就職が決まらない人のその後が、99%大丈夫な理由

社会人

 

学生から社会に出る時って一生の身分が決まってしまうような、不安な気持ちが大きくなります。

 

正社員になれなかったら生涯貧しい生活になるとか、極端な考えをしがちです。

その結果、就職が決まらないと焦ってしまい、存在意義のないような会社でもいいから卒業までに内定を取ろうとします。

 

・C級証券会社で損をする金融商品の販売
・太陽光の歩合制営業
・サブリース賃貸の営業

 

こんな仕事、やりたいですか?

わたしは就職が決まらなくても99%大丈夫だと断言できます。

 

なぜなら就活に自信が無さ過ぎて、わたしは就活から6年逃げ続けましたが、30代からは大企業平均より高い年収をもらっていたからです。

 

卒業後に始めて就いた仕事は交通誘導のバイトだし、正社員になるため初めての就活で入った会社は半年で辞めるデタラメさでした。

 

社会人の出だしなんてそんな感じでも、後でいくらでも軌道修正ができます。

 

スポンサーリンク

就職できないと不安になる心理

 

学生時代が終わって新たな社会人時代が始まるので、時代の転換期は不安定になりやすいものです。

 

知らない世界に足を踏み入れる時、人間は不安になりますが悪い事ではありません。

むしろ、不安になって色々と警戒した方がいいくらいです。

 

就職できないのは失敗ではなく、不安になり過ぎてしょうもない会社に就職をする事が失敗です。

わたしはフリーターの6年間、交通誘導とか荷物の仕分け・ビルの窓ふきなどをやりましたが、後の適職のITとは全く違うキャリアで、随分と無駄な時間を過ごしました。

 

バイトで良かったのは仕事を辞めるのが惜しくなかったので、細かく方向転換ができて、後の自分の適職探しのヒントになった事です。

 

新卒で内定がゼロでも不安にならなくていい理由

 

これは不安というより、卒業までに就職先が決まっていないとカッコ悪いという気持ちが大きいのではないでしょうか。

 

他の人が進路が決まっている中、自分だけ決まっていないという取り残され感。

けどこれは一時の恥であって、一生の恥ではありません。

 

むしろ一時の恥を受け入れた方が、後半で巻き返しやすいです。

新卒で入る会社なんてどうせ定年までいないんだから、決まるのが遅くても本当にどうって事ないです。

 

 

内定がないと、プライドが傷つく?

 

プライド=自尊心

というのは、自分の中で何かを築き上げた人が持つものです。

 

何も築いていない人が内定がなくて感情が高ぶるのは、コンプレックスが強いだけです。

コンプレックスを受け入れて原動力にするのが正解で、ごまかすために変な会社に就職してお茶を濁すのは不正解です。

 

後に採用面接の時に新卒で就職しなかった理由を聞かれても、なんとでも言えます。

わたしは無職期間などもあったので、面接・書類対策を徹底してやりました。

 

その結果、壮大な物語のような志望動機などを作る手法を編み出し、未経験・志望職種に滑り込む事ができました。

 

このあたりは別カテゴリーにまとめているので、よかったら色々と読んでみてください。

 

就職できないからって、お茶を濁さない

 

お茶を濁すというのはどこでもいいからと、必要のない仕事に就くことです。

 

仕事なんてやってみないとわからない所があるので、やってみたら自分に合っている仕事もあります。

ですがこの世に必要のない仕事は、どこまで行っても無意味です。

 

どういった会社が必要ないのか、一言で言えば

『自分の親に売りたくないものを売る仕事』

です。

 

例えばどんなものがあるのか、いくつか書いていきます。

 

B級証券会社で無価値な金融商品の営業

 

金融商品とは株を例にすると、証券会社が選ぶ株の詰め合わせみたいなものです。

 

その『ファンド』と呼ばれるものを商品として客に販売します。

客は自分で株を選定する手間がないですが、購入の手数料と毎月の管理手数料が取られます。

 

それで儲かればいいのですがゴミみたいな銘柄が含まれていて、儲からないものが多く見られます。

客が損をするのをわかった上で、営業目標のために売りつけます。

 

客を騙してお金を巻き上げるのが真っ当な仕事でしょうか?

 

サブリース賃貸の営業

 

土地を持っている人に、アパート建てませんか?と言う営業です。

 

「そのアパートはウチが一括借り上げして、毎月いくら払うので10年で黒字になります」

と説明して契約しますが、数年後に採算が合わないとかで、一括借り上げの賃料を下げてしまいます。

 

駅から離れたへんぴな場所に、ぽこぽこアパートを建てたって入居しませんが、客には儲かると思わせる営業をします。

 

こんな話、自分の親がされたら怒りませんか?

 

 

研修で名刺交換

 

新宿とか渋谷に居た(今もいる?)、研修と称して名刺交換をするのは、変な不動産会社の新入社員です。

 

名刺交換をする練習だと思って応じると、名刺を不動産営業の資料にされます。

彼らが扱うのは、買った人が儲からない投資用マンションです。

 

わたしは渋谷で初めて遭遇した時フリーだったのもあって、交換できないと帰れないという男と交換してしまいました。

 

そこから10年以上、休日の夜に投資用マンションの営業電話がくるようになりました。

こんな迷惑行為をするために人は生まれてきたのでしょうか?

 

じゃあ就職できない場合は、どんな仕事をすれば良いのか経験談を書いていきます。

 

零細でもいいので、興味のある分野に進む

 

わたしが26歳で初めて就活した時に入った会社は、数十人規模の小さなシステム会社でした。

 

人数が多いと思うかも知れないですが、客先常駐の多い偽装派遣会社みたいなものなので、わたしは十数人しか目にした事はないです。

この会社を選んだのは、興味のあるシステムの分野でわたしが入れるレベルだったからです。

 

ですが不毛な徹夜も多いし(わたしは1度でやらなくなる)、作業がぶつ切りでスキルも上がらないので半年で辞めました。

次に営業の仕事をしましたが、システム会社よりも合わない仕事でした。

 

システム会社の経験があったので、次の仕事にITベンチャーが頭に浮かびました。

そこでITベンチャーでもシステム会社と少し違う、ネット広告業界に入って成功しました。

 

バイトでもいいから経験する

 

ネット広告業界に入る時、システム会社の経験を最大限に膨らませて、システマチックに仕事が出来ます感をアピールしました。

 

言葉だけでは信用されないので、面接に勝手にノートパソコンを持ち込みました。

この方法はかなりオススメです。

 

資料のおかげで、わたしの職歴の空白期間に話が及びませんでした。

 

面接に自己PR用の資料を持ち込む理由
面接で臨機応変にしゃべるのが苦手ですが、どんな自己PRをしたら良いですか? 事前に資料を作って持ち込みましょう。 わたしは会社で採用業務や、面接官の監督と採用基準の策定などで多数の書類を読...

 

例えアルバイトでもいいので、行きたい業種の経験を積むとステップアップしやすいです。

 

バイトでもいい

 

わたしがフリーターを辞めたのは、警察官に怪しまれたのがショックだったからです。

 

ハメを外さなければ、バイトでも生活はできます。

それに社員は解雇されにくいと言われますが、実際はデスクワークから草むしりに異動とか、辞めたくなるように追い込まれます。

 

それだったらバイトでもいいので自分が興味のある分野に入って、実績を積んだ方が良いです。

雇用側の経験で、バイトでもそつなく働いてくれる人は社員として欲しくなります。

 

そのハードルは、そんなに高いものではないです。

 

興味のある分野がなければ、嫌な業種を避けるだけでもいい

 

わたしは接客業は絶対できないし、営業も人疲れするし、やりたくない業種ばかりでした。

 

そして消去法でネット広告業界を選ぶという、後ろ向きな仕事選びでした。

けどそこで自分が楽しいと感じる仕事に出会い、学生がゲームのドラクエをプレイするくらい熱中しました。

 

最初からやりがいを求めて仕事を選ばなくても、嫌な業種を避け続けて天職に出会う事もあります。

就職が決まらなくても焦らず、ゆっくりと天啓を待ってください。

 

新卒は自分の強みを知らない

 

新卒で就職が決まらないのは、むしろ良い事のような気さえします。

 

北欧だと大学卒業後に数年間、自分がやりたい事を探す期間があるので新卒の概念はないそうです。

確かアメリカもそんなような価値観と聞いたことがあります。

 

その方が合理的な考え方です。

だって新卒の時に、社会人としての自分の強みなんてわからないですよね?

 

自分の強みがわからないで選ぶ会社なんて、どうせ後で辞める事になります。

 

誰にでも強みはある

 

わたしの強みは、人一倍の臆病さでした。

 

これはなかなか気が付かなかったです。

あるいは、情けなくて認められなかったのかも知れません。

 

20代の終わり頃にようやく自分の臆病さを受け入れる事ができて、その時から強みに変わりました。

 

臆病のどこが強みなのか?

 

原始時代に豪胆な人は、洞穴を見つけると真っ先に入っていったでしょう。

 

ですがそこがクマの穴だったら、どういう運命をたどるでしょう。

臆病で洞窟に入らなかった者は、助かる事ができます。

 

会社の仕事でも、臆病さが必要な仕事はあります。

臆病と言うより慎重と言い換えられます。

 

臆病な人は想像力を働かせて、起こりえるトラブルを予想する能力に優れます。

予想したトラブルを未然に防ぐ仕組みを考える事で、スムーズに仕事が回ります。

 

わたしはこの能力で、平均以上の年収を稼ぐ事ができました。

社会人の出だしは人並み以下でしたが、後半で盛り返す事ができました。

 

 

まとめ

・就職できないからってお茶を濁さない

・零細企業でもバイト入社でも構わない

・小規模でも自分が興味のある分野に進む

社会人
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
不安が多い人のための転職ガイド