残業代が出ない会社の方が年収が高い理由

年収アップの方法

夜の時間帯の、割り増し残業代を計算していた頃より、残業制度のない会社の方がはるかに高い年収でした。

 

残業代は得するように思えて、結局は弊害の方が大きいです。

デスクワークの人は、残業目当てで残っている人を見た事があると思います。

 

残業代制度の会社で仕事をサッと終わらせても、利益が無駄な残業代に消えてしまい、自分の報酬の原資が減ってしまいます。

 

残業制度のある会社では、年収は400万円以下でしたが、年俸制の会社ではボーナスは別で年収1000万円以上でした。

 

残業代がない会社の方が公正で、気持ちよく働けました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

残業代は無い方がいい理由

 

ゆっくり働く事にインセンティブが発生するのって、誰の為にもならないですよね。

 

遅くまで会社に居る事に価値が発生する制度なので、帰りにくい空気が醸成されてしまいます。

 

間延びして仕事をするより、ギュッと濃縮した方が仕事の質は上がります。

残業代をカウントしながら働いていた頃は、全然成長しなかった期間でした。

 

残業で仕事を効率化したら年収が上がった

 

面倒な事が嫌いだったので、デスクワークの仕事を自動化しようと思いました。

 

勝手にやる事なので通常業務が終わってからになりますが、年俸制の会社だったので気楽に残業できました。

あくまで、自分の仕事を楽にしたいための行動でした。

 

その結果、給料が怖くなるくらいバンバン上がっていきました。

給料が安い会社で、残業代のために粘るのは、自分の時間の安売りです。わたしは本当に損をしていたと思います。

 

残業代は単に時間給を稼ぐ事ですが、残業代を気にしない働き方は、自分の価値を上げてくれました。

 

わたしはスペックが低いですが、

30半ば以降は年収が、同年代の大企業平均を下回った事はありませんでした。

 

残業代がないと仕事が速くなる

 

デスクワークって仕事の速さがわかりにくいですが、わたしの経験だとビルの窓ふきのバイトがわかりやすいので、紹介します。

 

日給月給制で、早めに終わらせても一日分が稼げるバイトで、早く終わらせる事がインセンティブになりました。

 

作業が速い人が集まると、朝から殺気立って、一つのミスも許されない雰囲気でした。

最短で3時間くらいで終わった日がありましたが、手は抜きませんでした。

 

時給換算にすると、わたしの日給で時給3000円換算になりました。

残業代制度はありましたが、それよりも早く終わらせた方がオイシイので、いつも定時前に終わらせていました。

 

バイトだけの現場が殆どでしたが、手を抜くのはご法度みたいな規律がありました。

ただボヤッとしたことをすると、殴られんばかりにメチャクチャ怒られます。

 

残業は製造業のための制度だった

 

残業代って、

 

時間=生産量

 

が比例する、製造業向けの制度です。

生産量があいまいな仕事の場合、日中にだらだらやって、定時後に仕事をするという事が発生します。

 

 

残業代制度がないアメリカ

 

大企業はわかりませんが、わたしは社員数3桁の会社の予算は見ていました。

 

ベンチャーで人材だけが資産だったので、利益は惜しまず報酬に回っていました。

 

役職によって、残業制度がありませんでした。

会社の人件費で考えて、成果不明で波のある残業代は不安要素です。

 

それよりも業績に応じたインセンティブを払った方が、わかりやすいです。

 

この査定は完全に成果主義で、労働時間は関係ありません

アメリカに近い給与体系です。

 

この方が、公正にお金が回ります。

 

アメリカ人がすぐにオフィスから帰るワケ

 

残業代がないからです。

 

けど家に帰ってから仕事をしたりしますが、無駄な残業はしません

 

 

業績に応じて年俸が決まっているから、なるべく効率よく仕事をします。

金融街では長時間労働らしいですが、その分リタイアも早いです。

 

残業をしない部分だけ切り取られがちですが、日本とは制度が違います。

 

日本もアメリカ型に

 

英語がしゃべれないので、

「グローバル化とか、関係ない」

 

って思っていましたが、GAFAのサービスを使わない日はないし、日本の様々な会社にも影響が出ています。

 

だから終身雇用制はなくなって、次は年功序列もなくなって実力主義になりました。

この流れで、製造・サービス以外の残業代はなくなると思います

 

 

実力主義は怖くない

 

基本スペックが低いわたしは、最初に年俸制の会社に入った時、震えていました

 

しかし、一つだけ他人より秀でた特性があれば、それを仕事にすると人一倍の成果が上げられる事を知りました。

 

その代わり接客業とかをやったら、最弱の存在です。

わたしの場合は『心配性』を活かした仕事をしました。

 

学校のテストと違って、社会人は一教科で何とかなります。

このサイトで適職についても書いているので、読んでみてください。

 

報酬が気にくわなければ辞める

本来、会社と社員は

お金⇔労力

 

の等価交換をしているので、報酬が気にくわなければ転職するのが自然です。

スーパーの買い物と同じで、値段と品質が合わなければ、別の商品を選ぶだけです。

 

残業代とチップ制

残業制度はアメリカが参考になりますが、チップ制は逆に弊害が多いように思います。

 

チップが収入の一部

基本給が安い

 

という構図で、チップが少ないと不機嫌になります。

客としても、給仕を査定する仕事が増えて煩わしいです。

 

日本の残業代と共に、アメリカのチップ制も良くない制度です。

 

目先の残業代を追うと、年収が増えない

 

残業は手っ取り早くお金が得られるので、制度があると意識してしまいます。

 

わたしも中身の薄い長時間労働を、喜んでしまっていました

 

目の前に蜜があったら、指を突っ込みたくなるのは人間として自然な反応です。

残業代を得る事に夢中だった頃は、自分に適した仕事があるなんて、考えもしませんでした。

 

交通費のごまかし

 

残業代を勘定していた当時、交通費をごまかしていた事を思い出しました。

 

駅までバスで往復すると数百円かかるところを、自転車を使って駐輪場代だけで済ませて、差額で得した気になっていました。

 

こういう事をしていると、小さい人間になってしまいます。

それに残業代でも交通費でも、心のどこかでズルい事をしていると思っていました。

 

それが卑屈な自分を作り、無意識のうちに

『金を稼ぐに値しない人間』

 

という自己暗示をかけていました。

 

関連:交通費のごまかしをしていると年収が上がらない理由

 

 

合わない会社は辞めた

 

残業代を考慮せず、こちらが奉仕したら、それを返してくれる会社とは良い関係を築けました。

 

しかし、こちらの奉仕を都合よくとる会社に対しては、すぐに辞めてしまいました。

 

『良い自分に見合う会社』

 

を探す気持ちが強くなり、相応の会社で報酬を得る事ができました。

良縁を結ぶ時は、まず自分がそれに相応しい人間になるのが、一番確実な方法でした。