職務経歴書にコンビニのバイトを堂々と書く方法

コンビニ 履歴書・職務経歴書の書き方
コンビニのアルバイト経験って、職務経歴書に書くべきですか?
軽く見られがちな仕事ですが、実はかなりアピールできます。

 

わたしは会社で採用業務を行ったり、面接官の指導や採用基準を作ったりもしてきました。

 

その視点を持ちながらも、心情的には今も自分が就職・転職活動をした時になかなか決まらず不安だった気持ちが強く残っています。

 

このページを読んでいる方が、望む進路に進める事を願いながら書いています。

 

コンビニのアルバイトは高度な仕事の経験で、職務経歴書で省略したり、適当に扱うのは誤りです。

 

働いていても、その価値を認識していない人が多いです。

バイトであっても、過去の職歴を自己PRに活かすことができます。

 

職務経歴書を見る側も、レジ打ちのイメージしかないので、浅い接客しか思い浮かべません。

それ以外の業務を紹介するのが、PRになります。

 

職務経歴書は仕事の解説書

 

多くの会社は、コンビニの業務フローほど洗練された仕事の仕方をしていません。

フローが美しいだけではなく、店内は売買のデータ解析と心理学を合わせた、実践的マーケティングの場所でもあります。

 

バイトをしている時に意味を理解していなかったとしても、コンビニに身を置いていたことで、無意識の内に高度な環境に接していた事になります。

 

この事を、職務経歴書でコンビニ素人の企業に知らしめます。

 

コンビニに比べたら、大体の会社は石器時代のやり方

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンビニのバイトが軽く見られないように、職務経歴書でイメージを覆す

通販はAmazonでも、コンビニのシステムは断然日本です。コンビニバイトは、世界一の業種に就いていた経験です

 

コンビニのアルバイトの職歴を、ぞんざいに書類に書いている人が多いです。

過去の経歴は、何でも自己PRにつながるように書いた方がいいです。

コンビニの業務が、レジ・陳列 という事しか書くことがないというのは誤解です。

 

日本のコンビニは世界で最も進んでいる業種です。

日本人の細かい性格と、POSレジによる商品管理の知恵が凝縮された先端企業です。

その仕事に携わった経験は、職務経歴に堂々と書ける内容です。

 

コンビニの業務にはムダがない

 

POSレジは単に商品のバーコード読み取りだけでなく、データベースに直結するシステムでもあります。

 

売買の源流の商品開発にまでデータが活用されます。

店舗では気候や住環境との相関関係で、商品の販売予測まで立てられます。

アルバイトは小売りのレジの業務ではなく、世界有数のマーケテイングに携わっています。

 

年収が全てではないですが、選択肢は広がりました

 

コンビニの仕事をスゴいと思わせる

コンビニって何がスゴいんですか?
高度なデータ管理を、平易にやっているはスゴいことです。多くの会社ができていないことです。

履歴書・職務経歴書を読む人や面接官は、コンビニの仕事をよく知らずに軽く見ています。

世界一の小売業種である事実を使って、コンビニの仕事がスゴい事だと説得します。

 

職務経歴書に『レジで気持ちの良い接客を心掛けました』と書いても、どの接客業にも言える事なのでアピールになりません。

 

棚の陳列の規則性とか、売買データを基にした新商品とか、その辺りが一般企業よりはるかに進んだ部分です。

 

どういうデータが使用されているかよくわからなかったら、セブンイレブン関係の本を読む事をオススメします。

 

コンビニを軽く見ている人の認識を覆す

 

実際に働いていたら、経験と本の知識が強く結びつくと思います。

 

コンビニの先進的な仕事を説明した後に、自身が従事したのはそれを学ぶためと説明します。

適当にバイトを選んだのではなく、明確な意思を持って選択した事にしてください。

 

バイトはどこまで大げさに言っても大丈夫か?

物事を良く言うのは、社会人の基本です

これという基準はありませんが、わたしが就活に成功した時のものを参考用に書きます。

わたしがバイトしていたのは、出版社やスタジオからカメラのフィルムを預かり、現像する会社でした。

 

そこでフィルムの預かりと現像した写真を届けるバイクのライダーをしていました。

ルート配送みたいなもので、出版社への出入りがありましたが、受付とやり取りするだけです。

 

このバイト期間を、就活で広告関係の会社に説明した内容は

 

『雑誌というマスメディアに興味を持ち、どういう体制で発行され、読者のリアクションを記事にフィードバックさせるのか過程を学ぶため、従事致しました。』

 

こんな感じだったと思います。バイクのライダーなのでクリエイティブな仕事とは無関係ですが、単語をちりばめたら何となくそれらしく見えないでしょうか?

 

話を大きくする技術

 

職務経歴書を面接で深く突っ込まれる事もなく、通りました。

コンビニのアルバイトだったら、ライダーと違って本当にデータと接しているので、応用範囲は広いです。

 

 

なぜコンビニ店員の仕事は軽く見られるのか

世間の評価って、低くないですか?
イメージダウンさせている人がいます。

殆どの人がコンビニを利用した事があり、そこで店員と接する機会があります。

その中には不貞腐れて、ひどい態度で接客をしている人が、この仕事の評判を落としています。

 

採用の間口が広い仕事では、どうしても志の低い人が混ざっていて、全体のイメージを落とします。

接した客は、『この程度の人でも出来る仕事か』という印象を抱きます。

確かにマニュアルが策定されて、どういう人でも一定の仕事ができるようになっています。

 

しかし実際には、店員によって優劣が分かれます。

マニュアルで基礎的な部分が決まっているからこそ、プラスアルファの接客の工夫が自己PRにつなげられます。

 

バイトの職歴が細切れなら

 

コンビニのバイト+アルファの付加価値をつける

コンビニの優れたシステムに触れていたら、もう一歩進めてプログラミングを勉強すると、自分に大きな付加価値がつきます。

 

先入観で難しいと思っている人や、少し触って苦手意識を持った人に、一番簡単に勉強を始められる方法があります。

その上、会社の業務にも活用できる範囲が広いので、就職が決まった後に仕事を楽にしてくれます。

 

わたしの就職が決まって年収が上がったのは、プログラミングの勉強が大きいです。

すごく簡単な方法です。

 

 

年収1,000万円の仕事よりコンビニの方が難しいと思う理由

コンビニのPOSシステムは、当時NASAに次ぐデータ量と言われていました。

これらはいずれも、数字を解析する論理的な能力が必要で、これだけで年収1000万円が可能です。

 

そして接客は、幅広い客層を相手にする社交的な能力が必要です。

コンビニは相反する二つの仕事を同時に行うようなもので、非常に難しい仕事です。

 

客の中には想像を超える行動の人が居ます。

このレベルに合わせられる対人スギルは、かなり高いと思います

 

コンビニでは1日に数百人を相手にして、年収は250万円くらいでしょうか。

わたしが年収1,000万円になった時には、1日に応対する社外の人は10人以下でした。

 

仕事の大変さと収入は比例しません

フリーター時代の方が、仕事で嫌な思いをする事が多かったです。

 

それに仕事の困難さは、アルバイトも正社員もさほど変わらないと感じました。

 

嫌な人は底辺域の方が多いです

 

コンビニのアルバイト経験がアピールできる事

コンビニのバイト
まずコンビニが単なる接客業という認識だと、アピールできる領域が狭まってしまいます。

接客業から接客業への転職というように、同じ職種への転職しかなくなります。

そうではなく、コンビニを実践的情報処理センターとしてしまいましょう

 

【PDCAサイクルが実践されている】

単に統計を出すだけではなく、それを実店舗で活用してPDCAを回し続けています。

 

PDCAというのは

Plan(仮説)

Do(実行)

Check(検証)

Action(改善)

で、職務経歴書に書く人が多い項目です。

 

職務経歴書の書き方に乗っているのか、PDCAを回したという表現はかなり多くあります。

しかし少し質問をすると、実際には本人が行っていなかったり、空回りしているだけだったりします。

 

職務経歴書に書いているだけで、PDCAを理解できていない人が多いです。

コンビニでは、データを活用して本当のPDCAが回っています。

そこに接しているという事を意識すると、体感的にPDCAが身に付きます。

 

マニュアル化されているから簡単な仕事か?

少し教育を受ければ、出来る仕事だと思うのですが。
多数の業務をマニュアル化する知恵に注目してください。
得たノウハウは財産になります。

マニュアルで誰にでも出来る仕事になっているから、価値がないと思っていませんか。

これは大間違いです。

優れたマニュアルに接している時点で、非常に大きな勉強になっています。

 

コンビニが一瞬で終わらせられるのは、仕事を定型化しているからです。

普通の会社では、何度も経験している事でも定型化しないため、毎度初回のように処理に時間をかけて仕事をしています。

 

一般の会社の仕事の方法は、非効率なものが多いです。

 

優れた人が作ったマニュアルは、プログラムの設計書のようにスマートに書かれています。

 

起こりえる問題を先読みして、作業が一方向に進むフローチャートでできています。

こういう仕事に接していれば、就職してから後の仕事作りの基礎ができます。

 

コンビニの経験を就職後に応用

普通の会社に就職して落ち着いたら、

『そういえばコンビニではもっと効率的な処理をしていたな・・・』

と、コンビニの経験を応用して自分の仕事を改善してください。

 

それが自身の強みになって、給与や雇用の安定につながります。

コンビニの先進性を面接官に教える

コンビニのバイトがいかに高度な仕事なのか、一般の職種の人は想像もできません。

比較対象として、年金機構を例に出してみます。

 

年金機構は過去に何度も計算ミスやデータ消失などを起こしていて、その仕事を作っているのは厚労省の人間も混ざっています。

何故ミスが起こるのかと言うと、複雑な確認手続きを入れ過ぎて逆にミスが発生しています。

 

これをコンビニの先進性で解決します。

 

コンビニはレジで瞬時にPOS(データベース)を操作しつつ、限られた人数で多数の客を捌いています。

データベースは、例えば客の年齢層と購買行動の相関関係も出せますが、レジでモタつかないよう設計された実用的なシステムです。

 

この概念を年金に応用すれば、正確で今よりも少ない人数で回せます。

詳細な商品データはマスタに登録されていて、それを店舗が活用する時はピッとバーコードを読み取れば間違いなく計算が行われます。

 

間にいちいち確認作業などいれず、作業は一方向に流れていきます。

 

企業は、解決策の提案ができる人を常に欲しています。

コンビニバイトの経験の中には、一般企業で物事を解決する参考が沢山含まれています。

 

経験があってもうまく説明できない場合は、下記の本が参考になります。

わたしはセブンイレブンとトヨタの工場を勉強したおかげで、仕事の問題を解決する能力がつきました。

 

資料の持ち込みは有効でした

 

実は難しいコンビニの業務

コンビニはデータベースと直結しているので、レジ付近ではデータベースに入力するための定型の処理が必要です。

しかしコンビニを訪れる客層は、小売店の中で最も幅広いです。

例えば代官山のレストランに来る客は、一定のマナーを持っている層に限られるので、行動も常識の範囲内です。

 

そういうお店に行けない野良犬に近いレベルの人でも、コンビニなら受け入れてくれるだろうと気軽に立ち寄ります。

結果、とてつもない要求をします。

 

情報処理と非常識な人への対応を同時にこなすのは、真逆の能力が必要で非常に難しい仕事です。

 

この仕事をこなせるという事は、世の中の仕事の大半に対応できる事を表しています。