嘘くさくない自己PRの書き方【無職から就職の実績】

履歴書・職務経歴書の書き方

 

自分のことをアピールするのって、厚かましい人でない限り難しいですよね。

 

わたしの就・転職歴の中で、人生の前半戦でアピールできる事なんて、何もありませんでした。

特にひどかったのが、フリーターや無職を6年くらいした後の、初めての就活でした。

 

誇れるものなんて何もないから、就職をしようというのに、自己PRを聞かれても困ります。

就職後も転職を何度かして、そこで

 

・嘘くさくない
・鼻につく自慢にならない
・採用されやすい

 

自己PRの書き方をひねり出しました。

そういう段階を経て、最終的には従業員数3桁のベンチャーで、役員になる事ができました。

スポンサーリンク

短所の裏返しから自己PRを書く

 

わたしの場合、口が裂けても

 

『リーダーシップがあります』

なんて言えませんでした。

 

新卒で就職から逃げ回ってフリーターをしていたので、

 

『責任感があります』

というのも、経歴と矛盾します。

 

ウソを書くと、何より自分が白けます。

悩んだ末に出てきたのが、短所の裏返しを自己PRにする方法でした。

 

臆病な短所をPR

 

わたしが就職から逃げたのは、低学歴だから挑戦しても採用されないという、臆病な気持ちからでした。

 

新卒時に1社も受けずに、就職戦線から逃亡というのは、なかなかいないくらいの臆病さです。

他にもパッと動く、臨機応変さもありません。

 

ですが臆病で臨機応変ではないという事は、裏を返すと

・事前に調べる
・計画を練る
・うかつな行動はしない

こういう長所になります。

 

 

自慢に聞こえない自己PRを書く

 

自己PRって日本の空気感だと、鼻につく自慢話にとられがちです。

 

ですが、自己PRの出だしを

 

『わたしは非常に臆病な性格で・・・』

 

から始めれば、リサーチ力・計画性・慎重な行動という自己PRをしても、すんなりと受け入れてもらいやすいです。

 

資料の持ち込みもあり

 

『リサーチ力があります』

というのを、よりアピールする方法があります。

 

それは志望する仕事に関係する資料を作って、自己PRの時に見せることです。

わたしは面接にノートパソコンを持ち込み、エクセルファイルでデモンストレーションをする事で、PRにつなげました。

 

言葉よりも明確に伝わるので、しゃべりが苦手な人にオススメです。

 

自己PRに書くことがない人が、最初にやること

 

わたしが自己PRを書く以前に、日常的にやっていたことが

 

『自分の価値を認める』

という事です。

 

自己暗示のレベルで、毎日の日課で自分のことを褒めていました。

無職の時に公営プールに行って、遠泳をしただけで、

 

『自分を高める事のできる、素晴らしい人間だ』

と褒めていました。

 

就活って否定される事が多いので、せめて自分だけは褒めてあげてください。

褒める事に慣れると、自然と自己PRも浮かぶし、就職後の人間関係にも役立ちます。

 

 

他人に批判的だと、自分にも批判的になる

 

色々と上手くいかないと、他人に批判がちになりますが、これはやめた方がいいです。

 

他人を引きずり降ろして、相対的に自分が上がった気になっても、絶対値は上がりません。

それにネガティブな感情に支配されると、自分を見る目もネガティブになります。

 

自分の悪い部分ばかり目につき、PRにつながる良い点を見つけられなくなります。

 

ネガティブな感情を解消する

 

人間なので、ネガティブな感情が生まれたら、抑えつけるのは難しいことです。

 

無理に抑えずに、映画や漫画で発散させてしまいましょう。

感情というのは抑えると、より強くなってしまうので、観終わったら現実と切り離せる映画や漫画を使って発散します。

 

わたしは割とドギツイ作品を観ますが、見終わった後は解放感に包まれてスッキリとします。

就活でネガティブ感情は、害のない方法で発散しましょう。

 

他人の幸運を喜ぶ

 

実際にお金回りがよくなった習慣として、他人の幸運をわがことのように喜ぶことです。

 

これは変なオカルトではなく、幸運な出来事に関する情報を肯定的に感じる事で、自分の選択に良い影響が生まれるからです。

 

そういうの抜きにしても単純に、妬む人より他人を祝福できる人の方が、幸せになりそうな気がしませんか?

 

市販の履歴書は使わない

 

市販の履歴書だと、項目が勝手に決められていて

 

自己PR
長所・短所

となってしまっています。

 

わたしの自己PRは、長所と短所を織り交ぜた方法だったので、項目が両方あると都合が悪いです。

そこで、エクセルで履歴書のフォーマットから作り、都合の悪い項目をなくしました。

 

他の欄も都合よく変える

 

資格もろくなのを持っていなかったので、スカスカが目立たないよう、記入欄を減らしました。

 

その代わりに志望理由を増やしたり、自分が書きやすい欄を増やしました。

今だと、エクセルフォーマットの履歴書は、無料のものがあるので、それを自分仕様にカスタムできます。

 

わたしはフォーマットから作って、そのこと自体をアピールしました。

 

履歴書にストーリーを加える

 

わたしは6年ほど、無職とフリーターをしていたので、有能な人材と思われるには6年間の説明が必要でした。

 

暇にまかせてシナリオ大賞に応募した事があったので、シナリオライター志望で6年間の挑戦をしていた、今時めずらしく夢を追っていた人というキャラになりました。

 

自堕落にその日暮らしをしていたわけじゃない、というストーリーを織り交ぜる事で、自己PRに矛盾が生じなくなります。

 

追い込まれた方が、いい自己PRが書ける

 

人間って、追い込まれると思わぬ力が発揮できます。

 

人間だけでなく動物全てが、逃げ場がない時に実力以上の力が発揮できるようになっています。

今現在がキツい状況なら、あなたの能力が開花する可能性があります。

 

不安というのは強いエネルギーがあるので、それを原動力にして、自分に深く潜って洞察してください。

 

自分の嫌なところを裏返す事で、良質な自己PRが書けます。

 

落ち切ったら楽になる

 

落ち切って、やるしかない状況に追い込まれると、後は意外と楽になります。

 

選択肢で天国・地獄が分かれるのではなく、地獄から這い上がるしかないというのは、選択をしなくて済むから行動しやすいです。

 

レースのTVゲームって、下位の車が速くなる設定になっていて、上位に追い付きやすい設定なのだそうです。

 

わたしも就職に遅れていましたが、行動を起こしてからは早かったです。

役員になって資産を築いて、40代で早期リタイアしました。

 

だから不遇な時は永遠には続かない事を知ってほしくて、このブログを書いています。

 

自分を好きにならないと、PRは書けない

 

無職の時は特に、孤立感を感じていました。

 

日中に外出すると、人の目が気になって卑屈な気分になりがちです。

 

こういう

『恥ずかしい自分』

と思っている時に、良い自己PRは書けません。

 

 

自分を好きになる方法

 

他人に見られたら終わりますが、ドン底のわたしは自分の手にキスをして、自分のことが好きだという自己暗示をかけていました。

 

今思うと奇行ですが、無職から這い上がれたので間違いではなかったです。

単に頭の中で考えるより、触覚も取り入れた方が効果的だと思ったからです。

 

夜、寝る前に布団の中でやったりして、自分を好きになるトレーニングとしていました。

まずは自分のことを好きにならない限り、他人に好かれる事は難しいです。