ポイントカードが面倒なので、楽天系にまとめた件

お金の不安をなくす

店ごとのポイントカードって、わずらわしくないですか?

面倒な作業の割にリターンが少ない、ベルマーク運動の悪夢を思い出します。

 

わたしは店舗ごとのカードがスタンプカードの時代から、途中で無くす残念なことが多かったです。

だから基本的にポイントカードは作らない事にしていました。

 

しかし、これだけポイント還元が一般的になると、店もこの分を売値に上乗せしているので、何もやらないと相対的に損をすると思ってポイント活動をしようと思いました。

 

ポイントのために労働をしたくなかったので、一番楽な方法を考えた結果、楽天系にまとめる事になりました。

 

日常生活で勝手に貯まっていくので、すごく楽でした。

今まで年間で5,000円以上捨てていたので、もったいない事をしていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポイントは楽天にまとめた理由

〇〇payがキャンペーンをやった時、レジで『ペイ』っていうのが恥ずかしいし、スマホをいじるのも面倒なのでやりませんでした。

 

何か損をしている気になって、メガバン系のクレカのポイントを使おうと思ったら、あんまり貯まっていませんでした。

 

しかも支払いに変えられる下限を下回っているとかで、貯めても腐らせるだけでした。

大手キャリアのスマホのポイントも同じで、使わせてくれる気がないように思います。

 

信用されるからと言われてメガバン系のクレカを持っていますが、年会費だけでメリットがないので、1枚を楽天カードに切り替える事にしました。

 

楽天カードを作る

 

楽天に集約したら日常生活の中で、自然とポイントが貯まるようになりました。

面倒くさがりの人間にとって、ポイントの為にわざわざひと手間かけるのは辛いので助かります。

 

普通に買い物をしても1%の還元がありますが、楽天市場で買い物をするとその数倍が受け取れます。

 

通販はAmazonが多いですが、服や登山グッズは楽天市場で買っています。

後はスーパーで売っていないサツマイモなども時々、買います。

 

 

〇〇payが面倒なのでedy

〇〇payがポイントキャンペーンをしましたが、レジで『ペイ』って言うのが恥ずかしいし、スマホを操作するのが煩わしいので交通系ICで払っていました。

 

クレカはコンビニだと、自分で機械に差し込む必要があって、そのひと手間が面倒に感じました。

 

面倒くさがり過ぎと思うかも知れないですが、疲れてる時のコンビニでの買い物って、クラゲのように漂うだけで終わらせたくないですか?

 

交通系ICのように端末にタッチして支払えて、なおかつポイントが付くのがedyです。

楽天カード付帯のedyのポイントは0.5%ですが、オートチャージの設定で0.5%が付くので実質的に1%です。

 

なんかよくわからないポイントがつく

楽天カードを作っただけで、2,000ポイント=2,000円がつきました。

 

後はやたらとポイント〇倍というのがやっていて、それが少しタイムラグがあってつくので、常に何かしらのポイントがついている気がします。

 

どんどん勝手についていきます。

 

楽天銀行でもポイントがつく

楽天カードの前は、楽天銀行+デビットカードを使っていました。

楽天銀行もやたらとポイントがつきます。

 

電気・ガスやスマホの引き落としでもポイントがつくし、デビットカードの使用の度にポイント付与のメールがきました。

 

ただデビットカードだと銀行の明細に、こまごまとスーパー通いの記録がでるので、楽天カードに切り替えました。

 

金融機関のリスクヘッジのためにセブン銀行も使っていますが、楽天銀行ほどはポイントのメリットを感じないので、お金を預けているだけで使っていません。

 

デビットの選択

デビットカードでうっかり、JCBを選択してしまいました。

わたしが口座を作る時に、楽天銀行のページでJCBしかないように見えたましたが、VISAやマスターも選択できたみたいです。

 

JCBが使えない店が結構あって、スシローで払おうとしたら対応していませんでした。

店の負担率が高いので、VISAやマスターがOKでもJCBはダメという店があります。

 

 

楽天銀行の利息に驚いた

銀行の普通預金になんの期待もしていません。

メイン口座は支払いとかに使っていて、利息がついても振り込み手数料一回で無くなってしまう額です。

 

しかしメイン口座の数分の一しか預けていない楽天銀行の利息が、メイン口座の倍以上で驚きました。

 

しかも、わたしの残高だとATM手数料が月7回無料で、他行振り込みは月3回無料です。

 

メイン口座を持っていて良かったのは、小切手を現金化した時だけで、他は楽天銀行の方がメリットが大きいです。

 

外貨預金

銀行の外貨預金は、結構な手数料が取られます。

豪ドルを76万円分買うとすると、大手銀行より楽天銀行の方が1万円以上安いです。

 

760万円分だと、10万円以上の差がつきます。

しかもたまに優遇金利というのがつき、年利で2桁の事もあります。

 

FXのトレード経験があるので、銀行が外貨でこんなに使えるのかと驚きます。

 

楽天ポイントの経済圏に支配されるのがちょっと怖い

楽天のポイントはedyに変えてコンビニでも使えるし、ネットスーパーでもしょっちゅう使っています。

 

証券口座はメガバン系を使っていますが、楽天証券も開設してみました。

結局、IT系が既存業種を追い越す流れなのかなと思います。

 

ちょっと楽天系に偏り過ぎていて、楽天に何かあった時の手間が怖いです。

 

スマホさえ楽天を検討

大手のキャリアを使っていますが、どうやっても5,000円以下になりません。

機種を買い換えないと、新設の安いプランが使えないのだといいます。

 

長年の契約のお礼だと、たまに0.5Gの通信容量をくれます。(笑

楽天モバイルに切り替えれば1,480円で済むので、切り替えを検討しています。

 

つながり具合がまだ未確定なので、様子見しています。

 

娯楽はAmazonにまとめている

Amazonの指定日配送のためにプライムに入りましたが、今はプライムビデオと音楽を使っています。

 

いつの間にかオンラインビデオが普通になりましたが、DVDと違って入れ替えも置き場所もなくて便利です。

 

海外ドラマとかアニメなどの連続モノを一気に見ています。

自分の趣味ではないと思っていたジャンルを開拓するのに適しています。

 

 

Amazonもキャッシュバック

アマゾンギフト券に現金でチャージすると、キャッシュバックがあります。

率は金額によって違いますが、プライム会員のわたしは10万円をチャージすると2,500円がバックされます。

 

Kindle本や日用品を買うので、それなりに消費しています。

ただ現金でチャージしないといけないので、わざわざATMで操作の必要があるので面倒です。

 

ポイントは得ですが、そこにあまり手間をかけるのもナンセンスなので、楽天とAmazonに絞っています。