通勤電車が遅延するの、そろそろ減らしませんか?

不安とストレス

電車が遅延すると、少なく見積もって5万人がつらい思いをします。

しかし遅延に対して意見をしようとすると、

 

『体調不良な人を優先するのは当たり前だろ!』

 

って怒られて、そこで遅延を減らす改善案の話しは打ち切られてしまいます。

一方的に大上段から叱りたいだけの人、多くないですか?

 

奴隷船みたいな状態は、明らかにおかしいです。

 

体調不良の人が出るのは仕方がないというのは前提で、いかに遅延を減らすのかという案です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まず、あなたの遅延ストレスを測る

日々の遅延で、あなたのストレスはどれくらい溜まっているでしょうか?

混んだ車内で

 

前の人のえり足がモジャモジャなのを見て、イラッとしたらストレスが溜まっています。

 

普段なら何てことない事なのに、他人の髪のえり足が耐えられないのは、神経がむき出しの状態だからです。

 

何が起きても憤怒する状態です。ご自身が爆弾岩(刺激を与えると爆発するモンスター)になったと思って下さい。

 

ですが、そんなモンスターを誰が作ったのでしょう?

そう、満員電車なのです。

 

遅延が常態化している

首都圏の鉄道では、毎日どこかの路線が遅延しています。

影響を受けるのは少なく見積もって5万人ですが、実際はそれ以上でしょう。

 

その中に入院中の親が危うくて急いでいるとか、持病を抱えた人もいるはずです。

そういった5万人の辛い思いが、無視されている気がしてなりません。

 

耐える人ほど負荷が溜まり、それが後の大病につながるかも知れません。

 

 

体調不良の遅延を減らす

まず体調不良になるのは、人間なので仕方がないというのが前提です。

起こる現象は仕方がないとして、どうやったら確率を減らせるかです。

 

急病人を責めているのではなく、遅延に遭遇する5万人の苦痛を取り除く観点からの案です。

 

月曜に体調不良が増える場合

以前会社で月曜に体調不良とか、午前中にグッタリした人がいました。

その理由が休日に遊び倒したとか、オールをしたとかの理由でした。

 

これって仕方がない事でしょうか?

 

仕事のシワ寄せは、体調を整えてきた人が被る事になります。

『困った時はお互い様』と言いますが、遊び倒した人が静養して仕事に備えた人に、一方的に負担をかける構図でした。

 

体調不良を起こしやすいなら、月曜に備えて土日は静養してもいいのではないでしょうか。

その上で体調不良を起こすなら、仕方がないと受け入れやすいです。

 

 

体調不良というのは病気の手前なので、静養が足りないサインです。

電車で体調不良になりやすい人には、土日の静養を推奨します。

 

それでも体調を崩すなら、会社の近くに引っ越すとか、自宅近くの職場に変える選択肢があります。

 

 

急病の原因を教えてほしい

急病という結果も、過程によって判断がわかれます。

不摂生な生活が原因なら、それを電車に持ち込むのはマナー違反に思います。

 

荷物の挟まりで遅延するのを防ぐ

荷物の挟まりは、通常は一瞬で解決するはずです。

しかし実際はゴタゴタして、しっかりと遅延します。

 

荷物の挟まりに関しても、起こってしまったら仕方がありません。

 

だからそういう人は今後、カバンの持ち込みNGにして、ポケットに入る荷物だけで通勤をしてもらいます。

 

 

 

荷物の挟まりは駆け込みが多い

駆け込みで荷物が間に合わずに挟み込み、というのはまだマシな方です。

乗車が間に合わないので、荷物を挟んでドアを開けてもらおうという人もいます。

 

そういう人は、エレベーターのドアと同じ感覚で、挟めば開くと思っています。

たまに2~3分で次の電車がくる山手線の駅の階段を、混んでいるのに走る人がいますが、山手線が初めてで1時間に1本しかないと思っているのでしょうか?

 

急いだりテンションが上がったりすると、絶対に失敗をして周囲に迷惑をかける、ミスタービーンみたいな人はいます。

 

金曜の夜に発生する、車内清掃による遅延

金曜の夜も狙いすましたように遅延が発生して、一番ウキウキする時間を潰されてしまいます

アルコールくさい電車で、自分の許容量をわからずに酒を飲んだ人が戻します。

 

遅延の影響を受ける5万人の中には、子どもと約束していたお誕生会に間に合わない人も出ます。

 

約束を破られた子供は、親を・社会を信用しなくなり、やがては反社会勢力になっていきます。

被害者の中には、そんなストーリーだって生まれかねないです。

 

車内清掃による遅延を回避する

ドアの下に開閉式の小窓を用意します。

 

 

手前に開いて、受け口のような状態になります。

 

利用者はそこにしゃがみこんで、飛沫が床に飛び散らないようにして吐きます。

 

 

吐しゃ物は走行中の電車から放出されるので、電車が停まる事もありません。

 

電車は一応、周囲に飛散を知らせるため警笛をならします。

毎回思いますが、数千円かけて飲んで食ってそれを戻すって、虚しくならないんでしょうか?

 

 

電車で吐く理由

吐いた人から距離を置くと、『日本社会の冷たさ』みたいに、人格否定より大きな攻撃を受けます。

 

けど、吐く理由によって様々です。

 

例えばウィルス性の胃腸炎なら吐しゃ物で感染するので、健康な人が嘔吐する人に緊張感を抱くのは、致し方ない反応です。

 

つわりによる嘔吐であれば仕方がない事だし、おめでたい事でもあるので、前向きな気持ちで手を差し伸べる事ができます。

 

飲酒による嘔吐の場合は、駅に正座の刑が正しい対処です。

 

関連:飲み会に行きたくないサラリーマンは空気が読めないのか?

 

踏切に立ち入りで遅延

踏切に立ち入って遅延が発生するのは、沿線の民度です。

民度が低い人は仕事ができないので、路線価が安い場所に集まりやすいです。

 

彼らは5分先の予測行動さえできないので、仕事は常に行き当たりばったりです。

予測というのは現状の状況から未来を予測する事で、論理性が必要な作業です。

 

これが全くできない人がいて、移動も仕事も行き当たりばったりの行動をします。

だから常に緊急事態のようにテンパっていて、踏切を無理に渡るような行動をして、周囲の人に迷惑をかけます。

 

『どうなるか予想すれば、やってはイケないってわかるでしょ!?』

 

という説教は通用しません。

彼らの世界には、未来の時間軸はないのです。

 

他罰的な人

他罰的とは、何でも他人のせいにする人の事です。

 

自分がやる事は

『仕方がないだろ』

で済ませますが、他人のミスには厳しいです。

 

彼らは頭の回路が逆さまについているかのように、いつも不正解の方ばかり選択します。

 

だから他人より仕事や生活が上手くいかないので、自分だけが損をしているという被害者意識を持ちます。

その損を取り戻すために、皆が我慢する踏切をショートカットするのです。

 

程度の低い人がいつも怒っていたり、反省がないのはそのためです。

 

街の民度がわかるポイント

バス停の並び方で、その街の民度がわかります。

民度が低い人たちは、いつも二択で不正解の方を選びます

 

 

バス停の並び順は、周辺の混雑を考えて合理的なルールになっています。

しかし民度が低い人たちが多いと、迷惑な逆側を選びます。

 

色々な場所で彼らの行動を観察すると、他人に迷惑をかける選択肢を、無意識の内に選んでいるかのようです。

 

異なる民度の人が接すると、負担を強いられるのは常に民度が高いほうです。

 

関連:バス停の並び方で頭を抱えた件

 

街の民度がわかるポイント2

うるさいスクーターが走る街は、民度が低いです。

 

程度が低い人は、分不相応に注目を集めようという欲があります。

 

小さいスクーターしか買えないのに、マフラーを改造してうるさくします。

裕福でない街で育った人は、スクーターとはうるさいものだと思っていませんでしたか?

 

スクーターは最初から、蚊トンボのような音を立てたりしません。

前にうるさいスクーターが信号無視した時に、顔を正面からじっくり見たら、原人みたいな顔をしていました。

 

現代社会をあまり理解していないようで、わたしには

 

『走る― いそぐー ウホッッホ』

 

みたいな原人の声が聞こえた気がしました。

 

本当の急病人のためにシミュレーションをする

いざ急病人を前にしたら、きっとわたしはオタオタするだけです。

だからAEDの使い方を調べました

 

気が利いた機械は、ディスプレイにアニメーションで手順が表示されます。

しかし、これでさえテンパって工程を見落としました。

 

機械の中には音声だけで工程を説明するものもありますが、

 

『ランプが点灯』

 

と言われても、どのランプかわからずパニックになりました。

メーカーによって機械の仕様が若干違っているので、一回シミュレーションする事をオススメします。