デキる社会人の外食はマクドナルドで節約する

ハンバーガー 社会人

外食はガツンとしたカロリーのためにあります。

大人が通う料亭とかもありますが、あれは悪だくみのための施設なので社会人の外食には含みません。

 

結局、人が求めるのはカロリーです。

原始人がアフリカから出てヨーロッパ・アジア・アメリカ大陸に渡ったのは、マンモスを追いかけての事でした。

 

人類の歴史はカロリーを求める歴史でもありました。

外食はカロリーさえあれば、8割方満足です。

 

残り2割を埋めるために、高級レストランに行く必要はありません。

安い外食のマクドナルドで、更に節約するのがデキる社会人です。

 

外食したくなったらマクドナルドへ

 

外食 = カロリー 

 

で満足する構図がわかったら、行き先はマクドナルドです。

フィレオフィッシュを2個とハンバーガーを1個食べたい時、

フィレオフィッシュ 330円×2
ハンバーガー 100円
合計 760円

 

しかもハンバーガーは肉のボリュームが物足りません。

これを社会人の問題解決能力でクリアします。

 

名探偵コナンのようなバラバラトリックを使う

マクドナルドでは、17時以降に+100円でパティ(具)を倍にできます。

 

倍フィレオフィッシュ430円
ハンバーガー 100円 ×2
合計 630円

 

を買い、ハンバーガーのパティを移動して一つのダブルバーガーを作り、余ったバンズに倍フィレオフィッシュの魚を一枚移動します。

 

 

名探偵コナンの犯人が使うトリックのように分解・再組立てをして、ここにフィレオフィッシュ2個が出現します。

 

くだらないと思うのはまだ早いです。

 

知恵を使うのが社会人のゲーム

パズルのように組み替えて、安く仕上げる知恵を使うのが社会人がやるべきゲームです。

仕事をしていてデッドロックにぶつかる事があります。

 

その時に知恵が働くかどうかで、社会人として生き残れるのかが分かれます。

問題をクリアしてきた人々は、常に周りにバカにされたり反対されたりしてきました。

 

周囲の常識を無視できる人が、道を切り開ける

新しい技術は、常に常識にとらわれない人が作り上げてきました。

普段から常識を無視しようというわけではなく、常識というルーティーンワークから抜け出す事が重要なのです。

 

他人にバカにされようとも、独自の方法で問題をクリアします。

マクドナルドのメニューを見て組み替えて遊ぶのもまた、問題解決のトレーニングです。

 

 

節約しても満足

老子は、

 

『足る事を知っている者は豊かに生きられる』

 

と説いています。

どんなに高級な肉を使っていても、ようやく獲れたマンモスの塊肉のおいしさには叶いません。

 

安い外食でも充分に満足できれば、豊かな気持ちで生きられます。

 

 

美食家なんて偉くない

主観で申し訳ないですが、美食家の雰囲気が苦手です。

偉そうで言い訳がましい印象があります。

 

『結局、食べてるだけでしょう?』

 

だったら、サーモンの寿司を10貫くらい連続で食べる子供の方が好感が持てるし、クックパッドにレシピを乗せてくれる人の方が尊敬できます。

社会人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
不安が多い人のための転職ガイド