起業に失敗したショボい理由

転職の決断

30代前半の頃に割と仕事に自信が持てて、

 

『どこでもやっていける』

 

と思って独立して起業しました。

結果から言うと、月収10万円台くらいになって、1年未満で終了という結果でした。

 

理由は

 

『お金をください』

が言えなかったというショボいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人で起業して失敗

会社に所属している時は、自分に割り当てられた仕事だけすれば収入になります。

仕事選びが正しければ、会社で自分が得意な事をしていれば、勝手に収入になります。

 

しかし起業をして、一人でやるという事は、不得意な業務もやる事になります。

まさかお金を要求するのが、あれほど難しい事だとは思いませんでした・・・

 

お金の交渉をした事がない

会社に所属していた時に、他社から社内データベース作りの相談を受けて、起業する事にしました。

だから営業活動とかもしていないし、金額等も一切決めていませんでした。

 

給料ではいつも、会社から提示された額に従うのみで、交渉をした事がありませんでした。

起業した時も、お金の件は向こうが決めてくれるものと思って、何も努力しませんでした

 

報酬が少ない

こちらで見積もりも何も出していないし、向こうの会社は担当以外は知らない相手ということもあり、提示された額は少な目でした。

 

わたしが交渉して上げるのを前提にした、様子見の金額かも知れなかったですが

 

『これで責任を負わされるくらいなら、ゼロ円で気楽にやろう』

 

という気になって、無償で引き受ける事にしました。

 

機密保持の書類などもあって、フリーランスでも自由ではないという気持ちになり、テンションが下がりました。

 

無償にする代わりに、どの書類にもサインをしませんでした。

 

 

起業の失敗は、中途半端だったから

独立すると言っても、元の会社から十数万円をもらって、週に何度か通っていました。

貯金もそこそこ貯まっていました。

 

そういう命綱があったので、他の会社の仕事を無料で請け負ったりしてしまいました。

 

 

独立が一匹オオカミの野生の世界だとしたら、わたしは飼い犬がドッグランで走り回るくらいの、ショボい内容でした。

 

元の会社に戻る

データベースが出来上がって、稼働の様子見をしつつ、他に効率化できる部分に手を入れました。

希望すればそのまま入社できたと思いますが、内情を見てそれほど魅力を感じない会社なので、引き上げました。

それで元の会社に戻るという、中途半端な起業劇でした。

インターンシップみたいなものでしょうか。

 

 

失敗したけど起業を勧める理由

失敗しましたが、起業したのは良かったです。

無駄な万能感がなくなって、自分の特性がよくわかりました。

 

営業系の人は、たぶん請求書発行とか事務作業がすごく面倒に感じると思います。

起業の経験で、そのわずらわしさを解消するために、いくら支払って人に依頼するのが妥当かなど、経済感覚が身につきます

 

どこかの会社で管理職をする時に、こういう経済感覚が役に立ちます。

経験するのが一番てっとりばやいです。

 

人付き合いが広がる

わたしは内向的な性格なので、何もないと新しく人と付き合おうとしなくなります

そうやってどんどん、小さい世界に閉じこもるようになります。

 

当時はまだ30代前半だったので、まだ人付き合いの幅が必要でした。

付き合う人の良し悪しの選別は必要ですが、そもそも新規の付き合いがないとできない作業です。

 

後の起業に繋がった

失敗したものの、起業した先にある生活は、別に特別なものではないと知れました。

人って知らない世界のことを、過剰に警戒するところがありますよね。

 

しかし経験してみると

 

『あれっ?! こんなものなの?』

 

って思うこと多くないですか?

独立起業もそれと同じで、一回やると恐れがなくなります

 

そして後に、数人で起業をする事に繋がりました。

 

起業をして変わる意識

起業を一度経験すると、後の会社で

『経営者が無能』

と思わなくなります。

 

数人の従業員を雇うだけでも、結構大変な事です。

大企業が傾いたニュースで

 

『経営者に経営能力がない』

 

というコメントをみると、経営者側を擁護したくなります。

言うのは簡単ですが、やってみると色々とあります。

 

後に再度、自営業を経験

共同で起業する時、メンバーの都合で1年ほど延期になり、その間に自営業になりました。

二回目なので余裕がありました。

 

メンバーから月に35万円くらいの仕事を回してもらっていましたが、時間に余裕があったので、経験の為に他の会社を手伝いました。

 

無料で請け負ったのですが、チャージされたsuicaとかプレステをくれました。

その会社はわたしが共同起業後にも協力してくれて、助かりました。

 

そういう関係構築の意味でも、お金にならない経験をしてみるのも有効です。

共同で起業した会社が成長して、わたしに大きな利益をもたらせてくれました。

 

その前の二回の起業が、良い経験となりました。

 

損失はなし

飲食店だったら、内装とか設備でお金がかかったと思いますが、パソコン一つでできたので、起業を失敗しても損失は無かったです。

 

経済的なマイナスがなく、経験が買えたと思えば、収入の少なさは許容できます。

初期投資で1000万円必要で、かつ借金で店を始めるとか、そこまでの度胸はありません。

 

 

定年が早いなら起業

45歳で早期退職の募集が増えてきましたよね。

役職定年で給料が下がっても会社に留まれるかも知れないですが、自信があるなら起業する選択肢もありですね。

 

フリーランスと企業のマッチングサービスが増えてきたので、売り込みが苦手な人のハンデは減っていると思います。