引き寄せの法則とは簡単に言うと、想像が現実なること

宇宙 引き寄せ
引き寄せの法則って何ですか?
習慣的に想像をした事が、現実になる法則の事です。

 

引き寄せの法則はウソとか効果がないと言われますが、少なくともわたしは年収1000万円を思い描き、30代の内に現実になった経験をしています。

 

偶然なのか引き寄せの効果なのか明確にはわかりませんが、どん底にいても絶望的な気持ちにならない効果はありました。

 

引き寄せの法則を知らない人むけに、わたしなりの解釈を書いていきます。

全く知らない人もいると思うし、少し知っていても信じられない人もいるかと思います。

 

わたしも半信半疑だったので、色々な角度から引き寄せの法則を考えました。

正直、まだ理屈を完全に理解したわけではありませんが、効果は実感しているので、今後もやっていきたいと思っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

引き寄せの法則とは簡単に言うと、想像が現実なること

続けていると、良い事が起こりますか?
道具や場所もいらず、気軽に続けられます。

 

簡単に言えば、良い想像をすると現実になるという事です。

逆に嫌な事であっても頭に思い浮かべると、それを引き寄せてしまいます

だから、良い事だけを想像するコツや習慣化が必要です。

 

想像というより、願いが現実になった時の気分に浸るという方が正しいです。

すでに満たされた気分になっていると、現実が後からついてくるというような。

一度でも経験したら、コツをつかみやすくなります。

 

わたしは半信半疑だったり、やり方を間違えていて、現実化するのに時間がかかりました。

わたしは10年以上やってきましたが、引き寄せの法則を始めた時に願った年収になった時、コツを掴んだ気がします

 

年収が大台に乗った時、宝くじに当たったような驚きの気分ではなく、自然な結果として受け入れた気分でした

無論、嬉しいのですが、すでに引き寄せの法則の中ではずっと達成していた事なので、現実になっても意外とは思いませんでした

 

振り返って客観的に考えると、学歴もなく何年もフリーターをしていたわたしには、起こり得ないはずの事でした。

自分の置かれた環境がひどい場合、自分を卑下してその場に相応しい人間だと思いたがる人がいます。

 

そんなやり方で自分を納得させてしまうと、そこから抜け出すことはできません

引き寄せの法則は、自分を好きになり大切に思う気持ちが芽生える習慣です

これだけでも、十分にやる価値はないでしょうか?

 

引き寄せの法則は習慣

なんだかちょっと怖いですが、オカルトですか?
不思議ですが、害はありません。

 

わたしはオカルトの類を信じていません

引き寄せの法則では、良い事を考える波動が慶事を引き寄せると言われています。

この『波動』という概念が抽象的で、拒否感がありました。

 

昔から「笑う門には福きたる」という言葉があるように、良い波動という概念は形を変えて意識されていたと思います。

それでも疑り深いわたしは、心理学や文化人類学や脳科学の本から得た知識を基に、引き寄せを解釈しました。

 

有名な心理学者のユングは、「集合的無意識」という概念を提唱しています。

これは人類に共通して存在していて、無意識の中でつながっているというものです。

情報通信が発達していない時代でも、世界で似たような神話や文化が起こったりしていました。

 

現代でも、プロモーションに力をいれていないものが自然発生的にブームになったりします。

脳の事を調べていくと、情報伝達する回路は電気の線と違って、完全にはつながっていません。

脳の回路には神経伝達物質を飛ばす部分と、それを受け取る受容体があります。

 

人の脳波を計る時にも、頭の周りに機械をつければ測定できます。

こう考えると、頭の中で考えた事が外部に影響する余地はあります

否定的な意見はいくらでも出せますが、出す理由がありません。

わたしは常に良い気分でいたいので、引き寄せの法則を習慣にしています。

 

イメージトレーニングに似ている

成功を想像すればいいんですよね?
成功した場面を想像して、その気持ちを感じてください。

 

引き寄せという言葉を知らなくても、実は同じ事をやっている人は居ます。

スポーツ選手のイメージトレーニングもその一つです。

オリンピックで緊張しないように、優勝した自分を思い描く行為などは、引き寄せそのものです。

 

普通の人でも、試験などが上手くいくところを想像する事はないでしょうか。

これらを体系化して、繰り返し行う習慣にしたのが引き寄せの法則です。

 

占いや催眠術のように、他の人の力を必要としません。

全て自分一人で手軽に行えます。

 

合わせて読みたい