リタイア後の田舎暮らしをやめた理由

早期リタイア

 

リタイアする時、田舎暮らしをしようと思って家まで買いましたが、ギリギリのところで踏みとどまりました。

 

家の購入後に近所にあいさつ回りまではしましたが、ここで田舎暮らしの幻想が解けました。

この判断は、人生の中のナイス判断の一つでした。

 

著名な心理学者のユングは、晩年にこんな事を言っています。

 

「人間は、歳を取ったらアイデンティティーを変えてはいけない。」

アイデンティティーというのは、環境に身を投じて、長い年月をかけて出来上がった今の自分です。

 

若い頃には他人との接触の刺激で変化を受けたのが、40代くらいには自我が確立して、微動だにしなくなります。

 

この状態で田舎暮らしをする事が、非常にストレスに感じると思い、田舎暮らしをやめる事にしました。

スポンサーリンク

田舎暮らしをやめた理由

 

一番は、強制的に発生する人間関係を恐れたためです。

 

人とのコミュニケーションは、本来は良いものです。

人間は社会性のある動物なので、コミュニティに参加する事で安心する生き物です。

 

しかし、会社生活で十分すぎる程、コミュニティ生活を経験しました。

内向的なわたしみたいなタイプは、自分が折れる事でコミュニティ生活を無難に送る習性があり、ムリをしていました。

 

早期リタイアして渇望していたのは、田舎の静かな環境ではなく、人のノイズが少ない環境でした。

 

 

田舎暮らしのコミュニティ

 

都市部のコミュニティは、ほぼ会社だけではないでしょうか?

 

それが田舎に住むと、町内会や消防団など、私生活ごとコミュニティに組み込まれます。

地域そのものが会社のようなコミュニティで、しかも移住者は一番下っ端で参加する事になります。

 

会社なら出世をする事ができますが、町内会では完全に年功序列です。

 

付き合う人を選べない

 

近所に挨拶まわりをした時に、1軒の家で異様な感じを受けました。

 

経験を重ねると持ち物や住環境で、人格との相関関係が見えて、大体どういう人がやっかいなのか分かります。

 

それにわたしの場合、100人のうち1人でも嫌な人がいると、その人の存在が他の99人より大きくなってしまいます。

 

リタイアの最大のメリットは、嫌な人が居たら近づかない自由です。

地域コミュニティの強制的な人付き合いは、自由というリタイアのメリットを全て打ち消してしまいます。

 

家を買うまでわからなかった?

 

家を買って、草むしりや風通しにだけ通って、住まない内に売りました。

 

非常に無駄に見えて、これは田舎暮らしをやめるのに必要な出費でした。

株やFXで、トレードしたつもりのシミュレーションで練習する方法があります。

 

ですがこれで上手くいっても、お金を使ったトレードでは上手くいかないものです。

田舎暮らしに関しても、家を買って田舎に住む事を現実的に感じなくては、わからないことがあります。

 

本気で住む気持ちで田舎を見るために、家が必要でした。

家を売却する煩わしさを体感して、田舎暮らしへの憧れがスッパリとなくなりました。

 

 

家を買わなかったら、一生モヤモヤしていた

 

人生を左右する選択って、中途半端だと

 

『やらない後悔』

をいつまでも引きずってしまいます。

 

メンテに通っていただけですが、朝早めに行くと、町内会の人達が地域清掃か何かで集まっていました。

 

この光景を旅行者ではなく、家を持って根をおろそうという立場で見ると、

 

『自分もここに加わるのか・・・』

と現実味を感じました。

 

地域清掃はいい事ですが、この時は人生の強制イベントを無くしたい気持ちが、上回っていました。

 

田舎暮らしは否定しない

 

わたしは無限の自由を求めたので、田舎暮らしを断念しましたが、田舎暮らし自体は否定していません。

 

恐らくコミュニティの内部に入れば、楽しい事もあるでしょう。

相互扶助で、困っていたら助け合うような事もあると思いますが、これがわたしの性質には合いません。

 

内向的な人って、自分は誰かのために出来るけど、逆に誰かにやってもらうと心苦しくないですか?

結果、どこでも重宝されますが、本人は疲れてしまいます。

 

人と距離を置かないと、疲弊してしまいます。

 

歩いている人が少ない

 

満員電車とか都市部の人混みに疲れていると、人が少ない環境が欲しくなります。

 

でもこれって、リタイア生活に入れば容易に手に入ります。

人口が多い場所に住んでいても、リタイアをすると並行世界に入ったように、人との接触が減ります。

 

まず電車に乗らなくなるし、人が多い時間帯を避けて行動するようになります。

通勤・通学をする人とは、全く違う世界になります。

 

異世界に行くのに田舎暮らしは必要なく、ただリタイアするだけで住む世界が変わります。

 

田舎暮らしを選ぶなら

 

わたしが家を買った地域は、いわゆる悪しき田舎っぽさはない所です。

 

地名を上げると、わたしがあいさつ回りした人が傷つきそうなので、ここでは伏せますが、いい田舎はあります。

 

歴史というのは重要で、その地域の昔からの産業が地域性と深くつながっています。

農業・漁業・林業でどういう組織形態でやってきたのか。

 

これにより地域の繋がり方が決まってきます。

今でも、灌漑用水のトラブルで対立が発生したりするので、紛争の根幹は昔から変わってなさそうです。

 

新し目の宅地開発エリア

 

いわゆる新参の人が集まっているので、新旧の住人があいまいなので、入って行きやすいです。

 

不動産屋とかが持っている、個人宅の名前まで入っているような地図を見ると、新旧のエリアで名前が分かれているのがわかります。

 

古いエリアには、一族と見られる同じ名前が点在していて、新しいエリアは名前のバリエーションが豊富です。

 

ネットスーパー圏内なら車いらず

 

今ってマイナースーパーでも、ネットスーパーを始めています。

 

現地に行かなくても、ネットスーパーのエリアは調べる事ができます。

老人の買い物難民も、ネットスーパーのエリアなら起こりません。

 

別に車を持っても、維持費が安いので良いのですが。

わたしが買った家は、自宅に駐車スペースがあるし、近くには数千円の月極駐車場がありました。

 

 

どうしても詮索はされる

 

わたしが挨拶して回った時は、大体は普通に接してもらえました。

 

それでもやはり、何をしている人だとかは詮索されます。

現地の人達にとっても、よそから来る人は怖いもので、これは仕方がないことです。

 

それに、この警戒が地域の安全を保つことになります。

要注意人物が居たら、地域全体で監視をするので、普通の人は安全に過ごせます。

 

わたしは、他人に見られるのを気にする方なので、家に通う時の視線が気になりましたが。

ゆえに不審者が地域に侵入しづらくなっています。