コンビニのバイト経験を、就活で自己PRに使う方法

面接の不安を解消する

 

就職する時の自己PRには、過去の職歴から使えそうなものを掘り起こし、それを見栄えよくして使いまう。

 

あまりパッとしない職歴であっても、最大限見栄えをよくすれば何とかなります。

例えばわたしは広告業界に就職する際、現像所でフィルムの集配をするバイト経験を説明しました。

 

集配ルートに出版社も含まれていたので、面接や職務経歴書では

『マスメディアに興味があってやっていた』

というPRにつなげました。

 

実際はバイクに乗って気楽そうだから選んだバイトでしたが、強引に自己PRにつなげて採用されました。

 

このように過去の職歴はバイトであろうが、自己PRに使う事は可能です。

そしてバイト経験で最強のものが、コンビニのバイトです。

 

日本のコンビニで就業経験があるという事は、世界一進んだ店舗システムの中で働いたという事です。

わたしはコンビニの仕組みを勉強して、ネット広告の会社に就職して二年くらいで年収800万円になりました。

⇒ 経歴

 

それほどコンビニというのは優れた業種なのです。

コンビニのバイト経験を就活で活用する、具体的な方法を書いていきます。

 

スポンサーリンク

コンビニのバイト経験を、どうやって就活に活かすのか?

 

コンビニは、ただの接客業ではありません。

 

バイトとして選んだ時点で大当たりです。

コンビニのバイト経験があれば、世の中の殆どの仕事に関連付ける事ができます。

 

 

コンビニで経験できる事は、ざっくりと

 

①幅広い層への接客

②クレーム対応

③人員マネージメント

④マーケティングリサーチ

⑤システム設計

⑥完成された物流

 

こんな感じです。

接客から物流、デスクワークまで何でもあります。

 

この幅広さが、コンビニバイトが最強の理由です。

年収が高い企業の選び方【2,500万円まで経験】
わたしは未経験の会社への中途入社で、確か23~25万円くらいで募集している会社に入りました。 雑居ビルにある会社だしそんなに給料が上がるとは思っていませんでしたが、1年くらいで月給60数万円に昇給しました。 ...

 

コンビニは世界一の業種

 

コンビニの原型を作ったのは、フランチャイズ大国のアメリカです。

 

それはミニスーパーのようなもので、システムっぽいものと言えば、アルバイトの作業手順のマニュアルだけでした。

 

マニュアルの掃除のモップの絞り方とかで、販売システムに関する事は何もありませんでした。

現在のコンビニのように、商品の販売情報を一品ずつ集計し、売る技術を練り上げていったのは日本です。

 

今ならAmazonが似たような事をやっていますが、それを十店舗で完成させたのがセブンイレブンです。

販売と同時に購買層や売れたアイテムのデータを集めて、分析して販売増につなげる。

 

結果、アメリカにライセンス料を払って始めた日本のセブンイレブンが、アメリカのセブンイレブンの運営元を買うまでになりました。

 

では、セブンイレブン以外のバイト経験は、活用できないのでしょうか?

ここは工夫のしどころで、自己PRで『ナンバーワンではないコンビニをあえて選んだ』という事にしてください。

 

「後を追う会社が、どのように独自性を出すのかが知りたく・・・」

このような感じです。

 

就活では優秀な弁護士のように、何でも理由をつけて、美化して説明してください。

面接の話し方は、冒頭に言いたい事を持ってくる
面接だと100の力があっても、緊張で70くらいの力しか出せないものです。 この70の力を面接全般で使うと、のっぺりとした印象しか残せません。 わたしは20代のフリーター期間を含めると、職歴は10社以上なので面接は...

 

自分が優位に立たない

 

コンビニは世界一の業種なので、それに携わっていた事を説明すれば、面接では強いPRになります。

 

ですが気を付けるべきは、説明する時に自分が優位に立たないようにする事です。

面接官が『自分で逸材を発見した』と思わせる流れにしたいところです。

 

PRだからといって、自分がよく見えるように言うと面接官に

 

『鼻もちならないな・・・』

という悪印象を与えます。

 

面接官がついてこられる位の情報量にして、彼らの自尊心を砕かないようにしてください。

 

スゴイと言わないで、コンビニのスゴさを説明する

 

コンビニの説明に限らず、就活ではできる限り

 

『スゴい』

という言葉を使わないようにします。

 

他の人が使っているのを聞くとわかりますが、『スゴい』という言葉はそこで終わってしまうし、陳腐な表現です。

 

例えば相撲取りをコメンテーターに起用すると、何のVTRを見せても

『スゴいねぇ』

しか言いません。

 

彼らは相撲を取るのが本業なのでコメントが上手くなくても大丈夫ですが、面接では『スゴい』を避けましょう。

 

 

コンビニの『幅広い層への接客』

 

コンビニという業種は、高級レストランと違ってあらゆる客層が来ます。

 

つまり社会性のない人間も来るので、チューニングを合わせるのが大変です。

嫌な客との遭遇体験は就活の時に糧として使用する事で、嫌な気持ちを成仏させられます。

 

コンビニのバイトを選んだ理由として

 

「自分の幅を広げるために、あらゆる層のお客様がくるコンビニのアルバイトを選びました。
年齢も職業も全く異なるお客様が、どのようなサービスを求めているのか・・・」

 

こんな風に、自分の向上心を散りばめてアピールしてください。

 

間違っても

「コンビニは人間動物園なので、獣みたいな客も来ます」

とかは言わないで下さい。

 

迷惑な客が大声を出す理由
迷惑な客というのは、大体が大声でわめきます。 その内容は支離滅裂で、人は違えど誰もが 『うわわわわぁーーん!』 と叫ぶように駄々をこねます。 煽り運転の加害者やクレイマーなどは同じ空気...

 

強烈なインパクトを混ぜる

 

面接官を揺さぶるために、バイト中にあった強烈なエピソードをかませてください。

 

わたしがコンビニで客として見た光景ですが、コンビニは何でもやってくれると思っている初老の男性が

 

「そこの(休日で閉まっている郵便局) 局留めで郵便が届いているんだけど、コンビニで受け取りたい」

 

と店員に要求していました。

 

コンビニ店員が郵便局の合鍵でも持っていて、開けて取ってこれると思っているんでしょうか?

店員に断られても、初老の客はしつこく言えばOKしてくれると思って、ずっと粘着していました。

 

この非常識な客の応対をした話の後で、あなたが不満を言わず

 

「どうやってお客様に納得してもらえるのか考えられなかったので、反省材料として今も記憶にとどめています」

 

というような聖人っぽい事を言ってください。

コンビニで出会った嫌な人間を、あなたの引き立て役に使います。

 

マイナスの経験をプラスに変える能力が、社会人には必要です。

気が利かない人に、もやもやしてストレスが溜まる件
社会悪とまではいかないまでも、気が利かない人の無神経な行動はもやもやが募ります。 彼らは状況が飲み込めないので何かあっても相手に非があると思いがちで、時には怒ったりします。 彼らは自分の行動を省みないで、自分の行...

 

役になりきる

 

ここまで読んで、自己PRを腹黒い企みのように感じている方もいるかと思います。

 

ですが内心で腹黒く思っていたら、それが表に出てしまいます。

本番の面接までに、作り上げたシナリオを自分の本心だと思えるまで、練習や自己暗示を重ねてください。

 

ひたすら役作りを仕上げていってください。

映画を観て、好かれるキャラクターに成りきるのも有効です。

 

面接の練習は一人でできる【職歴ズタボロでも受かった方法】
わたしの職歴は、かなりひどいものです。 平均より多くの年収をもらうようになってから、周囲の人を見まわして自分より職歴がズタボロな人はいなかったです。 学校は偏差値測定不能な専門学校(すでに倒産)だし、卒業...

 

『クレーム対応』

 

コンビニのクレーム対応は、企業のカスタマーサポートの仕事などに使えます。

 

専門の部署だけでなくとも、人間の問題を解決する能力は重宝されます。

何を言われようとも感情的にならなかった経験は、あらゆる場所で役に立ちます。

 

悔しい思いをしたエピソードは、面接官だってそれなりに経験しているので、共感が得られやすいです。

 

客に責められた話を

 

「感情的なクレームの中でも、何かしら仕事の改善になるヒントを与えて頂いているのではないかと・・・」

と受け止めたことにして、聖人のアピールをします。

 

面接官も人の子なので、安心感を与えることは有効です。

だからあなたは事あるごとに、非常識な客のように噛みつく人間ではないことをアピールしてください。

 

迷惑な客が大声を出す理由
迷惑な客というのは、大体が大声でわめきます。 その内容は支離滅裂で、人は違えど誰もが 『うわわわわぁーーん!』 と叫ぶように駄々をこねます。 煽り運転の加害者やクレイマーなどは同じ空気...

 

人員マネージメント

 

苦労した事を、『いい経験になった』という話にします。

 

コンビニのアルバイトでは人員の入れ替えが早いので、すぐに仕事を教える立場になります。

あなたは指示を出したり、新人の質問に答えたりします。

 

これを就活では『人員マネージメント』と言ってしまいましょう。

 

実際、小さい会社では

部長・部下一人

みたいな構成もあるので、自分の下にアルバイトが入ったことをマネージメントと言ってもいいでしょう。

 

ただ、一つだけ気を付ける事があります。

面接官に生意気と思われないようにする事です。

 

アルバイトのイメージを受け入れる

 

わたしはフリーターと無職を6年ほどやりました。

 

フリーターをやめたキッカケは交番で電車賃を借りる時に、身分を言ったら不審者扱いをされたためです。

(寸借詐欺が多いので仕方がない)

 

そのうっぷんを原動力に、就活をしました。

アルバイトは軽く見られるという事を意識しましょう。

 

『人員マネージメント』

をそのまま使ったら、社員の面接官はきっと、(バイトレベルで何を語っているんだ?)と思うはずです。

 

だから

「社員の方のマネージメントとは質が違いますが」

という言葉でへりくだります。

 

屈辱かも知れませんが、これを飲み込む事がステップアップにつながります。

うっぷんは、入社してから晴らせばいいのです。

 

底辺バイトは仕事を教えてくれない
経済力をつけて、わたしは40代で早期リタイアをして社会人すごろくを上がったんですが、半生を振り返って難易度が高かったのが底辺バイトの頃です。 会社勤めの後半では、業務設計とかいろいろな基準を作ったりとか、仕事を作る仕事...

 

教育のネタは共感を得られやすい

 

 

面接官も自分の会社で、部下や後輩を教育した経験があります。

その時にかなりの確率で苦労をしています。

 

部下に同じ事を何度教えても忘れる上に、本人はメモをとらないとか。

実際、どう教えても向上しない人はいます。

 

その話に面接官を巻き込み、共感させてしまいましょう。

 

「メモを取らない人に、店のノートとペンを買い取って与えました。

わたしが教えるのが至らない分、そういった姿勢を見てもらって、本人に意識を・・・」

こんな風に、涙ぐましい努力を訴えます。

 

もし現役でコンビニのバイトをしている人は、こういう事をしてエピソードを作ってください。

最終、どうにも改善しない部下がいたら

 

「わたしの教育が至らず、残念ながらその人はオーナーに解雇されてしまい(中略)
人員の教育に関して悔いが残っているので、いつか機会があれば・・・」

 

と、次につなげる前向きな発言をします。

 

 

会社は上に立つ人が欲しい

 

会社が欲しいのは作業をするだけの人より、課長・リーダー職になれる人です。

 

会社は人材の確保にいつも苦労をしています。

わたしはリーダータイプの人間ではないですが、仕事を組み立てる事が得意だったために必要とされました。

 

少しでも人の上に立った経験があれば、それをアピールしましょう。

新人に教育したというエピソードを、人員マネージメントとして大袈裟に紹介してください。

 

『マーケティングリサーチ』をPRする

 

『マーケティングリサーチ』というと難しく感じますが、コンビニで常日頃やっている事です。

 

商品がどの層にどれくらい売れているのかをリサーチするために、レジでやっている事です。

レジというただの料金計算を、マーケティングリサーチに変えたところに、コンビニのレベルの高さが出ています。

 

普通の会社なら余計な手間をかけて、ぼんやりとしたデータを作ってマーケティングをやったつもりになります。

 

コンビニは得たデータを使って、自社商品の開発までやっています。

 

単品管理を説明する

 

かつての店は家庭のトイレットペーパーのように、残りが少なくなってから補充という事をしていました。

 

店では在庫の箱が少なくなったからまとめて発注するため、大きな保管場所を必要としました。

コンビニではマーケティングリサーチで売れる予測を立てて、最適な量を発注するようになりました。

 

箱の単位ではなく、商品一品ずつで管理をしているので単品管理と言います。

ただ、これをそのまま面接で説明しても面接官には難しいため、工夫が必要です。

 

単品管理の説明の例

 

「個数や金額で見るだけでは、正確に売れ行きは予想できません。

例えば豚の生姜焼きの売り上げが高いからと言って、単に豚の生姜焼きを増やしても売れません。

一緒に買われるものを調べて、それも合わせて増やさないと売り上げは増えません。

例えばキャベツの千切りが一緒に売れているなら、ユーザーはおかずとして完結する組み合わせを買っている事になります。

この事から、ユーザーの食生活が見えてきて・・・」

 

こんな風に身近な商品を例に持ってくると、面接官は何となくわかった気になります。

 

最初は手作業でリサーチ

 

単品管理はレジのPOSシステムを導入する前には、手作業で行われていました。

 

そういう泥臭くて大変な作業があったから、セブンイレブンは世界で初めてPOSシステムをマーケティングリサーチに使う発想に繋がりました。

 

POSシステムとは(Point of sale)と言って、商品一品ずつをレジで記録していくものです。

用語に聞き覚えがなくても、実地でレジを扱っていたら常日頃体感していると思います。

 

実はコンビニのアルバイトの経験で、世界一のシステムに触れていたのです。

コンビニのバイトを選んだ理由として

 

「マーケティングリサーチのオン・ジョブ・トレーニングとして、現場を知るのが最も(中略)

データになる前の、現実の人間の行動を・・・」

 

と説明します。

オン・ジョブ・トレーニングと言っておけば大体OKです。

 

システム設計をPR

 

コンビニのシステム設計は広くPRに使えます。

 

システムエンジニアを目指す人や、普通の会社でもシステムを発注する立場になるかも知れないです。

優れた設計思想に触れると、論理性が触発されます。

 

マーケティングリサーチの説明と被りますが、レジで一度入力した販売データを、様々な切り口で加工して活かしています。

 

完成されたシステムは、作業の手数が少なくデータを活用する事に集中できます。

 

仕事のためのデータ分析は、エクセルで始められる件
わたしはいつも思います。 新しいことを勉強をしようとネットを調べると、意欲をくじくような難しい書き方が多すぎると。 なに、回帰分析って? 回帰なんて日本語は使ってこなかったので、最初から『?』が続きます。 ...

 

学ぶべきはデータベース

 

わたしはセブンイレブンのPOSシステムの利用方法を参考に、ネット広告業でデータベースを作りました。

 

ネット広告にはコンビニ商品のバーコードのような、アドコードというものがあります。

これにより、広告の効果が追えるようになっています。

 

システムに関しては長くなるので、興味がある方は別のページを読んでください。

 

他にもコンビニのシステムを参考にして年収を上げた顛末があるので、いろいろと読んでみてください。

 

データベースは難しくない

 

例えば商品のデータベースにフライドチキンがあったとします。

 

このフライドチキンに付随する要素として、『鶏肉』『揚げ物』があります。

鶏肉というくくりで集計すると、『焼き鳥』『からあげ棒』と比較ができます。

 

データベースに関しては、専門機関に就職するのでない限り、こんな認識で大丈夫です。

興味があれば、もう少し勉強してみてください。

 

データベースの簡単な作り方【年収が上がる技術】
世の中のデータベースの教科書は、1ページ目から滅茶苦茶難しいです。 さぁ勉強しようと思うとまずパソコンをサーバー化する作業が必要で、それが終わったらSQL(データベース言語)のインストール。 参考にする本...

 

コンビニは物流も一流

 

かつて商品の納入は、メーカー別々にお店に接持って来ていたため、膨大な数のトラックがやってきました。

 

その度に店舗は対応が必要で、非常に効率が悪かったです。

そこでコンビニは独自の物流システムを構築し、今のようにきめ細かな商品の納入になりました。

 

常に商品を切らさず、かつ売れ残りを出さないために、ハンバーグ弁当2個とか細かい発注に応えるには、物流システムが必要でした。

 

物流に関しては意識が回っていない企業が多く、無駄が放置されていたりします。

なのでコンビニで目の当たりにした物流は、就活でPRに使えます。

 

出店にも関係している

 

物流は後回しにされて、とりあえず店舗の都合が優先されがちです。

 

しかしセブンイレブンがドミナント戦略(同じエリアに集中して出店)は、物流を考慮している面も大きいです。

 

客の取り合いのリスクがありながら、効率のいい物流で欠品を減らしています。

物流から考える出店により、客はコンビニを自分の冷蔵庫のように感じ、通うようになります。

 

コンビニの物流に自分を絡ませる

 

面接官が食いつきやすい話をして、そこに自分を織り交ぜる事で、優秀な人物に見せます。

 

単に物流の戦略性を説いたとしても、難しい話に思われます。

そこで用意するのが、セブンイレブンの配送ルートが、右折をなるべくしないように決められている話です。

 

面接官が絵をイメージしやすいので、エピソードにはもってこいです。

配送はドライバーの気まぐれで道を走っているのではなく、計算されているのです。

 

この話に自分を混ぜて、アピールを組み立てます。

 

「セブンイレブンでは、右折の回数が少なくて済むように配送ルートが組まれています。

企業が利益を上げる時には、極限まで無駄を省かないといけないのだと、店舗で働くわたしも気が引き締まりました。

そこまでギリギリでも、雨天や工事で配送が遅れることがあるので、それを予測して店舗側で時間を穴埋めできるよう工夫を・・・」

 

と言って配送の見事さと、それをカバーする自分をPRします。

 

 

自己PRの仕方

 

自己PRは、いかに自分の優秀性を直接的にアピールしないかです。

 

『わたし、優秀でしょ?』

というのが出てしまうと、途端に嫌なヤツになってしまいます。

 

悪い見本になるのが、経済番組です。

アナリストと呼ばれる人は、横文字を多用して、いかに自分が用語を知っているかをアピールします。

 

傲慢な感じで、情報を伝わるようにしようという感じが一切ありません。

似た例として、ワインのうんちくを憑りつかれたように言う人がいます。

 

これも情報を伝えるのではなく、いかに自分が物知りかをアピールしようとするので、皆が鼻白み(興ざめ)ます。

 

過去をどの程度、美化するのか?

 

わたしは基本的に、ウソをつくのが苦手です。

 

ウソの罪悪感でギクシャクしてしまい、面接で重要な余裕のある人物になり切れないからです。

なので美化をするとしても、事実に基づいて拡大解釈のレベルです。

 

就活は他の人との比較されますが、他の人達はどのくらい美化しているでしょうか?

これは追いきれない所がありますが、わたしが採用側で書類を見た時、やたらと『社長賞』が目につきました。

 

『社長賞』は公的な制度でもないし、確認がしにくいものです。

 

『前年度〇%を達成し、社長賞を受賞』

といった似たような文言が、いろいろな人の書類に書いてありました。

 

入社後の実際の能力等から判断しても、過去を割と美化している人は多くいました。

 

基本、欠点は無視

 

商品を売る時に、わざわざ欠点を並べる事はありません。

 

正直で心配性な人ほど、自分から欠点を言ってしまいがちです。

他の人と較べられて、単にマイナス評価をもらうだけです。

 

欠点を言う場合は、裏返すと長所になるような事を言ってください。

 

例えばわたしは小心者なので

 

「気が小さいのですが、そういう性格なので仕事では失敗しないよう、起こりえる事を想定しながら進めます」

みたいな事を面接で言いました。

 

面接のマナーは本質を考えておけば大丈夫
面接のマナーが沢山あって、思い出せない時があります たった一つ、本質だけ覚えておけば問題ありません 面接のマナーはたった一つ 相手を不安にさせない所作 ...

 

準備したネタを全て言おうとしない

 

コンビニでバイトをしたら、相当数のネタが出来ると思います。

 

中には会心のネタがあって

 

「絶対に面接で言おう!」

というものもあるでしょう。

 

ですが、ムリに言おうとすると面接官との話の流れを切る事にもなるし、質問に答えるのが疎かになったりします。

 

準備したネタは、自然に使える時に出す余裕が欲しいです。

こういう方法で、6年くらい無職やフリーターの経歴をありながら就職する事ができました。

 

正社員になってからも無職期間を挟んだりしましたが、30代で年収1000万円を超えて、お金を貯めて40代で早期リタイアができました。

 

人生は、割と失敗しても軌道修正が可能でした。

そういった事を色々と書いているので、よければ他の記事も読んでみてください。