加齢の変化を考えて、社会人寿命を延ばす方法

社会人

 

加齢の変化は、想像をしていても実際に起こると、人生観が変わるほど大きなものです。

 

二十代半ばで

 

「筋肉痛が翌々日にくるようになったよw」

というのは、全然わらっていられる状態です。

 

35歳以降の変化は

 

『人生が終わりに向かっている・・・』

と感じるくらい、深刻なものです。

 

社会人寿命を延ばす方法は、身体から変える事です。

スポンサーリンク

加齢の変化は、想像より重たい

 

ドラゴンボールで悟空がナメック星へ行く途中、重力を100倍にトレーニングするシーンがありました。

 

加齢によるしんどさは、それに似ています。

以前と普通に暮らしていても、身体が重いのです。

 

新陳代謝が落ちて、ぜい肉が付きやすいというのも一因ですが、重くて鈍くなります。

 

体力の転換点を迎えてすぐの時は、精神はまだ以前のままなので、思ったより動けない経験をします。

非常にもどかしいです。

 

ギックリ腰はぜんぜん笑えない

 

欧州ではギックリ腰を

 

『魔女の一撃』

と呼ぶみたいで、世界共通の症状です。

 

無理な中腰で、遠くのものを取ろうとした時に、腰の神経を直接つかまれたような衝撃が走りました。

 

背中に冷や汗をかくような感じで、『ギクリ』としたので、初めてでもこれがギックリ腰なのだとわかりました。

 

糸が切れたマリオネットのように、腰がガクンとなって、以降は動かすと痛みがありました。

腰骨の変なところを、ビス止めされたようになります。

 

何日も痛み腰をかばうように前かがみで過ごしたり、これが老人になったら毎日なのかと、暗い気持ちになりました。

 

疲労が回復しない

 

ぐっすり眠っても、疲労が回復しません。

 

体が軽やかな日というのが、滅多にありません。

 

『あ~、今日は疲れたなー』

という感じで、朝の目覚めが始まります。

 

よし、行こうかから5分かかる

 

お笑いの有吉さんが喫茶店に居て、若い女の子に促されても、グズグズして

 

「おじさんは、よし行こう!って言ってから5分かかるから」

と説明していました。

 

やろうと思い立ってから、行動するまで時間がかかります。

仕事に関しても、このパソコンの起動時間みたいなものを入れて働かないと、無理が生じます。

 

精がつくものを食べると、具合が悪くなる

 

古い車にハイオク燃料を入れるのと同じで、下手に精がつくものを食べてしまうと、かえって具合が悪くなります。

 

警察24時で、お年寄りの万引き犯が捕まると、大抵さし身を盗んでいますよね。

牛カルビとか盗んでいるの、見た事ないです。

 

 

加齢で性格も変化する

 

性格が変わるのは、歯の矯正と同じように、継続して圧力をかけた時です。

 

加齢による変化は、ずっと重しのようにのしかかってきて、性格を変えていきます。

色々な事がおっくうになり、新しい事をしなくなります。

 

子供がゲームで遊ぶのに夢中で、面白いからと親に勧めても、面倒でやろうとしません。

 

歳を取ると、経験から引っ張り出す

 

若い頃は経験が少ないので、新たに接した事を取り入れて、引きだしを増やすのに夢中になります。

 

この期間中に、自分が上手くできるものを見つけて、進路を決めます。

一方、歳を取ると新たな情報ではなく、過去の経験から答えを見つけようとします。

 

中年まで生き延びられたのは、過去の経験が正しかったと学習するからです。

新しい事を覚えられないのではなく、興味が持てないのです。

 

諦めが早くなる

 

体力が落ちると、去年出来ていた事ができなくなってきます。

 

それまでの人生では、努力するば上達する経験だけだったのが、努力しても落ちる経験をします。

こうなると、

 

『やればデキる』

という気持ちになり辛いです。

 

信長だって加齢で衰える

本能寺の変が起こる前、包囲された明智光秀を助けるべく、信長が直接出向こうとして、銃撃を受けてしまいます。

 

宮下英樹著 センゴク一統記3巻 講談社

 

その時のセリフとして

「往時(全盛期)の我ならば鉄砲は当たらなかった」

 

信長でさえ、全盛期は過ぎるものです。

その変化に対応して、拡大から充実へ切り替えるのが、中年以降の人生のテーマになります。

 

変化を受け入れる

 

右肩上がりで成長していたのが、下りに転じるとショックを受けます。

 

しかし、登山に例えると

『登って降りないままなのは、遭難するということ』

なので、下ることは自然なことです。

 

それに抗わず、変化に合わせる必要があります。

 

加齢の変化に対処しつつ働く

 

体力の転換点は、大体35歳くらいです。

 

この根拠は、ベンチャー社長を多く見てきて、体力と比例する行動力を重視するタイプが、35歳を過ぎてから失敗していったからです。

 

本当は思考する仕事にシフトし、社員の性質を見抜いて、動かしていくべきだったのに、いつまでも自分で動こうとした結果です。

 

行動力は確実に落ちていくので、その分を思考型の働き方で補うべきです。

半グレなんかも、35歳過ぎで立ち行かなくなる者が多いですね。

 

筋トレは有効

 

仕事の馬力が足りなくなるのと、筋肉は関連があります。

 

筋トレをすることで、社会人寿命を延ばすことが出来ます。

終わりかけたタレントが、時間を持て余して筋トレしたら、自信がついて再浮上したりします。

 

筋肉がつくと、仕事の瞬発力も戻り、加齢の衰えを少なくできます。

 

 

危機感も有効

 

会社に長くいると、慣れと地位に安心して、怠けてしまいます。

 

わたしの上の世代は、パソコンの使用を覚えず、部下にやらせようとする人達ばかりでした。

面倒な事をしなくても生きていける環境だと、勉強をやらないものです。

 

最近は中年になると

 

『役職定年』

と言って、地位をはく奪されるようになってきました。

 

最初から実力主義を前提にしていれば、いつまでも進化しようとしていられます。

 

権力のシステムがなくなった

 

前は実力が衰えても、権力を築けば安泰でいられました。

 

力のある若者に、権力で対抗して潰すことができました。

しかし、もはや中年の権力というのははく奪され、リストラの危機さえあります。

 

そういう時代なので、自分を磨き上げ続けていくしかありません。

 

 

早期リタイアした結果

 

わたしは早期リタイアして、自分の能力寿命を延ばす選択をしました。

 

会社という居場所を出た事は、無重力の宇宙に出たような、自由で心細い気持ちになりました。

その不安から脱するために、新しい事にどん欲に取り組む事ができました。

 

絶対にやらないといけない状況に追い込まれると、自然に活発になれます。

社会人
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
不安が多い人のための転職ガイド