HSPだと思う芸能人

内向的な人の仕事・生き方

 

HSP(超繊細な人)は人目を気にする感覚が強いですが、それなのに芸能人になる人もいます。

 

若い時の支配欲とか、自己顕示欲といった動物的な欲求が強い頃に、芸能界に身を投じます。

一見するとHSPっぽくない職を選んでいるように見えますが、HSPの才能を活かしています。

 

HSPの人は能力を活かす前に、疲れて家に引きこもってしまいがちなので、芸能人から活用のヒントを探してみましょう。

スポンサーリンク

HSPだと思う芸能人の有吉さん

 

有吉さんの面白さは、皆がうすうす思っていながらも明確にイメージしていない事を、言葉で形にするところです。

 

HSPは繊細な感覚で、多くの人が抱いているであろう事を感じ取れます。

それをアウトプットする話術のようなものは、長年の芸能活動の中で備わったものと思います。

 

単に繊細なインプットだけでは、HSPの能力は活かされないので、アウトプットの技術が必要です。

 

お金の使い方が保守的

 

芸能関係に進む人の中には、多動の癖があって、刺激を求める人が多くいます。

 

お金が入ると、途端に派手な生活をしはじめます。

また、その様子を見せたがります。

 

そういう人たちは35~中年あたりで、やらかしてペナルティを受けます。

それに対して有吉さんは、お金の浪費をあまりしません。

 

 

服を買いにデパートに行くための服がない

 

有吉さんがデパートで服を買えない理由に、デパートに行く服がないからと言っていました。

 

ファストファッションの服⇒ちょっと高い服⇒デパートに入れる

 

というステップを踏んだ後でないと、デパートに行けないというのが、人目を気にするHSPらしさです。

 

売れない時に、家に引きこもる

 

HSPの人の人生では、家に引きこもる期間が見受けられます。

 

有吉さんは一度人気が出て、その後でどん底になった期間、バイトもしないで家に引きこもっていたそうです。

 

外に出て、落ちぶれた姿を他人に笑われたくないという理由です。

腰は低いけど、笑われたくはないという強い信念があります。

 

そして貯金が尽きるギリギリで、再び売れ始めました。

 

引きこもりの期間

 

有吉さんは家でずっと、テレビを見ていたそうです。

 

刺激に敏感なHSPにとって、こういう外の刺激を制限した期間は、有効だと思います。

限られた情報から人を見抜く感覚が、研ぎ澄まされたのではないでしょうか。

 

自分がない

 

女性との付き合いの話で

 

『自分がないから、一緒にいても相手はつまらない』

 

と言っていました。

相手の顔色を伺ってしまい、つい相手に合わせてしまうHSPらしいです。

 

相手に合わせ続けた後は、一人になって回復したくなるので、なかなか結婚したがらないのもHSPらしさです。

 

プレゼントが苦手

 

自分が選んだものが、相手にどう思われるのかを考えてしまうので、苦手だそうです。

 

これも、相手を第一に考えてしまう性質が出ています。

相手の事を考えすぎて、勝手にプレッシャーを抱えてしまいます。

 

図々しい人だったら、自分が欲しい物をプレセントすれば、相手も喜んでくれるだろうと思います。

 

有吉さんが独身なのは気の回し過ぎで、誰かと一緒だと疲れるからでしょうか。

HSPの恋愛・結婚【独身を選択】
『HSPでも恋愛や結婚ができる』、というのは他の方にお任せします。 わたしが恋愛経験を経て独身を選択した結果、どのようになったのかを書いていきます。 人並みに男女交際を経験してきましたが、毎回つきあいが進...

 

待ち合わせに遅れない

 

これも、他人に負い目を感じたくないHSPらしさです。

 

電車が遅れるなどのバッファを取って、早めに待ち合わせ場所につき、そこが見える場所に立つのだとか。

 

あまり早く待ち合わせ場所に立つと、笑われたり、相手に気を使わせてしまうからだそうです。

仕事に車で行くときも、渋滞を見越して遅刻がないそうです。

 

この、自分が迷惑をかけてはいけないという、強迫観念に近い時間感覚も特徴です。

だからHSPは、日々の生活に疲れてしまいます。

 

HSPで疲れたこと
自身がHSPと気がついていない人もいると思うので、どういうものか説明します。 ・人混みが嫌い ・刺激に敏感 ・他人の悪意に敏感 ・傷つきやすい これだけだと、性格の問題とされがちですが、HSPの人は生まれつ...

 

人より細かい感性

 

普通の人は

 

体育会系=礼儀正しい

 

というステレオタイプなイメージを信じて、そこから先を深堀しません。

しかし有吉さんは体育会系の礼儀正しさが、身内や利害関係者のみに対してだと、看破しています。

 

その他の人達の前では、ケモノのようだと。

こういう、人よりも考えを進めて真理に辿りつくのが、HSPの才能です。

 

 

マツコさんのHSPらしさ

 

マツコさんも、有吉さんと同じく引きこもりの期間があります。

 

20代後半の2年間を、家で引きこもっていたそうです。

やっぱりHSPには、サナギから成虫になる、引きこもりの期間が必要に思えてなりません。

 

三十路に突入する時って、割と色々な事を考えます。

人間って身体が変化する年齢になると、様々なイベントが起こります。

 

それがHSPだと、引きこもりなのだと思います。

 

元は編集・ライター

 

マツコさんは編集・ライターとして活動していました。

 

引きこもりに入る前に手掛けたものが、作家の目に止まって、それがキッカケで引きこもりから脱してライターになりました。

 

ライティングというのは、読み手の事を考えて書く仕事で、HSPに合っています。

メジャーな雑誌の連載で、テレビ関係者の目にとまって、コメンテーターとして出演するようになりました。

 

本人から売り込んだわけではなく、声をかけられるあたり、実力に比べて自己評価が低い特徴が出ています。

 

気が付く点が細かい

 

最近の中華料理屋の話になって、チャーハンとか本格的でなくていいと言い出します。

 

基本しょうゆうでよくて、しょぼくれたサービスエリアみたいな味でいいのだと。

『チャーハンとラーメンが全く同じ味』

みたいなのでいいと言います。

 

種類がすくない調味料で作り回しているというのを、誰もが味をイメージしやすい、チャーハンとラーメンで表現しています。

 

これを計算ではなく、その場でできるのが、他人に配慮するクセがついているHSPらしさです。

 

HSPが人嫌いになりやすい事への対策
HSPの人生の序盤は、本当に非力で苦労しました。 基本的に攻撃力・防御力は低いし、お金がないので身を守る防具もないです。 そういう弱い人を見つけて、嫌な人は寄ってくるものです。 その時に受けた対人ス...

 

家から出ない

 

長い休みがあると、服を着ないで一日中家にいるのだそうです。

 

HSPは普段の刺激をシャットアウトし、一人の時間で回復をします。

一人になりたいという欲求が、普通より強いです。

 

人間は社会性のある動物なので、群れでいる事で安心します。

そういう点で、一人が落ち着くHSPは特殊な存在です。

 

HSPは後伸びタイプ

 

有吉さんもマツコさんも、後伸びしています。

 

有吉さんの若い頃は、ヒッチハイクの企画で人気が出ましたが、あまり続きませんでした。

繊細な感覚を持っていても、まだあまり培っているものが少なかったり、アウトプットが上手くなかったように感じます。

 

マツコさんは元々は美容師の志望だったようですが、本人が違うと思って編集に進んだそうです。

恐らく接客のような事をしていたら、人に対して考えすぎて、もたなかったろうと思います。

 

 

HSPと人付き合い

 

HSPは、刺激を好まないので人付き合いを拒む傾向があります。

 

ですが、有吉さんもマツコさんも、その才能を知る人達によって引き立てられました。

人付き合いを完全にシャットアウトしてしまうと、自己評価が低いHSPの人は、引きこもりっぱなしの可能性があります。

 

知り合いがいなければ、何らかの形で外部にアウトプットをすることで、可能性が広がると思います。

 

HSPの才能というのは、社会の人々に発見されて初めて、価値が出ます。

 

HSPの芸能人を参考にする

 

HSPの芸能人は、生き方の参考を与えてくれます。

 

有吉さんもマツコさんも、皆がモヤモヤっと考えている事への

『共感力』

 

が高く、多くの人に

『よくわかってる』

 

と思われています。

この共感力の高さが、収入につながっていると言えます。

 

一般のHSPも、『共感力』を軸にすると収入につながりやすくなります。

 

共感力を収入にする

 

芸能人の場合は共感力を喋りに使っていますが、一般の仕事にも共感が必要な分野は多いです。

 

例えば多くの人が使うサービスを設計する場合、利用者の視点に立つ必要があります。

自分より他人を優先するHSPは、この能力が高いのです。

 

そして設計というのは、作業系の仕事よりも収入が多いです。

お金があれば、HSPのデリケートな精神を守りやすくなります。

 

 

ひきこもり期間を許容する

 

有吉さんもマツコさんも、ひきこもりを経てから飛躍をしました。

 

HSPは敏感で傷つきやすいので、ひきこもり期間を要する事が多いです。

この間にインプットをしまくって、一回り大きくなって復活をします。

 

復活した後のお二人は、堂々として仕事も自分のリズムをつくって、こなしているように見えます。

 

一般の仕事をしている人も、

「そろそろ、ひきこもりの期間が必要かな」

 

と、冬眠の感覚でこもれば、自分はダメ人間だと失望しないで休息が取れます。