節約の限界、教えます

お金の不安をなくす

 

わたしは現役時代から節約のおかげで、常に生活費が少なく貯金体質でした。

 

お金に不安がない状態だと、ちゅうちょなく転職できて、自分に最適な環境に移る事ができました。

 

節約で重要なのは、

『足ることを知る』

ことです。

 

この境地に達すると、我慢することなく食べ物がどれも美味しく感じ、生活費・娯楽費が全くかからなくなります。

しかし節約が快になると、肉体の限界を超えてしまう事があります。

 

わたしは今冬、足の指が凍傷にかかりました。

正しい限度を知って、貯金を貯める方法です。

スポンサーリンク

節約が肉体の限界を超える

 

禅の達人みたいに超越したのか、冬に暖房を使わずに過ごすのが、苦にならなくなりました。

 

電気を熱に変換するのが、一番電気代がかかるので、暖房オフは節約に効果的です。

 

 

調理にIHコンロなどを使っても、月の電気代は2,000円くらいで済みます。

 

夏の暑さは、パソコン作業の効率が下がるのでクーラーを使い、4~5千円くらいかかってしまいます。

 

着こめば身体の寒さは大丈夫ですが、足が問題でした。

モコモコのルームシューズを履いても、通気性の問題なのか、ひどくしもやけになります。

 

そこで薄い靴下だけか、裸足で過ごすようになりました。

それで凍傷になりました。

 

ある日、凍傷に気がつく

 

裸足で足を組んだ時に、何気なく足裏を見ると、一部が黒くなっていました。

 

写真はちょっとキツかったので、トレースして絵にしました。

 

ネットで黒いものを調べると、すぐにメラノーマ(皮膚ガン)とか出てくるのでビビります。

結局、凍傷であることがわかりました。

 

普通は人体が発する悲鳴で、凍傷になる前に対策をとりますが、脳が節約ハイの状態でリミッターがかかりませんでした。

 

ジョギングとかでも、ランナーズハイで体が老化するまで走ってしまう人がいますが、節約も限度がわからなくなってしまいます。

 

 

節約の限度を超えても良いこと

 

わたしの食費は、月に2万5千円くらいです。

 

もっと少なくする事もできると思いますが、食事で我慢をすると、他でもっと多く浪費します。

 

人間が原始人だった時代から、食は欲求の根幹なので、節約し過ぎずに2万5千円くらいを目安に使っています。

 

自然と一日2食になる

 

わたしは節約して貯めたお金で、早期リタイアを実現しました。

 

食事は最も、満足度を上げるようにしています。

 

生活サイクルを自分で決めると、自然と一日2食になりました。

3食というのは、会社の労働環境に合わせたものではないでしょうか。

 

それに1食の量を多くした方が、満足度が高くてコストは安いメリットがあります。

後はおやつを充実させる事で、毎日贅沢な気分で過ごせます。

 

節約で貧乏舌を手に入れる

 

貧乏舌はネガティブにとられがちですが、他人に料理を提供する料理人でもない限り、メリットが大きいです。

 

現役時代、わたしはデリバリーだけの食生活を送っていました。

その時の1500円以上の蕎麦と、スーパーで買った乾麺の蕎麦が、同じくらいの風味に感じられるようになりました。

 

乾麺でも茹でて冷水に通すと、シャキッとした手打ちそばっぽくなります。

実際には違うのでしょうが、外食しないで味覚がどん欲になると、蕎麦の香りが強く感じます。

 

コストは薬味とか揚げ物をつけても、200円くらいです。

 

 

寿司を食べなくて済む方法

 

デリバリーで生活していた時、一番お金がかかったのが寿司です。

 

デリバリーチェーンの寿司店を使っても、竜田揚げや茶わん蒸しをつけると4千円くらいになりました。

 

自作の場合、刺身はスーパーで夜の値引きで安く買えますが、食べるのは翌日になるので鮮度が落ちます。

 

それで落ち着いたのが、カニカマで巻きずしを作る事です。

 

酢+砂糖で酢飯を作って魚肉が入れば、

『寿司欲』

というのは満たされるのだとわかりました。

 

脳は完全に、寿司だと思ってくれます。

原価は200円ちょっとで済むので、毎日寿司を食べる事も可能です。

 

カゴメのケチャップに感激する

 

スーパーのノーブランドのケチャップから、カゴメのケチャップに変えてみました。

 

そしたら、酸味・甘味の奥深さに震えました。

こんなに違うものなのかというくらい、別物でした。

 

オムライスとかナポリタンは、材料費200円くらいで出来るので、ローテーションに組み込んでいます。

 

ケチャップだけで、かなりランクアップします。

 

娯楽費の節約はどこまでできるのか?

 

娯楽に関しては、リタイアしてすぐにスクーターを買いました。

 

125ccなので、割と遠出とかもできます。

ですが乗らないとバッテリーが上がるし、税・保険もかかります。

 

結局、所有している事を負担に感じて、すぐに処分してしまいました。

 

自転車も処分

 

サイクリングができるクロスバイクを持っていましたが、自転車保険の義務化に伴い処分しました。

 

持っているだけでコストがかかるものは、ストレスになります。

自転車保険の義務化に関しても、事故を起こす気質の人というのは、決まっています。

 

そういう人たちのために、自分の生活コストが上がるのは理不尽なので、自転車を手放してスッキリしました。

 

娯楽はジョギングで十分

 

人間は走っているだけで、気分がよくなる動物です。

 

あまり走れないならスロージョグという、ほぼ速足くらいの速度の走法だと、30分くらい続けられます。

 

それでいてウォーキングよりカロリーを消費し、心拍数があがってスッキリします。

スニーカーは3000円くらいのもので十分で、コースは無料です。

 

自由度の高さといい、今のところこれが最強の娯楽です。

 

登山もおすすめ

 

交通費がかかりますが、登山もオススメです。

 

道具は別にスニーカーとジャージでも、地元民っぽくすれば、恥ずかしい事はありません。

実際、地元の人ほど普段着で登っています。

 

登山は一度登ると、下山まで歩みを止められないので、強制的にトレーニングができます。

それに、人との交流に関してもストレスがたまりません。

 

変な人は、都市部とか安いエリアでとぐろを巻いていて、遭遇するとストレスになります。

山みたいに、自分から進んで苦しい思いをする人が来る場所には、あまり変な人がいません。

 

ステッパーではなく、足踏みで節約

 

家でパソコンを使う事が多いですが、スタンディングデスクのようにして、立って作業をす事もあります。

 

その時に、ステッパーを使うと楽しそうだなと思いますが、机の高さの問題で足踏みをしています。

ちゃんと足が疲れるし、心拍数も上がって脳のリフレッシュになるので、とりあえずは足踏みで十分です。

 

机の前で何時間も作業していても、ストレスはたまりにくいです。

ストレスが溜まると浪費に向かいかねないので、普段からちょっとずつ解消した方がいいです。

 

節約は不安感の解消に一番効果がある

 

わたしの年収は、会社からの報酬だけで最大2,500万円でした。

 

それでも不安感というのは、ぬぐえませんでした。

節約で生活費が小さくなり、貯金が積みあがっていく内に、人生の不安感がなくなっていきました。

 

よく稼ぎ・沢山消費するという、アメ車みたいな生き方を否定しません。

しかしわたしは、自分がコントロールできるくらいの出費というのが、心地よい消費だと悟りました。

 

物で溢れるのは苦痛だし、過度に高いブランド物は気を使うし、ほどほどの物を持つのが落ち着きます。

 

 

貯金に対して、生活費が少ない安心感

 

会社を辞める時、100歳以上の生活費を確保してから辞めました。

 

自由だけど、これからは収入がないというのは、やはり心細いものです。

しかし実際にリタイア生活に入ると、リタイア者の生活費のモデルよりも少なくて済んでいます。

 

投資で含み損を抱える事もありますが、生活費がかからないので、危機までは感じません。

先の不安があるから、誰もがムリな働き方をしてしまいます。

 

しかし、そんなにお金を使わなくても、満ち足りた生活を送る事は可能でした。

他人と競争する必要もなく、充足感のある毎日を過ごせています。