うつ病の症状=肉食動物に追いつめられた状態

不安とストレス

心の病気とか説明されても、漠然としていてよくわかりません。

 

うつ病というと、

・気分が落ち込む
・やる気がおきない
・食欲がない

 

という症状が説明されますが、これだと誰もが日常に起こる、気持ちの波と変わりません。

 

うつ病は人間が追い詰められた時にみせる防衛反応で、心ではなく脳が脅威に反応している状態です。

 

大昔、人間が肉食動物に追いつめられて、ほら穴に隠れて脅威が去るのを待つ状態が、うつです。

うつの事を明確に知っておき、症状が出たら急いで反対方向に進むのが、深刻化を避ける方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

うつ病は防衛反応

大昔からの危機回避の機能が、現代まで遺伝で引き継がれています。

うつは気分の問題ではなく、脳が持久戦に入った状態です。

 

肉食動物は獲物が穴に隠れても、周りをウロウロして、出てくるのを待っています。

人類の祖先も肉食動物に追われて、薄暗い洞穴に隠れていました。

 

そこでは身体の機能を最低限まで落としてカロリーの消費を抑え、知覚だけを鋭敏にして、肉食獣の脅威に備えなくてはなりません。

 

 

うつと睡眠不足

うつになる人の導入は、睡眠不足から始まります。

不安で眠れないとか、残業・早出で物理的に眠らせてもらえないとか、どちらにせよ睡眠不足が続くのがキッカケです。

 

仕事に追われた状態は、動物に追いつめられた状態に似ています。

 

大昔の肉食獣=解決しない仕事

 

脳は常に緊張状態を強いられて、警戒する情報ばかりが流れます。

 

脳のネガティブな回路が強化される

 

複雑なマニュアル車の運転でも、毎日のようにやっていると無意識にギアを変えられるようになります。

 

脳は同じ情報が流れると、その回路が強化されます。

解決できない仕事に支配されると、毎日のようにネガティブな回路が使われて、太くなってしまいます。

 

 

そうなると、何でもネガティブな回路が使われやすくなるため、悲観以外の感情が出なくなります。

相手が肉食獣の場合、わずかな物音でも警戒する事で、生き延びる確率が上がります。

 

 

微細なことでも警戒する機能が全てに対して使われるので、逆に苦しめられてしまいます。

ありとあらゆるものに、不安を感じます。

 

こうなる前に

うつの症状が出始めたら、すぐに脱出する事で、症状の深刻化を防げます。

 

しかし実際は、逃げない人がうつになりやすいため、深みにはまってしまう事が多いです。

 

 

明確な悪夢を見る

ネガティブな回路は、睡眠時にも影響します。

悪夢を見て、まるで実際に起こった事のように体が反応します。

 

脳は記憶の整理のために、睡眠時に夢を見ると言われています。

その記憶の中からも不安な要素を増幅させ、リアルな悪夢をみせられます。

 

 

眠っても悪夢ですぐに目を覚ますというのを繰り返します。

夢で目を覚ますというより、ショック状態です。

 

警戒心と不安感

警戒と不安以外の感情はなく、面白いコンテンツを観ても、何も感じなくなります。

脅威にさらされた状態なので、当然の反応です。

 

だから気分転換に映画や音楽を聴いても、さほどの効果はありません。

 

身体的な症状

大昔の危機的な状況下では、空腹を覚えても食料が無かった事が推察されます。

だからうつになると食欲がなくなり、空腹感を覚えなくてすむようになっています。

 

お腹が鳴ったとしても、お腹が減ったとは感じず、義務でないと食べる事ができません。

食べる作業が苦痛なので、あまり量が食べられません。

 

チョコのように小さくてカロリーのあるものだと、まだ食べやすいです。

 

末端が震える

身体の機能を制限するため、血液の供給が抑えられます。

特に手が震えるような感覚を覚えます。

 

寝不足が続いて、手が震えるような気がしたら、うつ病の入り口です。

 

胸やお腹のあたりをかばう

不安な状態の時には、身体で重要な臓器を守ろうとします。

末端の震えが、胸の動悸まですすんだら、うつはエスカレートしています。

 

恐怖感の症状が、末端から体の中心に広がります。

全身が恐怖心に覆われるような感覚です。

 

ワニがいる沼に、首まで浸かって一晩を過ごしているような感じです。

 

うつ病の薬とは

様々な種類の薬があるし、個々の人によっても違うので、あくまで一例です。

不安に対抗する脳内物質が、減らないようにする薬のケースです。

 

人によって様々ですが、飲み始めて数日で効果が出始めます。

 

そこで起こった事は睡眠中に、悪夢を見た時と同じ反応が首から下で起こったのに、頭は反応していませんでした。

 

 

体はシャワーを浴びたかのように汗でびっしょりなのに対し、頭は違う反応で、非常に混乱します。

首の部分で、身体の情報がブロック塀にぶつかるように止まる、衝撃のようなものを感じます。

 

このケースでは体質的に薬は合わないとして、やめてしまいました。

 

うつになった時とは逆の事をする

肉食獣に追われて洞穴に逃げ込んだ状態がうつなら、その逆のことをします。

うつと太陽光には関連性があって、日光の照射量が少ない冬は、冬季うつというのがあるほどです。

 

だからなるべく太陽に当たるようにします。

外に出たくないので、身体を引きずるようにして外出をします。

 

最初はベンチに座っているのが精いっぱいでしょう。

徐々に広い芝生の上で散歩をして、脳に安全な状態だと認識させます。

 

 

太陽を浴びて、広い場所を歩き、身体で安全な状況を体感して、脳にインプットします。

散歩やジョギングなどをして、物理的に身体を疲れさせて、眠れるようにしていきます。

 

暖かい恰好をする

うつ状態の時は、末端の血管が収縮するような感覚があります。

うつでなくても寒い時には欠陥が収縮するので、これもあって冬季うつになりやすい可能性があります。

 

なので暖かい恰好をするという、単純な方法も効果があると思います。

 

症状の軽減

脅威から遠ざかった日々を送る内に、徐々に症状が軽減していきます。

しかし車の運転を忘れないのと同じように、キッカケさえあれば脳のネガティブな回路を最優先してしまいます。

 

うつは病気というよりも、脳にクセがつくようなものです。

完全に治癒する例もあるみたいですが、クセというのは意識しないと出てしまうものです。

 

一度うつになったら、以降はうつの兆候に注意しなければなりません。

 

 

深くものを考える

うつを好意的に捉えると、ネガティブな回路の強化があります。

うつの最悪期には、身体機能の維持しかできませんが、通常時にネガティブな回路を有効活用します。

 

例えば投資などはリスクというネガティブ要因を分析し、安全性を確認します。

うつで強化されたネガティブ回路を使い、何十通りもネガティブな要因を想定し、投資の安全性を考えます。

 

大勝はできないですが、負けの確率を下げる事ができます。