職場でも個人でも、縁を切るのはかなり重要

社会人

 

学校で

『お友達を沢山つくりましょう』

 

という教育はされましたが、実社会で重要な

『実りの無い人間関係を断ち切る』

 

という事は教えてもらえませんでした。

社会には人の善意を吸い込む、ブラックホールみたいな人はいます。

 

悪縁を持っていて最悪な時は、貯金が毎月2桁減っていく生活になりました。

わたしは他人の問題も抱え込む事が多かったですが、そういう悪い縁を切った事で、経済的にすごくよくなりました。

 

自分で努力をしているのに人生が向上しない人は、悪縁を引きずっている可能性があります。

人付き合いと同じくらい、縁切りは重要です。

スポンサーリンク

縁を切る重要性

 

『とにかくお友達を作るのが素晴らしい』

 

というのは、小学3年生までです。

幼少期に様々なパターンの人を知るのは、意味があります。

 

けど、徐々に害悪でしかない人格を持った人が出てきます。

こういう人との縁を切る事で、人生に不必要なハンデを抱えずに済みます。

 

害になる人を初めて知った経験

 

小三・四くらいの頃、関西からとんでもなく恐ろしい6年生ががやってきました。

 

何かあると
「どたま(頭) カチ割ったるぞおおおおっ!」

 

と怒鳴りながら、それまで学校では見た事が無い、赤鬼みたいな顔で児童を追い掛け回します。

鬼のような6年生

 

生命に関わる危機というのを、初めて知った子供が多かったと思います。

 

結局、ひったくりをしたとかで学校から姿を消して、再び平穏を取り戻しました。

いまだに『憤怒』という言葉で思い浮かべるのは、その6年生です。

 

悲しいですが、地獄育ちで災厄みたいな人間というのは、わたしたちの隣に確かにいます。

 

 

害になる人は富を奪う

 

社会に出て知ったのは、どうにかして得をしようと必死な人がいるという事です。

 

自分の身の丈以上の生き方をしようとして、そのツケは他人におしつけます。

わたしはこういう人との関りがあった頃は、せっかく貯金したものが、あっという間になくなってしまいました。

 

貧乏神のように、近づくとロクな事にならない人はいます。

 

縁を切るべき人

 

ザ・ノンフィクションを見て感じるのは、人と対話する事が、必ずしも正しい訳ではない事です。

 

ダメ系な家族が、頻繁に家族会議をして

『家族の絆を確認』

 

みたいにまとめようとしますが、結局はいい知恵が出ないで同じ問題を繰り返します。

 

ダメな人が集まっても、やっぱりダメな知恵しか出てきません。

そこから抜け出すには、悪縁を断ち切るしかありません。

 

感謝の念がない人

 

感謝の念がない人というのは、付き合って腹立たしいだけではなく、没落していく人だから縁を切っておいた方がいいです。

 

『ありがたい』

 

と感じる事ができない人は、いつまでも満たされない気持ちを抱き、他人に求め続けます。

認知が歪んでいて、周囲の反感を買うだけなので、没落していきます。

 

そういう人の重荷を、あなたが持つ必要はありません。

没落していく人は、それまでに十分、得をしてきた人です。

 

善良なのに人生が向上しない人は、他人の可哀そうな姿に反応して、不要な荷物を抱えている事が多いです。

 

語る内容と身分が合っていない人

 

例えば、人生の選択肢を全部ミスしているのに、

 

『失敗を知っているから、人の痛みがわかる』

と言って、選挙に立候補するようなタイプです。

 

正解できない人なら、他人の教えを乞うべきなのに、逆に他人に教える立場になろうとします。

こういう頭のボタンが掛け違った人は、近くにいるとトラブルに巻き込まれます。

 

縁を切るというのは、人生のもらい事故を防ぐ事です。

 

 

職場の人

 

振り返ると低レベルな職場の人から教わった事で、後に役に立ったことは一つもありませんでした。

 

給料は会社の偏差値みたいなもので、その偏差値による人の差は確かにあります。

優秀な人と接する事で、見取り稽古のように彼らのエッセンスが自分に入ってきます。

 

低レベルな職場という悪縁を切る事で、自分の能力が上がります。

 

良縁と悪縁の違い

 

わけへだてなく、さきにGIVE(与える)をしてきました。

 

人生で何度もそういう事をしていたら、2種類の人がいる事がわかりました。

一つは、後に恩を返してくれる人です。

 

もう一つは、更にGIVEを求めようとする人です。

こういう、GIVEだけを求める人が悪縁です。

 

与えると、もっと求めてくる人

 

基本的にGIVEは、見返りを求めないものです。

 

しかし良縁の人は、勝手に恩を返してこようとします。

GIVEの循環が起こって、その過程で利子がつくように膨らんでいって、相互利益の関係性になります。

 

この良縁を増やす事で、わたしは資産を築くことができました。

反面、悪縁があった時は、貯金を数分の一に減らされた上に、嫌な気持ちにさせられる事ばかりでした。

 

悪縁というのはブラックホールのように、あなたの人生の良い物を吸い込んでいってしまいます。

 

自分に優しくなるべき

 

お金を貸してほしいとか、面倒を見てほしいという人を切れない人は、他人の問題を自分のことのように感じてしまう人です。

 

縁を切る事に、罪悪感を覚えてしまいがちです。

ですが優しくするなら、まずは自分自身に優しくなるべきです。

 

悪縁の人というのは、お人好しを見つけるセンサーが優れています。

それが彼らの生きる術ですから。

 

縁を残す基準は、能力ではなく善良さ

 

自分にプラスにならない人は切るべきですが、

 

『無能な人はメリットがないから付き合わない』

 

というわけではありません。

能力が低かったとしても、善良な人は後に恩を返してくれようとします。

 

悪縁を切らないと、新しい縁は入ってこない

 

人付き合いを維持できる数は、限られています。

 

野球のベンチみたいに、座れるメンバーは入れ換えないと、新しい縁は入ってきません。

特に内向的な人は、付き合える数は多くないので、一人当たりの質を求める必要があります。

 

悪縁だと思ったらフェードアウトして、ベンチの空きを作って良縁が入れるようにしておきましょう。

 

 

感情で決めて構わない

 

感情で決めるのが間違いなようにとられがちですが、本来はレーダーのような機能があります。

 

自分が快と思う方向が、自分に適した環境です。

ただ感情のレーダーを正確に作用させるには、自分の認知が正常である必要があります。

 

異常な場合、何でもネガティブな言葉しか出なかったりします。

その場合まずは禅でもスポーツでも、自分を整えるところから始めます。

 

正常な状態だと、良縁が入ってきやすくなります。

社会人
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
不安が多い人のための転職ガイド