事務系で入って、社内を眺めてできそうな仕事に移るのもアリです。

 

 

事務員の仕事は効率が悪いから給料が安い

 

例えばコンビニが旧来の小売店を駆逐できたのは、効率の違いです。

従来の店舗は、商品一つ一つに値段のシールを貼るような仕事の仕方でした。

 

こんなぐあいで万事が手間のかかるものだったので、コンビニにとってかわられました。

ひるがえって事務員の仕事に、手作業は多くないでしょうか?

 

わたしが見て驚いた会社は、営業社員の領収書を台帳にぺたぺたとノリ付けする仕事がありました。

こういう会社に入って、仕事のやり方を変えるのでも稼げると思います。

ですが変革を嫌がる人が多いので、抵抗を受けて精神的に疲れると思います。

 

わたしの経験では改善で仕事が楽になるのに、怒って辞めてしまう人がいました。

 

では経理はどうか?

 

経理も事務員と同様、機械化の波に晒されています。

お金周りの部分もネットで済ませられるようになり、実物の現金がデジタル数字に置き換わりました。

このデジタル数字に変わったお金の部分を、機械化で処理することが出来れば、経理でも給料は上がります。

このあたりはエクセルに少し手を加えた程度でできる、簡単なプログラムで実現できます。

 

一番簡単な解説を書きました。

プログラミングの勉強は何からやればいい?⇒簡単でオススメな方法
プログラミングの勉強は導入部で挫折する人が多いです。 勉強を始める前に ・何を準備すればいいの? ・どういう言語を勉強すればいいの? ・そもそも何ができるの? こんな疑問が浮かびます。 それを調べて何かの...

 

せめてお金周りのいい業界を選ぶ

就・転職を考える時、その時に絶頂にある会社を選びがちです。

ですがそういう会社は入社の難易度が高い割に、既に衰退の入り口に入っていたりします。

 

わたしは大企業に入れなかったので、ベンチャーしか選択肢が無かったですが、結果的に30代で年収1000万円以上になりました。

自分の実力以上に給料がもらえたのは、右肩上がりの業界にいたためでした。

フリーターを合わせると10社以上の職歴があるので、色々な職場を比較できました。

どこでも努力をしたつもりでしたが、収入は大きく違いました。

 

年収が高い企業の選び方【2,500万円まで経験】
わたしは未経験の会社への中途入社で、確か23~25万円くらいで募集している会社に入りました。 雑居ビルにある会社だしそんなに給料が上がるとは思っていませんでしたが、1年くらいで月給60数万円に昇給しました。 ...

 

 

事務員が高い給料を目指すには

 

営業がムリだから、消去法で事務員を選ぶ人も多いかと思います。

 

ですが営業と事務の間には、それ以外にも色々と仕事があります。

営業でなくても稼げるのは、『めんどくさい仕事を楽にする』というものです。

 

『気が利く』を仕事にするだけで、給料を上げる事ができます。

かくいうわたしも営業の仕事では、細かいことを気にしすぎる性格で、惨憺たるものでした。

 

その性格が別の仕事では、才能として活かせます。

内向的な性格で営業をしたら地獄だった
『内向的な性格の人は、実は一流の営業マンになれる』 みたいな成功談がありますが、内向的な性格にも程度があります。 カフェさえ落ち着かないからテイクアウトにするとか、休日は外に一歩も出ない方が幸せを感じるとか、本物の内向的...

 

事務員の特性を活かす

 

事務員の人は、自分が何もできないと自信を喪失していて、労力を安く売る傾向があります。

ですが机に長く座っていられるだけで、立派な特性です。

 

ものすごくミスを連発する人を観察すると、机にじっと座っていることもできず、パソコンを打っても目が文字より先に進んでしまっていました。

 

ベンチャーのように真新しい業界だと、そういう過活動な人が来たりします。

ミスを繰り返して改善をしないというのを見ていると、落ち着いて作業が出来る人に価値がある事がわかります。

 

座って考え事をする仕事は色々とあるので、参考にしてみてください。

仕事のためのデータ分析は、エクセルで始められる件
わたしはいつも思います。 新しいことを勉強をしようとネットを調べると、意欲をくじくような難しい書き方が多すぎると。 なに、回帰分析って? 回帰なんて日本語は使ってこなかったので、最初から『?』が続きます。 ...

 

信用を得て高給をもらう

 

会社が困るのは、銀行口座を任せられる人材が少ない事です。

一応、ネットバンクにはアカウントごとに権限を制限して、分業をする事ができます。

 

ですが支払い関係が増えてくると、経営者は誰かに一任したくなります。

絶対に不正をしないという信用を得れば、それが給料に変わっていきます。

 

仕事の能力だけでなく、信用を積み上げることで給料を上げる事も可能です。

仕事で信頼関係を築いた方法
信頼関係を築くって、具体的にどんなイメージを持っていますか? わたしが社会人になりたての頃は、テレビとかの影響で仕事終わりに一緒に飲みに行く事で信頼関係を築いていくのだと思っていました。 けどこういう単純接触を増...

 

事務の仕事を減らす事で給料を上げる

 

事務・経理も大分、人手を減らされてきています。

他人になくされるくらいなら、自分から合理化して無くしていった方が良くないですか?

 

『仕事を無くしたら、自分の居場所がなくなる』

と思ってしまいがちです。

 

ですが実際にやってみたら、仕事を減らす事が本業になって、必要とされる場面が増えました。

事務員の仕事を減らすのに最も適しているのは、仕事の内容を知っている事務員です。

 

30代の転職経験談【低スペック】
わたしの30代の転職歴は、 転職1社目給料半減 ▼ フリーランス ▼ 元の会社に出戻り ▼ 転職して1ヶ月で退職 と、こんな感じでグダグダでした。 ですがその後に年収1000万円を超えるようにな...

 

給料が安い状態を変えるなら、この分野の勉強

 

事務員の特性を考えると、プログラミング関係がオススメです。

システムは拒否反応を示す人も多いと思います。

 

わたしも勉強を始めようとしたら、パソコンをサーバー化する必要があると言われ、途方にくれました。

そのあたりを飛ばしてプログラムに触れる方法を紹介します。

 

ガッツリとシステム関係の仕事に就かないなら、これで十分です。一般の会社で使える範囲も広いです。

プログラミングの勉強は何からやればいい?⇒簡単でオススメな方法
プログラミングの勉強は導入部で挫折する人が多いです。 勉強を始める前に ・何を準備すればいいの? ・どういう言語を勉強すればいいの? ・そもそも何ができるの? こんな疑問が浮かびます。 それを調べて何かの...

 

仕事を観察する

業務を改善する時、前後の業務をよく観察します。

そして、両方を同時に満たす最大公約数的な部分を見つけます。

 

部署を挟んで2回重複してやっていたような作業を削っていきます。

 

最初の内は2回のものを1回に減らすだけかも知れないですが、徐々に熟練度が上がっていくと、10分の1とか100分の1に仕事が減らせます。

 

変革は色々と抵抗を受ける事がありますが、最終的には地位と年収は安泰なものになります。

 

システム設計の考え方【その1 観察が重要】
普通の社会人が接するシステム設計は、NASAのロケット軌道予測プログラムみたいなものではなくもっと身近なものです。 なので人の顔色をうかがうとか、じっくり考える内向的な人でも稼ぎやすい分野です。 設計で一番最初に...

 

資格は不要

資格を取るためには、実践的でない部分も勉強する必要があり、無駄が多いです。

会社側も採用をする中で、資格と能力の関係に疑問を持ったりします。

 

実践的なプレゼンの資料やデモを作って、面接で見せた方が効果的です。

ネットで応募した時にアピールするなら、自分でサーバーを借りて制作物をアップして、それを見てもらう方法があります。

 

わたしが未経験業種に入れたのは、面接でノートパソコンを使ったデモンストレーションをした事が大きいです。

 

面接に自己PR用の資料を持ち込む理由
面接で臨機応変にしゃべるのが苦手ですが、どんな自己PRをしたら良いですか? 事前に資料を作って持ち込みましょう。 わたしは会社で採用や、面接官の監督と採用基準の策定などをやったことがありま...