やりたくない仕事を低学歴が避け続けた結果

嫌な仕事は辞める 会社の選び方

何故かやりたくない仕事を無理強いしようとする人って、多くないですか?

 

昔、部活で運動中に水を飲んじゃダメとか、謎の理論がまかり通っていたのと同じく、仕事に関する事でも結構おかしな考えがあります。

 

辛い下積みを経て一人前になるというのを、途中で誰かが

 

『辛い仕事をするのが正しい』

 

と勘違いして、更に悪い事に他人に強いているのだと思います。

適職でも大変な事はありますが、

 

大変な事 ≠ やりたくない仕事

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

やりたくない仕事を低学歴が避け続けた結果

やりたくない仕事は、上達をする可能性が低いので避け続けました。

『雨だから仕事に行きたくない』

 

とかではなく、晴れでも何でも嫌だと思う仕事は、辞めて構わないと言えます。

仕事を選ぶうえで、『嫌だ』という感情は人生の方向性を教えてくれるカーナビのようなものです。

 

快・不快の感情は、やり続けていいものかどうか教えてくれるものです。

それが何故か歪んだ解釈をされて、嫌な仕事につなぎとめようとする人がいます。

 

低学歴だからこそ、やりたくない仕事を避ける

どんな仕事でも一通りこなせる人もいるでしょうが、低学歴でスペックに限りがあるなら、やりたくない仕事を避けて得意な事に一点集中すべきです。

 

不快 = 不得意な仕事

 

を避け続けると、自分が得意な仕事に辿り着けます。

やりたくない仕事が、薄給・ストレス大なら、その逆に快の仕事は高給・ストレス小でした。

 

ストレスと言っても挑戦する時の、良い緊張感みたいなものでした。

それで年収は1,000万円を超える事ができたので、

 

『仕事は辛い』

という言葉を真に受けないで正解でした。

 

ノルマがある仕事? 嫌です

ノルマがある仕事は、一度だけ就いた事があります。

募集時にはノルマがあるとは聞いていなかったもので、土地開発系の営業職です。

 

これが全くノルマを達成できず、上司から土日に電話がかかってきて

「ノルマを達成していないので出社しろ」

という事を遠回しに命令されていました。

 

それとか、不動産を持った知り合いに営業をかけさせようとしたり、嫌な事ばかりでした。

時代の流れに合わない仕事では、ノルマを設定されようが無理なものは無理です。

 

この経験を経て自然と売買が成り立つような、時代に合った業界にしようと思いました。

わたしの場合は、右肩上がりだったIT業界に転職して、そこで能力が発揮できました。

嫌だと思う自分の感情に従った結果、正解でした。

 

世の中の仕事をそんなに知らない

最近はインターンシップで職場体験ができるようですが、あまり多くの企業を知る事はできません。

実質的には就職をしない限り、嫌な仕事が何なのかを知る事ができません。

 

数年間かけて何社か転職をしないと、自分の適職に辿り着く事は難しいです。

昔の概念で

 

『転職はイカン』

という人がいますが、転職で多くの職場を経験した結果を活かした立場からすると、目的のある転職はアリです。

 

仕事の内情を暴露してくれるようになった

ネットでありがたいのは、実際に仕事をしている人が内情を発信してくれる事です。

ただ、発信の多くは不満がある人が行っています。

 

わたしが働いて良いと思った会社でも、ボロカスに書き込みされていました。

レビューを書く人の人間性を判断して、自分で補正をする必要があります。

 

日常で利用する時に見て、やりたくない仕事

ケータイショップを使うと、必ずといっていいほど嫌な客を見ます。

偉そうに命令しているのを見たり、ひどい時には罵倒する客がいたり。

 

仕事もノルマがあるのか、ダマシに近いプラン説明があったりします。

世の中に一定量スマホがいきわたったので、後はノルマがあろうが売れ行きは小康状態のはずです。

初任給が高くても伸びしろは少なそうだし、ストレスが多そうなのでわたしならやらない仕事です。

 

 

このページを見ている人

行動する前にネットで情報を探す人は、思考する仕事が向いていて、その逆の仕事は大きな負担を感じると思います。

 

例えば接客業の中でもあらゆる客層が入れるようなお店では、常識外の客が来ます。

変な客というのは考え無しに、昆虫のように突発的な行動をとります。

 

思考型の人はパターンで読み取ろうとしますが、そこに答えはなくヘトヘトに疲れてしまいます。

そういった思考のレベルが違う人を相手にする仕事は、やりたくない度合いがかなり強いと思うし、うまくできないはずです。

 

 

思考レベルが近い人との仕事が楽

同僚でも取引先でも、同じくらいの思考レベルの人との仕事はストレスが少ないです。

同レベルだと、あまり想像を絶するような出来事が起こらず、余計な労力をかけずに仕事が進みます。

 

あまり考えずに行動をとる人との仕事は、やり直しが多くて非常に疲れます。