会社の選び方

会社の選び方

実体験で選ぶ、きつい仕事ランキング

ガリガリガリクソンというニート芸人の名言で 「お母さんが悪いんじゃないよ 社会が悪いんだよ」 というのがあります。 これが面白いと思うのは、聞く人に自罰的な人が多いからだと思います。 わたしは...
会社の選び方

事務員の給料が安い理由

給料は相場感で決まります。 事務員の給料が安いのは、それでもなりたい人がいるからです。 ノルマのストレスがない仕事を考えると、事務系の仕事が浮ぶのではないでしょうか? ガツガツしてないけど作業はコツコツできる人が集...
会社の選び方

45歳以上で早期退職させられる時代を生き延びる

政府が企業に 『70歳まで雇用を』 と努力義務を課しましたが、これは逆効果で、危機感を抱いた企業は 『45歳で早期退職』 を強めました。 こういう場合、いつも市場の原理が優先されるので、...
会社の選び方

ベンチャーへの就職で失敗の確率を減らす方法

わたしは低学歴の上にフリーターを何年もしていたので、就職の時に大・中企業は無理でした。 普通の零細は夢も希望もない感じだったので、魅力を感じませんでした。 なので将来性が未知数なベンチャー企業しか、選択肢がありませんでし...
会社の選び方

人と関わらない仕事をしたい人向けの職場と働き方

給料が安い仕事なら、人と関わらないで済みますか? 安いほど、煩わしい人との接点が多いので、逆の発想をしましょう 最初は自分の気質がわからず、割と人と関わるよ...
会社の選び方

給料が高い会社と安い会社で感じた違い

わたしは年収200万円以下から、賞与抜きで1000万円以上くれた会社を経験しました。 平均的な給与の経験はあまりなく、安いか高いかの両極端だったので会社の違いを鮮明に覚えています。 知恵がついてから給料が安い会社を振り返...
会社の選び方

仕事ができないと思っている人が誤解していること

わたしの最終的な年収は賞与抜き(変動が大きいため)で1000万円を超えました。 最終的な役職はITベンチャーの役員で、資産が貯まったので早期リタイアを選択しました。 それでもフリーターや給料の手取りが20万円に満たない職...
会社の選び方

田舎は仕事がないのではなく、選択肢がない

あるサービスエリアでストライキがあり、SNSを通じて世間の耳目を集めました。 SNSで現代文明が田舎の会社の現実と直面して、その理不尽さに衝撃を受けました。 支払いが滞るダメな経営の上に、社員に指摘されるとその場で解雇を...
会社の選び方

事務職から転職する人にオススメの仕事

競争が苦手で事務職を選んだ人も多いと思いますが、会社生活の実感として事務職はかなりリストラの余地があります。 特に上司が年輩の人で、紙で行う手作業の業務が多い場合は能力が退化してしまいます。 給料の上限も低くて、20年や...
会社の選び方

電話・FAX・ハンコを使う仕事が稼げない理由

稼げない仕事の経験がありますが、疲労と収入が全然比例しないです。 一生懸命仕事した気になっても、何の役にも立たない業務だったりします。 無駄な作業は頭をカラッポにしてできる事が多いので、意外と好む人が多くいて改善されずに...