高学歴じゃなくても稼げた理由

年収アップの方法

高学歴でない事に委縮して、消極的な進路を選んでいる方もいるかと思います。

ですが社会実験のようなわたしの半生の進路選択の結果、高学歴じゃなくても稼げることが判明しました。(まっとうな会社)

 

学歴フィルターで弾く会社もありますが、全ての道が塞がっているわけではありません。

学歴以外で自分の価値を作り出し、自信を高めた状態で会社を選んだ結果、大企業平均以上の年収が得られました。

 

その方法は、まず過去の学歴を悔やむのをやめるところからスタートします。

スポンサーリンク

高学歴じゃなくても稼げる理由

授業を暗記をして、覚えているかどうかを筆記テストで測った結果が学歴につながります。

ですが筆記テストは百年以上前から変わっておらず、テクノロジーを使う事を禁止したナンセンスなものです。

 

 

実社会の仕事ではツールを使いこなすことで成果を上げられるのに、テストでは非効率な暗記の能力を測定されます。

高学歴でも仕事で苦労をする人がいるのは、学歴=仕事力ではないからです。

 

エジソンは小学校中退

発明王エジソンは 1+1=2 というのが理解できませんでした。

何でも頭の中で粘土を思い浮かべてしまい、足しても一つの大きな塊になると思ったからだそうです。

 

 

このように学校のカリキュラムが合わない人もいて、エジソンは小学校を中退して自宅学習に切り替えました。

高学歴でなくても頭の総合力が悪いわけではなく、部分的に不向きな事があるだけです。

 

自分の頭のタイプに合った職に就くことで、学歴の枠を無視して稼ぐ事ができます。

 

資格も関係ない

 

わたしはIT業種で稼ぎましたが、転職活動の前に受けた情報処理の資格はとれませんでした。

試験内容が実務と離れていて、学校のテストと同じような形式でした。

 

例えば手計算で4進数から16進数に変換するとか、実務で使わない問題が多くありました。

試験に落ちたわたしは次の試験を待たず、自分が得意なシステム設計をして、それが動くくらいの適当なプログラムを作ってプレゼン資料にしました。

 

 

学歴や資格など他人が作った指標が合わなければ、自分が優秀に見える部分を自分で演出するだけです。

苦手分野は克服せず、得意分野を伸ばすという考えです。

苦手な事から逃げ続けた結果
このブログでは、様々な選択の結果を書いています。 読者の方には実験データとして活用していただければと思います。 わたしの経験の中で突出しているのが、挫折の少なさです。 これはわたしの能力がズバ抜けていたわけではなく...

 

学歴よりもネット検索力

 

学校のテストは暗記で点がもらえますが、高い給料をもらうには応用力や創造性が問われました。

脳の記憶に頼るより、ネットにアクセスして膨大な情報の中からヒントを見つける、検索力の方が重要になってきました。

 

「たかが検索くらい、いつもやっている」

と思う人もいるでしょうが、必ず答えが出るまで執念深く続けているでしょうか?

 

「検索してもわからなかった」というのを禁止にして、強引でもいいので何かしらの答えを出すようにしてみてください。

仕事では迂回策でも次善の策でも、何らかの答えを出す事が重要です。

超簡単な業務改善の考え方【ほぼコレで稼ぎました】
『改善って意識が高そうで苦手・・・』 と思うかもしれないですが、改善は高尚なものではなく楽をしたがる人に向いてる仕事です。 わたしの仕事の話をしても幅が狭すぎると思うので、超簡単な業務改善の考え方を書いていきます...

 

知識をゲーム感覚で集める

仕事で壁にぶつかったら調べて答えを出して、仕事に応用することで給料が上がります。

このルーティーンを経験すると、パズルゲームをクリアしたら賞金がもらえるような感覚になり、夢中で仕事ができるようになります。

 

給料の額が、ゲームのスコアのように上がっていきました。

 

 

苦しい仕事ほどお金は稼げず、ゲーム感覚でできる仕事ほど、多くの給料がもらえるのだから不思議なものです。

そういう仕事を見つけるには、ウソでもいいので『自分の年収は高い』と思う事です。

 

その精神状態が、無意識の内に自分が稼げそうな分野に近づけてくれます。

お金がないストレスから抜け出した方法
これまでの人生で最も大きなストレスだったのは、お金がない事に関してです。 20代前半でフリーターをしていた頃、何をやっても続かないので将来はホームレスになるんじゃないかと思いました。 その頃は晴れない霧のように、...

 

情報をつなぎ合わせる

一つの検索結果に答えが全て載っているとは限りません。

そこで複数の検索結果を見て、情報を統合する能力が必要になってきます。

 

情報の断片をつなぎ合わせる作業は、習慣化していれば年々うまくできるようになります。

これが問題解決能力につながり、ネット検索以外のことでも役立つ能力になっていきます。

検索は孤独な作業ですが、人は孤独な時に能力が高まるものです。

 

内向的な性格で学歴を補う

内向的だと社会の押し合いに競り負けて、他者に後れを取る場面が結構あります。

そのことをクヨクヨ思い悩むわけですが、その思い悩む能力がネット検索に向いています。

 

 

ネットの検索とは、『なぜ?』を繰り返す作業です。

『なぜ?』を発端に検索して、そこでヒットした情報の中から新たな『なぜ?』を出して、更に検索をします。

 

こうして集めた情報を組み合わせることで体系的な知識になり、部分的に専門家のようになれます。

内向的な性格で悩み事を深掘りしてしまうクセがある人ほど、ネット検索に適性があります。

内向的な人はスロースターターだから、焦らなくていい
人生は初めての連続なので、どうすればいいのか参考を探すと、同年代の人達を見る事になります。 そうすると、プロ野球で契約金1億円とかの同年代を見て 『わたしの人生は失敗だ』 という敗北感を味わいます。...

 

人に聞くより調べる

人に聞いて、よく理解していなくても聞き返すのが悪い気がして、わかったフリをしてしまいませんか?

 

ネット検索なら自分が納得いくまで調べる事ができるし、その過程で新たな知識が出てきます。

それに人に聞いて問題を解決するのは単なる劣化コピーに過ぎず、自分の価値を高める事にはつながりません。

 

自力で調べることで脳の中に検索力の回路が出来て、自己解決の能力が上がっていきます。

この効果は今も続いていて、株式投資でも役立っています。

 

短時間で深い知識が得られる

マトリックスという映画で、人につなげた端子に情報を送ると、一瞬にしてヘリの操縦などをマスターできるシーンがあります。

 

ネット検索もそれに似たところがあり、局所的ではありますが、専門家のように深い知識を得る事ができます。

わたしは未経験の業種に転職する時、ネットで実務の内容を調べて、その仕事を楽にするツールを面接でプレゼンして採用されました。

 

つまり未経験でありながら、経験者のように振舞うことができたのです。

入社してから会社のルールは教わりましたが、アナログな仕事の方法は自分で改善していきました。

 

わたしが稼いだルート

わたしは問題解決能力が上がってからは、業務を観察してデジタルに落とし込む事をしていました。

 

 

データベースを使う事が多かったですが、しゃくし定規な作り方だと使い勝手が悪いものが出来てしまいます。

例えばインプットが全て選択方式だったりすると、かえって面倒になったりします。

その辺りを崩しつつも、データベースが機能するギリギリのラインで作っていました。

 

データベースというと難しいイメージがあるかもしれませんが、ただの便利なメモ帳という感じです。

データベースの簡単な作り方【年収が上がる技術】
世の中のデータベースの教科書は、1ページ目から滅茶苦茶難しいです。 さぁ勉強しようと思うとまずパソコンをサーバー化する作業が必要で、それが終わったらSQL(データベース言語)のインストール。 参考にする本...

 

学歴の尺度から自分を解放する

学校の勉強の宣伝文句として、「将来の選択肢が広がる」と言われます。

ですが仕事は自由選択というより、自分の性質で上手にできる仕事に収まっていくという感じでした。

 

 

わたしは好きな事は趣味にして、仕事は好き嫌いではなく、人よりうまくできるもので決まりました。

遺伝で自分にあった仕事を考える【20年の職歴】
このブログを書くにあたって、無駄に職歴が多いわたしのデータが役に立ちました。 20代でお試しの仕事の繰り返しだったことで、様々な種類の仕事や社員の質のデータが集まりました。 後年に管理職・役員になっていくに従い、...

 

遊びみたいなコピーライターを目指したのが、広告用のデータベースを作ることになり、数字を扱う仕事がメインになっていきました。

実績は学歴以上に説得力があり、誰もわたしの事を専門学校卒(倒産済み)と思いませんでした。

好きな事を仕事にした時と、そうでない時の違い
わたしは様々な仕事を経験して、最終的に自分に適した職に就けたので収入的には恵まれました。 その仕事は向いていたし、やってみたら楽しく感じましたが好きで就いた仕事ではありませんでした。 そこで自分の職歴を振り返り、...

 

今の価値観にとらわれない

わたしが学校を卒業する時の世の中は、いい大学からいい会社に入って、定年まで働くのが成功という価値観でした。

 

わたしはそのレールに最初から乗れなかったのですが、社会の方が変化をしてきて、終身雇用の概念はなくなりました。

必要だったのは固定観念に沿って生きることより、変化に適応することでした。

 

 

おかげで年功序列も関係なく稼ぎ、40代でリタイアする事ができました。

もし過去の学歴にとらわれていたら、わたしは今も苦手分野でバイトを続けていたかもしれません。

人生のレールから外れた人の末路
『日本はレールから外れると戻れない』 昔、よく聞いてわたしも信じかけていました。 自分がダメな時って、這い上がらなくてもいい理由を探してしまいます。 かくいうわたしは 低ランクの専門学校を卒業 ▼ フ...