なめられやすい人は、特技だと思ってお金に換えるしかない

不安とストレス

 

人になめられやすいのは、性格ではなく生まれつきの体質なのだと思います。

 

普通の人というのは、社会に出る時に自分の身に鎧をまとっていますが、なめられやすい人というのは、この外殻が薄いのです。

 

これを変えるのは、25歳過ぎてから身長を伸ばすようなもので、労多くして実り少ないです。

デメリットの裏には、必ずメリットがあります。

 

なめられやすい人は、その特性を活かしてお金に換える事で、身を守る事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なめられやすい人は、チャンスが舞い込みやすい

 

なめられやすいと、割とくやしい思いをします。

 

ここでトガッて他人を寄せつけないようにするか、そのままにするかの分岐があります。

わたしは少しトガッてみたものの、自分の攻撃性に心がヤラれてしまって、長続きしませんでした。

 

それで気が付いたのですが、自分はなめられやすいと同時に、普通の人にとっても接触しやすい人間なのだとわかりました。

 

 

割と道を聞かれる

 

自分に壁があるかのバロメーターの一つとして、道を聞かれやすいかがあります。

 

わたしはスマホが普及する前は日本人で、最近は外国人に道を聞かれます。

外殻の薄さというのは、人類共通の感覚で見抜かれるのだと思います。

 

海に住むクリオネみたいに、無害に感じるのでしょう。

 

 

ただ、駅で黒いターバンを巻いた日本人に、丁重に数百円をくれないか言われたり、変な事もありましたが。

 

よく道を聞かれる人は損か得か、深く考える
わたしはコミュ障なのに、人に道を聞かれやすくて、毎回アップアップします。 人に道を聞かれたら自分のタスクを置いてでも、答えようとする人は多いと思います。 親切は損得ではないですが、さすがに今までの人生で ...

 

信頼を得やすい

 

外殻が薄いと、相手はあなたの事を

 

『心が通いやすい人』

だと思ってくれます。

 

なめられやすさを自覚して、一つの特性だと納得をしたほうが、良い流れになりやすいです。

わたしは会社の銀行口座や重要物を任され、更には株式まで持たせてもらいました。

 

もし、なめられやすさに抗って、周囲を威嚇するような人間になっていたら、様々なチャンスも入ってこなかったです。

 

なめてくる人を避ける

 

自分のなめられやすさは変わりませんが、なめてくる人を避ける事を心掛けました。

 

結果的にこれが、自分の人生から経済的なマイナスを減らす事になりました。

なめてくる人に共通しているのは、関わってもメリットがない身分の人たちです。

 

一時的にいいポジションにいても、悪行というのは溜まっていって、本人をも飲み込みます。

巻き添えを食わないよう、常に距離を置くのが吉です。

 

女性がなめられやすい理由

 

程度が低い人というのは、動物的に他人を見てきます。

 

体が小さいとか、力が弱そうだと思うと、調子に乗ります。

非常に悔しいと思いますが、これをバネに彼らより上の階層にいき、地位による防壁を築いてください。

 

彼らより上に行くと、びっくりするくらい卑屈な態度で接してきます。

そういう生き方しかできないのだと思います。

 

なめられやすさは共感力の高さ

 

なめられやすい人というのは、遺伝子レベルで他人と通じやすい特性があります。

 

悪く考えれば憑依されやすいという事ですが、自覚して使えば

 

『察しが良い人』

という事になります。

 

他人は何を欲するか

 

他人が欲しい物や、何をしてほしいのかを察する能力は、仕事の応用範囲が広いです。

 

わたしの場合はネット広告で活きたし、他の人の仕事を改善するのにも役立ちました。

自分の殻が薄いので、他の人の身になって考える事が容易でした。

 

不器用というか、どうあっても他人の視点でものを考えられない、頑迷な人というのはいました。

なめられはしないでしょうが、それはそれで生き辛いのではないでしょうか?

 

嫌な人が近寄る理由

 

嫌な人というのは、満たされること無く生きています。

 

そういう人は、自分の不幸を他人にうつす事で、自分と同じ人間がいると思って安心をします。

病原菌みたいなもので、憑依できる人を探しています。

 

外殻が薄い、なめられやすい人というのは、病原菌にとっては大好物です。

近づかれても彼らのように性悪な人間にならないよう、心をガードしましょう。

 

職場でなめられない方法

 

わたしにとって不得意な仕事をしていて、何も特筆すべき事がなかった頃は、なめられやすかったです。

 

しかし一芸だけでも秀でる事ができると、状況は変わります。

なめる人というのは無能な人が多く、他人が少しでも秀でた所があると委縮します。

 

原始人の前でライターを着けた時のような、怯えに近い感情を抱きます。

なめてくる人は、基本的にコンプレックスが強いので、それをゴマかすために攻撃的なだけです。

 

防御力はゼロです。

 

 

自分をリトマス試験紙にする

 

リトマス試験紙とは、液体を垂らすと酸性かアルカリ性か判別できる紙のことです。

 

なめられやすさがあると、他人の本当の姿を目にしやすいです。

それで悪だと判断したら、何かあっても手を差し伸べない事を決めます。

 

仕返しをすれば、あなたの心が汚れてしまいますが、手を差し伸べないだけなら心は痛みません。

手を差し伸べたところで、悪人というのは心を入れ替えたりしないものです。

 

同じようにして善人を見つけて、そういう人とだけ付き合います。

人でもお金でも層を厚くすれば、それが外殻となってあなたを守ってくれます。