貯金を引き寄せた具体的な方法

引き寄せ

引き寄せに抵抗がある人は、アップルのスティーブ・ジョブズがやっていた禅の代わりの、イメージトレーニングみたいなものだと思ってください。

 

禅とかマインドフルネスみたいに頭を空っぽにするというのは、虚無な感じが結構むずかしいと感じます。

 

それよりも頭の中にイメージを浮かべる引き寄せの方が、無理なく続けられます。

引き寄せは禅と同じように日々のストレスを消して、気持ちをスッキリさせる効果があります。

 

それに、意味を見出しにくい日々の仕事と生活に、方向性を持たせられます。

一つの方向性を意識すると、日々の行動は一貫性が出て、努力が積みあがるようになっていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはリラックスする

他のページと内容が被るかも知れませんが、貯金(他のものでも)をイメージする前にリラックスをします。

 

まずストレスが溜まった状態をリセットして、そこに自分の願望を思い描く事で、目標としてセットされるようになります。

 

ストレスを感じた状態では、呼吸が浅くなっています。

原始時代のストレス源である肉食動物や天候は、カロリー消費を抑えてジッとしていればやり過ごせました。

 

しかし現代のストレス源である仕事は、翌朝には再びあらわれます。

だから積極的にストレスを解消する必要があります。

 

深く呼吸する

リラックス法は、夜に寝る前に行うのが効果的です。

ベッドなどで横になって

 

 

・鼻から3秒数吸う
・6秒息を止める
・口から6秒はく

 

無理がないレベルで、吸って・止めて・吐いての長さは変えて大丈夫です。

大事なのは、肺が酸素で満たされるようにする事です。

 

酸素は肺で吸収され、血液に乗って全身に届けられます。

このイメージをするために、肺を空気で一杯にしてください。

 

深く呼吸をするだけで、自分が安全な場所にいると感じる事ができます。

 

全身をリラックスさせる

緊張して手が震えるというように、緊張状態が出やすいのは身体の末端です。

だからリラックスする時は、末端を最初に意識します。

 

 

「私の右手はリラックスしている・・・」

 

など心の中でとなえて、実際に指先から手が

温かい・リラックスしている

 

と感じたら、徐々に腕・肩とリラックスさせる部位を上げていって、最終的に頭までリラックスさせます。

 

 

具体的なイメージを思い浮かべる

ここではわたしが貯金をした時のイメージで説明しますが、自分がかなえたい事をイメージする時の参考にしてください。

 

大事なのは、

『既に持っている状態』

を思い描き、その気分に浸る事です。

 

身体をリラックスして、ネガティブな感情を追い出した後にやります。

 

お金の上で寝ているイメージ

わたしはベッドではなく、床にマットレスと敷布団を敷いて寝ていました。

そのマットレスが結構分厚いものでした。

 

 

貯金を増やす引き寄せをしている時は、マットレスの代わりに札束を敷いているイメージをしていました。

 

その上に布団を敷いて、寝ている気持ちでした。

 

『お金がそこにある』

 

という気持ちが重要です。

くだらないと思ったらやらなくていいですが、やっても特にデメリットはないと思います。

 

もう一つのイメージ

もう一つの方法として、引っ越し準備で枕元にダンボールを積み上げていた時に、その箱の中身がお金だと思っていました。

 

 

全てが想像より実際にあるものを使った方が、具体的なイメージが浮べやすかったです。

特に寝入る時は現実と想像の境界があいまいになるので、効果が大きいです。

 

お金があるという安心感の中で、眠りに入って行きました。

 

 

効果の無い引き寄せ

通帳を見返して、たまにネットバンク経由のlotoの当選金が入っていました。

その額はわずか数千円です。

 

lotoの購入額は数万円なので、全く割にあいませんでした。

お金の引き寄せをしても、宝くじのように自分の行動があまり関与しないものは、効果が薄いように感じます。

 

 

引き寄せの本当の効果

最初の引き寄せは年収1000万円をめざした時でしたが、半信半疑ながらもいい効果がありました。

 

それは、どんな状況でも自分が腐らずにいられるという効果でした。

年収1000万円になるまでの間には、どうしようもない会社に入ってしまう事もありました。

 

その時でも、そこで吸収できる事はやろうという気になり、自分の価値を落さずに済みました。

自分の価値が落ちたと思ってしまうと、その後の選択は価値のないものを選びがちです。

 

新卒でつまづいた人が、その後でずっと変な会社を渡り歩いてしまうのは、失敗で自尊心を失うからです。

 

引き寄せで目標があると、失敗にも前向きな意味を見出す事ができて、再び元の道に戻りやすくなります。