引き寄せの法則を10年続けた体験談

引き寄せ

引き寄せの法則を簡単に説明すると、いつも嘘くさいと思われます。

『願った事が現実になる』

という単純なものだからです。

 

厳密には

『願う』というより『先に現実になったと実感する』

と言った方が正しいです。

 

わたしは主にお金について引き寄せの法則を実践しましたが、年収に関しては10年で現実になりました。

不思議な力の証明はできませんが、非常に確率が低い事が現実になったのは事実です。

 

人生に目的が無くて行動に芯が通っていない人には、一人で出来る引き寄せはオススメです。

やってデメリットになる事は何もありません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

引き寄せの法則で目標が明確になる

明確な目標を持った人の行動は、一貫性がありブレずに必要な事をしています。

人は何の目標もないと行き当たりばったりの行動になって、例えば転職も行ったり来たりするだけで地位が変わりません。

 

やりたい事を決めるというのは、意外と難しいです。

これは、目標を決めるというのをノルマを課すのと同じように、ネガティブに捉えているからです。

 

引き寄せの法則を使えば、自分の気分が良くなる事を想像して目標を決めるという事をするので、むしろ気持ちが楽になります。

 

引き寄せの法則で行動に一貫性が持てる

引き寄せの法則を10年続けられたのは、楽だからです。

決まった時間に何かをしないといけないだとか、行動を制限されるルールもありません。

 

それにノルマのような目標を掲げるのと違って、引き寄せの法則でかなえたい事を意識にセットしたら、後は自分の気分に沿って選択を決めるだけです。

 

細々としたリスクや困難を考えなくても、感情が勝手に選択を決めてくれます。

ただ、気持ちがたかぶる方を選択すればいいのです。

 

感情で決めて大丈夫?

社会に迷惑をかける人の多くが、感情で行動を決めているような人なので、拒否感を持っている人も多いと思います。

感情で決めたら、誰も働かないで遊ぶのではないか?

 

ですが、迷惑をかける人は無目的なのをごまかすために、遊びで埋めているから発展性がないのです。

 

単に感情で行動を決めるのと違って引き寄せで目標を設定すると、そこに近づく選択肢には快の感情が浮びます。

 

時には困難だと思える選択肢でも、挑戦に気持ちが昂ったりします。

これこそが引き寄せの法則の効果です。

 

 

引き寄せの法則は、寝ていれば叶うわけではない

ただ祈っていれば何もかもが現実になるわけではありません。

わたしの体験だと、引き寄せの法則は選択肢の正解を教えてくれるのであって、代わりに何かをやってくれるわけではありません。

 

必ず自分の行動が必要になります。

選択肢の正解を選ぶと楽しく行動できるので、結果として成功が返ってきます。

 

人生に安定感が出る

引き寄せの法則を実践する前は、ロボット掃除機のように何かにぶつかると適当に転職を繰り返していました。

 

それまでの経験が役に立たないような転職をして、ただ時間を浪費していました。

引き寄せの法則を実践すると、自分の目標に必要なものを自動的に拾うような感じになり、転職するたびに目標に近づいていきました。

 

すごく無駄が減って、過ぎた時間の分だけ自分に蓄積されるものが増えていって、安定感が増していきました。

 

 

引き寄せの法則で難しかったのは、執着しないで願うこと

引き寄せの法則で願いを自分の意識に刷り込む時に、いかに執着をしないのかが重要でした。

お金が欲しいと思っても執着してしまうと怨念のようになってしまい、嫌な気持ちになってしまいます。

 

そういう思いだと、願うものは逃げていってしまいます。

『欲しい』と願うと執着心になりやすいです。

 

それに、『欲しい』という願いは、『自分が持っていない』という気持ちを意識に刷り込んでしまい、『持っていない状態』を維持する事を引き寄せてしまう事にもなります。

 

「引き寄せの法則なんてない!」

 

と強く言う人は、恐らく強く念じていたのに叶わなかったと憤っているのだと思いますが、それだとやり方が違います。

引き寄せの法則は、既に持っている気持ちになる事で、執着心なく願いを意識に刷り込む事ができます。

 

 

引き寄せの法則は今でも続けている

年収以外にも貯金について3回ほど願い、3回とも叶いました。

わたしのやり方では、一度に大きな金額だとうまくいきませんでした。

現実感が伴う額でないと、できないようです。

 

だから一つが叶ったら、次の貯金額にステップアップするという方法が有効でした。

引き寄せの法則は無駄な行動を抑えられて、不安な気持ちになる事が少ないので、今でも続けています。