地味な人生でも、後半戦が楽な方が断然いい

社会人

社会人になってすぐの頃に他人と比較すると、スタートダッシュが早い人に負けたような気持になります。

ですが人生は先行逃げ切りするのが難しく、前半戦でダッシュを決めた人の多くが失速していきます。

前半が派手であるほど、後半の落ち込みがすさまじいです。

逆にわたしは前半で仕事が続かないなど迷走が続きましたが、中盤から盛り返して40代で早期リタイアすることができました。

 

『若い頃にもっと遊んでおけばよかった』という後悔はなく、安定した今の生活に満足しています。

人生に焦りを感じている方に向けて書いていきます。

スポンサーリンク

後半失速する人の例

9億6千万円ものコロナ給付金詐欺をして捕まった、T(47)という男の半生は典型的なスタートダッシュ型でした。

 

 

Tは二十代前半でバーを始めて、居酒屋など店舗を増やして成功しています。

30歳で資格を取って不動産業を始めて、太陽光などで稼いでいます。

 

私生活でも結婚して子供を作り、こういう人物の話によく出てくるフェラーリにも乗っていましたが、36歳頃に住宅ローン融資関連の詐欺で逮捕されています。

 

一足飛びだから失敗した

 

Tが36歳頃にやった詐欺は魔が差したのではなく、これまで一足飛びに進めてきた人生のツケが回ってきたことによる、必然的な犯行です。

 

36歳くらいになると体力が落ちて、それまでのように勢いでは上手くいかなくなってきて、じっくりと知識や知恵を使う必要があります。

ですがTは直感に頼るやり方を変えられず、思うようにお金が入ってこない焦りからローン詐欺に手を染めてしまったのでしょう。

 

このように人間は年齢に応じて変化するもので、若い頃に上手くいっても、それがずっと続くわけではありません。

逆を言えば前半が上手くいかなかった人は、後半になって上手くいくようになる可能性があります。

内向的な人のメリットは、徐々に賢くなるところ
わたしはかなり内向的で、色々な局面で我慢をして損や悔しい思いをいっぱいしてきました。 思い切った行動ができず、いつもやらない後悔ばかりしてきました。 若い時に周りの人を見ると自分より一歩も二歩も先を行って、取り残...

 

以降は転落の一途

最初の詐欺で捕まって以降も地道な仕事はできず、仮想通貨や韓国での飲食店経営に手を出しては失敗していました。

 

不動産で失敗したから仮想通貨という転身の仕方は、同じパターンの失敗を繰り返します。

わたしは転職が多かったですが、その度にどこで失敗したのか検証をして、転職の度に少しずつ適職に近づけました。

 

遺伝で自分にあった仕事を考える【20年の職歴】
このブログを書くにあたって、無駄に職歴が多いわたしのデータが役に立ちました。 20代でお試しの仕事の繰り返しだったことで、様々な種類の仕事や社員の質のデータが集まりました。 後年に管理職・役員になっていくに従い、...

 

失敗を繰り返したTは、インドネシアで油田を掘る名目で出資金を集めますが、そのお金も溶かしています。

コロナ給付金詐欺を起こした時は、かなりお金に困っていたのではないかと思います。

 

地味なルートは後が楽になる

Tとは真逆のわたしのルートは、地味なものでした。

彼が成功し始めた20代前半の頃、私は農家で住み込みのバイトをしていました。

農家の住み込みにバイトで来ていた人たち
農業のバイトは体力的にキツいので、全員が20代でした。 レタス・白菜・キャベツといった重い野菜だったので、体力的には土木工事に近いです。 野菜を箱に詰めるとダンベルくらいの重さになり、それを運ぶ仕事もあります。 住...

 

Tがオーナーとして飲食店を増やしていた頃、わたしはようやく就職をしました。

しかしそこも半年で辞めてしまい、半年くらい無職で過ごしました。

わたしが適職に就けたのは、それから数年後のことでした。

 

経済状態がよくなってくる

Tは30歳で不動産業に手を出しますが、太陽光で儲けた後は低迷していったと思われます。

それに対してTが犯罪を始めた30代の頃、わたしは年収が1,000万円に到達し、それからも派手に遊ばずに順調に年収を伸ばしました。

 

Tが太陽光や仮想通貨といった外部要因で豊かになろうとしたのに対し、内向的なわたしは自分の内面にある資源を発掘していきました。

 

役に立たないと思っていた自分の臆病さや、ウジウジと悩み続ける性質が観察力や思考力となって、頭を使う仕事で活かせました。

おかげで景気変動に関係なく、年収が右肩上がりになっていったのだと思います。

高学歴じゃなくても稼げた理由
高学歴でない事に委縮して、消極的な進路を選んでいる方もいるかと思います。 ですが社会実験のようなわたしの半生の進路選択の結果、高学歴じゃなくても稼げることが判明しました。(まっとうな会社) 学歴フィルターで弾く会社もあり...

 

地味な仕事には金脈が眠っている

わたしはネット広告の会社をキッカケに適職のIT系の道に進みましたが、当初はコピーライターとして入社しました。

 

そこで仕事をしている内に、面倒で誰もやりたがらないバックヤード(売買の管理等)の効率化に着手していきました。

 

 

わたしも面倒で手を付けたくないと思いましたが、広告の流通をスムーズにするためにはボトルネックをなくす必要があったため、手をつけざるを得ませんでした。

誰もが放置している分野だったので効率化の効果は大きく、人手がどんどん減らせました。(リストラはしてません)

 

人件費を削減した分がわたしの給料に反映されて、仕事を手掛ける度に年収が上がっていきました。

別にTのように海外や仮想通貨にばかり目を向けなくても、金脈は足元に埋まっていたりします。

超簡単な業務改善の考え方【ほぼコレで稼ぎました】
『改善って意識が高そうで苦手・・・』 と思うかもしれないですが、改善は高尚なものではなく楽をしたがる人に向いてる仕事です。 わたしの仕事の話をしても幅が狭すぎると思うので、超簡単な業務改善の考え方を書いていきます...

 

四十代の時点

Tは四十代になっても怪しい金儲けをやめず、ついには9億6千万円もの詐欺に手を染め、逃亡先のインドネシアで逮捕されました。

 

それに対して歩みが遅いわたしは四十代になってからが全盛期で、最高年収に達した時に会社を辞めました。

会社設立時に出資をした自社株も価値が上がっていて、違法なことをせずとも資産が築けました。

 

 

Tと違ってコツコツした努力をする習慣でやってきたので、これからも浪費しないで地に足がついた生活をしていくつもりです。

あまりお金にならない執筆をしているのも、趣味というのもありますが、地味なことが成功につながるという経験からです。

 

投資に関しても世間では米国株連動の積み立て投資が最適解とされる中、最も面倒で不利と言われていた日本企業の個別株をやりました。

副業の株式投資を8年やって儲けた額
私が株式投資を8年やって稼いだのは、約800万円です。 『少ない』 と感じる人もいるかも知れませんが、負けなかったことが早期リタイアへの自信につながりました。 100歳以上まで生活できる資産が出来たので、40代でリ...

 

周りの人を負に巻き込む

Tは自分の詐欺に元妻や子供を加担させたため、彼らも逮捕されました。

自身はインドネシアに逃亡して、そこでもナマズの養殖を名目に投資資金を集めようとしていました。

 

Tは一足飛びでお金を得てきたツケを中年で支払わされただけでなく、関わる人をみんな不幸に巻き込みました。

わたしはこういうブラックホールみたいな人がいたら、スッと身を引いてフェードアウトします。

職場でも個人でも、縁を切るのはかなり重要
学校で 『お友達を沢山つくりましょう』 という教育はされましたが、実社会に出てからは 『実りの無い人間関係を断ち切る』 という捨てる作業が必要でした。 わたしはダメな人に関わって、貧しく...

 

こういうペテン師って大抵、太くて黒光りしていて、縄で縛ってあるチャーシューみたいなんですよね・・

 

 

飲食も身の丈以上を求めるので、肥え太るのでしょう。

 

前半ウハウハより後半が楽な方がいい理由

コロナ給付金詐欺をしたTは、恐らく刑務所に入ると思います。

寝起きする時間は決められ、一挙手一投足に制限がかけられる生活は、四十代には辛いです。

 

四十代になっても体力は上げられますが、回復力は下がるというのが実感です。

トレーニングをしていて、全く疲れないでダンベルを上げ続けられる時があります。

 

 

若い頃より体力がアップしているのかと思いましたが、その晩にしっかりと反動がきます。

寝たのが22時なのに、朝起きたら8時ということがありました。

 

あまりに長時間だったので寝てる間に宇宙人にさらわれて、実験でもされていたんじゃないかと怖くなりました。

 

人生の後半は無理がきかなくなってくるので、ゆとりが必要になってきます。

逮捕されて刑務所に入れられている場合ではありません。

40代で早期リタイアできた理由
20代半ばまでフリーターをやっていましたが、40代で早期リタイアする事ができました。 親の遺産などではなく、純粋に自分の稼ぎだけで、リタイア資金が貯まりました。 正社員期間の内ガッツリ仕事をしたのは正味10年くら...

 

最終的にゴールに到達すればいい

わたしは無職が続いた頃に、60代くらいでホームレスになっているかもと思ったことがあります。

どの河原がいいのか場所の選定までしたことがあります。

 

 

そんな悪い暗示はすぐに頭から消し去り、豊かな将来を想像しながら転職でステップアップすることができました。

人より多くの収入を得て思ったのは、金額にこだわらなくても良かったのかなということです。

 

自分が思う通りに仕事ができて、生活ができるくらいの収入が得られれば、それが自分らしい生き方と言えるのではないでしょうか。

40代になって、心底独身で良かったと思う理由
誰に対しても、独身が最高だと言うつもりはありません。 世の中の過半数は、結婚して子供を作った方が幸せを感じられると思います。 社会の成功モデルも、結婚が幸せとされています。 独身が不幸扱いされるのも...

 

自己実現がゴール

心理学で自己実現というのは、自分の内面的欲求を社会生活において実現することで、欲求の中でも最上位に位置するものだそうです。

人によって内面的欲求は様々なので、幸福のモデルも異なります。

 

テンプレート化された成功者像は悠々自適に世界旅行をするなどですが、わたしは好きな時に昼寝をしながら執筆することが自己実現です。

無職だから電子書籍を出版してみた件
無職になって数年、ようやく作家の肩書を手に入れる事ができました。 ブログでコツコツと書く感覚をおぼえたので、いよいよ電子書籍を出版してみました。 教科書に採用されるかもとか、夢が広がります。 出版に...

 

畑で美味しいスイカを作ってみたいという願望もあるので、この先の楽しみとして残しておきます。

 

皆さんには皆さんの自己実現の形があると思うので、そこにたどり着けることをお祈りします。

まずは仕事を安定させる必要がある方には、転職や年収を上げた方法が別ページに書いてあるので、よければいろいろと読んでみてください。

 

わたしは独身なので幸福な結婚の仕方は書けませんが、低学歴から真っ当な仕事で収入をあげた経験だけは書けます。