無職こそ美味しい物を食べた方がいい理由

不安とストレス

無職だとハングリーに生活した方がいいんじゃないですか?

逆です。

豊かな気持ちになってから行動した方が、生活が豊かになります

無職が抜け出せない理由は、不幸感を持って暮らすからです。

 

人は不幸な時に、行動を抑えるところがあります。

行動をしても上手にできず、ケガをするからです。

 

野生の世界なら自然環境が中心なので、じっとしていると状況が好転します。

しかし人間社会では、自分で行動をしないと状況は変わりません。

 

そこで有効なのが、美味しい物を食べて、強制的に脳を幸せな状態にする事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無職は気がふさぐから、不幸ルートに進む

 

不幸な人が、より不幸になるのは、どうしてでしょうか?

 

不幸を呼び寄せるというのは、オカルトでも迷信でもなく、人間の自然な選択の結果です。

感情というのは、行動を決める指針になっています。

 

気が塞いでいる時には、その気分を維持するような行動をしてしまいます。

気分=脳

を変えるのに手っ取り早いのが、原始的な喜びである食事です。

 

 

美味しいもので気分が変わる理由

 

今の人類の脳のメカニズムは、長い歴史の中で作られてきました。

 

原始人は、よく寝て美味しい物を食べる事が幸せでした。

 

美味しい物を食べると、脳の中で

ドーパミン

が分泌されます。

ドーパミンといのは幸せな時に出るホルモンで、やる気のもとになります。

美味しい食事は脳に直接、エナジードリンクを注入するようなもので、即効性があります。

 

悲観的な状況が変わる

 

何か一つでもいい事があれば、無職から脱する突破口になります。

 

悲観的な心理状態を止める事が、就職への一歩になります。

ドキュメンタリーで、一日に豆腐一個がオカズという男性がいました。

 

精気がない状態で面接を受けても、印象はよくありません。

豆腐一個しか食べられないようなら、無料の炊き出しを利用したり、リゾートホテルの住み込みのバイトをするレベルだと思います。

 

わたしはリゾートホテルの住み込みの経験がありますが、そこから戻って就活して、30代で年収1000万円を超す事ができました。

 

無職は自炊で贅沢をする

 

贅沢とは、金額のことではありません。

 

わたしは60円のミニカップ麺生活から、自炊ゼロで食費が月15万円の生活までやりました。

その結果、最も満足度が高いのが、自炊で贅沢をする事です。

 

外食の3分の1か4分の1のコストで、同じくらいの満足感が得られます。

 

安上がり無職ご飯

 

コンビニや外食に比べれば安上がりですが、ケチケチはしません。

 

ひき肉多めのドライ・キーマカレーはいくらで作れるでしょうか?

 

キーマの粉 62円
たまねぎ 35円
ひき肉 120円
トマトジュース 20円
卵 20円
米多めで 40円

合計 297円

 

これで大盛りな上に、ルーの比率が多めの、店より贅沢なドライカレーができます。

味は、パク森カレー(名店)の味を思い出すほど美味しかったです。

 

キーマの粉はこれです。

 

1箱に4袋入っていて、箱はキノコの山みたいに上から開けられますが、

この写真の通り、横から開けてしまいました。

 

偏差値が低いので、こういう事が結構あります。

わたしは人よりもできない事が結構ありますが、得意な事を見つけて1点集中して、年収1000万円超になりました。

 

 

食後のコーヒーの注意

 

豊かな気分のために、食後のコーヒーもありですが、一つ注意が必要です。

 

元々が心配症の人は、カフェインに過剰反応する体質かも知れません。

カフェインはリラックスするものではなく、逆に神経を覚醒する効果があります。

 

香りにリラックスしても、飲むと不安感が増します。

 

カフェインレスコーヒー

 

わたしはカフェインレスコーヒーを飲んでいます。

価格は普通のインスタントの3倍しますが、カフェオレにするのであまり消費しません。

コーヒーを飲んで優雅な気分になる上、普通のコーヒーのような神経の高ぶりもなく快適です。

 

小瓶に詰めようと、ネットスーパーで画像の商品を買ったところ、ネスカフェのコーヒーメーカー用のパックでした。

わたしの買い物レベルは、大体こんな感じで低いです。

 

自炊が楽になる方法

 

電気圧力鍋が最高です。

 

圧力鍋は爆発が怖いですが、電気圧力鍋は基本、放置で料理ができます。

材料を切って鍋に入れて、スイッチを入れたら散歩や風呂に入っている間に出来上がります。

 

電気炊飯器と同じ使い方で大丈夫です。

例えば白菜と豚バラと、顆粒のダシを入れるだけで、白米に合うおかずが出来上がります。

 

わたしは1万円くらいの電気圧力鍋を使っています。

 

パスタは水につけておく

 

パスタを一晩漬けて、ふにゃふにゃにしてから茹でます。

 

この方法だと、ゆで時間が3分くらいで済むうえに、モチモチで美味しい仕上がりになります。

水につけたものを冷凍にして、好きな時に茹でる事もできます。

 

たまにナポリタンが食べたくなって作りますが、200円くらいで大盛りが作れます。

安すぎて不安になるくらいです。

 

スーパーの食パン

 

食パンは水分の加減に気をつければ、スーパーのものでも美味しく感じます。

 

普通のオーブントースターは、水分を飛ばし過ぎてしまいます。

数万円もする高級トースターを使わずとも、フライパンで美味しいトーストができます。

 

フライパンにバターをひいて、食パンを温めるだけです。

スーパーの食パンでも、外カリカリで中がシットリします。

 

冷凍保存の食パンなら、少しレンチンしてからフライパンで温めると美味しいです。

 

タマゴは基本レンチン

 

カレーとかマーボー豆腐にタマゴを加えると、就活の活力になります。

 

わたしは生卵を1~2個、小さい皿に割って、上にシリコン製のフタを乗せてレンチンします。

料理に合わせて半熟にしたりして、多くの料理に使っています。

 

やり過ぎると卵が爆発するので、注意してください。

タマゴを多用すると、安いのに満足できる食事になりやすいです。

 

巻きずしを覚える

 

巻き簾を買って、巻きずしを作っています。

 

寿司が食べたい欲求は、

酢飯+魚肉

で解消されます。

 

酢飯はちゃんと、酢と砂糖を使い、魚肉は90円のカニカマで十分です。

これで寿司欲は解消されます。

 

普通の寿司のシャリが握れる、寿司しゃもじも持っていますが、巻きずしの方が美味しいです。

コンビニで300円以上する巻きずしが、100円ちょっとで作れます。

 

もう、無限に生活できそうな自信が湧いてきます。

 

無職でカンパンを食べていた頃

 

貯金が残っていても節約のため、カンパンを食べていた頃があります。

 

ミジメな気持ちになるどころか、サバイバル生活っぽい気持ちになり

『これだけの生命力なら、就職できる!』

と自信がつきました。

 

カンパンは、大きな袋詰めでスーパーの隅に売っています。

数日で飽きるので、あまり多く買わない方がいいです。

 

武士は食わねど高楊枝

 

無職の武士は、気持ちを保って次の仕官に備えていました。

 

ドラマや映画でそういう時の描写は大抵、武士が書を読んでいる場面でした。

わたしの無職期間も、ブックオフで100円の本を買い漁っては、大量に読む生活でした。

 

その雑多な知識が血肉となって、就職後に活きました。

 

安い食材のレシピを覚える

 

玉ねぎは100円で3~4個入っています。

 

タンパク質として、卵やひき肉を多用すると、安上がりです。

ハンバーガーは、ひき肉をラップで固めて焼いて、黒コショウをかけると店より美味しいものが作れます。

 

自分で美味しいものが作り出せると、何でも出来そうな気になりますよ。

 

無職の時くらい美味しい物を食べる

 

現役生活でゆっくりと食事が出来るのって、無職の時くらいしかありません。

 

電車通勤の会社の頃は、起きて5分で何かを詰め込み、緊急発進のように駅に向かっていました。

何を食べていたのか、全く記憶にありません。

 

無職なら、せめて食事をゆっくりと食べて、味わい感動をしてください。

その豊かな経験が、就活の時の自信になります。

 

 

無職からは抜けられる

 

このページの写真の失敗の通り、わたしの能力はそんなに高くありません。

 

それでも毎回、無職を抜け出す道というのが出てきたので、何か問題があっても

『どうせ大丈夫』

という確信が持てるようになりました。

 

これを読んでいる方が、無職から抜け出せないはずはありません。

無職生活はいずれ、終わります。

 

どうか今だけでも、安くても贅沢な食生活を楽しんでください。