引き寄せを始めた頃のやり方【ドン引き】

引き寄せ

 

毎回書きますが、引き寄せは他人に言うとドン引きされます。

 

それでも書くのは、読む方にとって有益だからです。

引き寄せがうさん臭いと思う方は、ストレスの軽減法として読んでください。

 

最初の就活の頃からわたしが実践して、

 

・年収1000万円
・貯金●円(非公開)

 

が現実になりました。

引き寄せの法則を20年くらい続けているのは、メリットしかないからです。

 

・コストはかからない
・面倒な事がない
・気分がいい

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

引き寄せを始めた頃のやり方

 

引き寄せの法則は、ただでさえ怪しいと思われやすいです。

 

その中でも、引き寄せをやり始めた頃のわたしのやり方は、ドン引き確実です。

それでも初心者の方には、やり方のコツを掴む糸口になると思うので、書いていきます。

 

本を買って自分なりの方法でやる

 

当時は引き寄せではなく、『マーフィーの法則』と呼ばれていました。

 

引き寄せの第一段階は、

良い気分でいると、好事を引き寄せる

 

という事なので、良い気分でいるのが基本です。

とはいえ当時はバイトで嫌な事が多く、年収も200万円以下だったので、良い気分になるというのが難しかったです。

 

 

感謝をする事で、良い気分になる

 

良い気分になる簡単な方法は、感謝をする事です。

 

感謝する事が何もない人は、自分が存在している事に感謝してください。

親が尊敬できないなら、もっと前の先祖でもいいです。

 

自分の存在を肯定する事で、

『良い事が起こるのが当たり前の人間』

という意識が植えつけられます。

 

感謝の方法

 

引き寄せの初心者は、頭で考えるだけでなく、身体も使うとやりやすいです。

 

わたしは夜寝る前に、寝具の上でリラックスして、手を合わせながら生きている事や先祖に

 

『ありがとう』

を10回つぶやく(声に出さなくても可)のを習慣にしました。

 

感謝をすると、既に自分に良い事が起こった感覚になります。

 

人に見せられない姿

 

もっと詳細に言うと、修学旅行の土産で買った如来像みたいなものに向かって、手を合わせて感謝していました。

 

これはもう人に見られたら、完全にアウトな光景です。

今だったら一人で勝手に、心の中で感謝の気持ちを抱けますが、当時は変な事をやっていました。

 

このあたりが、引き寄せは怪しいと言われる要因です・・・

 

とりあえずありがとうでもいい

 

感謝する対象がなくても、とりあえず

 

「ありがとう」

 

とつぶやくだけでも、効果があります。

 

ありがとうの習慣がつくと、日々の中で起こる小さな出来事の中に、幸運に感じるものが増えてきます。

 

引き寄せうんぬんではなく、単純に幸福感が上がるのでオススメです。

 

詳細:貯金を引き寄せた具体的な方法

 

引き寄せたい事を意識に刷り込む重要性

 

良い気分で居る事は、準備体操のようなものです。

 

引き寄せは、自分が望むものを意識にセットする事が本番です。

意識がほぐれたところで、欲する物を頭に浮かべます。

 

引き寄せが上手くいかない人は、イメージの仕方を間違っています。

次に正しいイメージの仕方を書きます。

 

想像するのは、願望が叶った時の自分の気分

 

例えばベンツが欲しい場合、

 

頭にベンツを思い浮かべても、単にベンツを見ている現実を引き寄せるだけです。

自分がベンツを運転していて、高揚した気持ちまで浮かべないと、うまくセットできません。

 

引き寄せに重要なのは、喜びの感情です。

先に喜んでいるので、現実になった時の驚きはありません。

 

わたしはこの感覚を、何度も体験しています。

 

お金の場合

 

わたしは欲しい物が特になかったので、とりあえずお金を引き寄せる事にしました。

 

想像する時は既に1,000万円をもらっている、という気持ちを想像しました。

お金があって満たされた気持ちで、胸を一杯にします。

 

そうすると精神に余裕が生まれて、現実でも良い選択をするようになります。

自然と年収1,000万円に近づく選択をし続けるようになりますが、無意識なので本人は不思議な力で引き寄せられたと感じます。

 

このように引き寄せというのは魔法ではなく、最良の選択・行動をする現実的な方法なのです。

 

無意識に任せる

 

無意識の領域に、叶えたい願望をセットするまでが、意識的にやる事です。

 

後は無意識が勝手に、カーナビみたいに行き先を指示してくれます。

その指示の仕方は、感情で教えてくれます。

 

だからわたしは、嫌な人がいたり理不尽と思った仕事は、辞めてきました。

 

貧しいと思うのが悪な理由

 

人はお金が無い状態に、病気と同じくらい大きな脅威を感じます。

 

貧しい人がより貧しくなるのは、余裕がない精神状態が、次の切羽詰まった現実(選択)を引き寄せるためです。

 

「ひもじい・・・」

と思っていると、次に起こる現実も、ひもじさを継続する物を引き寄せてしまいます。

 

だから

「お金がない・・・」

 

と思いそうになったら、その考えをすぐに否定をしてください。

引き寄せというのは、ネガティブでもポジティブでも引き寄せてしまいます。

 

お金の引き寄せをする時

 

日本の教育現場だと、お金を稼ぐことが浅ましい事みたいな空気感がないですか?

 

わたしも20代前半は、すごく損をする選択ばかりしていました。

お金に肯定的なイメージを持つために、福沢諭吉さんの言葉を紹介します。

 

『金銭は独立の基本なり、これを卑しむべからず』

わたしの人生でも、この通りでした。

 

お金が無い時は嫌な人に使われたり、理不尽な事が多かったです。

稼げるようになってからは、嫌な人と関わらない自由が手に入りました。

 

良い気分を覚えておく

 

引き寄せをする時に、願いものが現実になった時の気分を浮かべるのが重要というのは、さきに書いた通りです。

 

何か良い事があった時の自分の気持ちにフォーカスをあてて、その感覚をよく覚えておいてください。

 

記憶というのは、何度も出し入れをすると、思い出すのが容易になります。

わたしが引き寄せに慣れたのは、自分が良い気分の状態というのを、思い出すのが得意になったからです。

 

引き寄せが上達して起こった事

 

慣れるに従い、引き寄せで願ってから、現実になるまでの期間が早く短くなっていきました。

 

年収1,000万円を願った時には、10年くらいして現実になりました。

とっくに年収1,000万円の気分で生活していたので、特に驚きがありませんでした。

 

それくらい、現実感を持って想像をしていた事になります。

貯金に関しては、金額の設定を数回に分けて行い、設定する度に現実化の期間が短くなりました。

 

貯金の引き寄せは早かった

 

年収が上がっていたので、普通に貯金も貯まっていましたが、明確な目的はありませんでした。

 

1,000万円が貯まったところで、年収の次は貯金5,000万円を引き寄せる事にしました。

年収で成功しているので、貯金のイメージもしやすかったため、数年で到達しました。

 

 

年収UPは願っていませんでしたが、貯金を引き寄せた影響で、1,000万円を大きく超える額になっていました。

引き寄せというのは、こういった副産物が発生しやすいです。

 

5,000万円からは早い

 

5,000万円から数回、金額を上げてやりました。

 

その度に期間が短くなり、業績に応じた賞与や自社株によって、すぐに目標に到達しました。

そこから先、もっとお金を引き寄せる事も可能でしたが、自分がしたい事をしようと思いました。

 

 

20代に物書きに興味があった

 

20代の頃に、小説とかシナリオライターに興味がありました。

 

バイトをしながらで、自分でもどこまで本気だったかわかりません。

年齢を重ねて経済的な余裕が出来てくると、再び物書きが頭をよぎりました。

 

そして今、ここで文章を書いています。

年収・貯金、そして経済的な心配がなく、書きたい事を書ける生活が手に入りました。

 

これら全ては、自分が想像する所から始まりました。