人身事故で通勤電車が遅延した時の絶望

電車の遅延 不安とストレス

人身事故の被害者は、遅延に巻き込まれる普通の乗客です

都市部の通勤電車の人身事故は、多い路線だと月に2~3回は遭遇します。

 

仕事はじめの月曜の朝とか、1週間が終わって休めると思う金曜の夜ほど、狙いすましたように遅延が発生します。

 

普通でも満員電車なのに、人身事故で遅延が起こると

先進国ではない状況になります。

 

人身の遅延はパワハラ残業と同じことなので、絶対に起こしてはいけません。

スポンサーリンク

人身事故による遅延は、やるせない気持ちになる

普通の人が、こんなヒドイ目にあう

 

途上国のデモ隊と警官隊を見ていて

 

『これって日本の満員電車と同じだな・・・』

と思います。

 

警官隊に押さえつけられて、腕がねじあげられたりするのは、満員電車でも起こっています。

逮捕されて5人くらいしか入れないスペースに、15人くらい入れられてひしめくのも、全く同じです。

 

これって人権問題じゃないですか?

 

恐らく鉄道輸送されるブタの方が、待遇がいいだろうなと思いながら通勤をします。

 

しかも、人身事故はまぁまぁ発生します。

 

人身事故で電車が遅延したら、裏切られたと思うワケ

 

ラッシュ時の電車は15分も遅れれば、混みすぎて乗り切れない人が出てきます。

 

人身事故では1~2時間ストップするので、通勤は拷問に変わります。

しかも尋問もされず、単に拷問をされるだけなので終わりが見えません。

 

あるタレントが人身事故に遭遇して、駅でサラリーマンが悪態をついているのを聞いて、

 

「後ろから蹴ったった」

 

と誇らしげに言いました。

 

しかし、このタレントが毎日電車に乗って通勤し、遅延を頻繁に経験しても同じ気持ちでいられるでしょうか?

 

悪態をつかないまでも、

「何でラッシュ時に人身事故を起こすのだ?」

 

と思うのは自然な感情のはずです。

 

人身事故は痛ましい事ですが、当事者も毎日通勤していたら苦しみはわかっているはずです。

 

同じ通勤客側の立場なのに、どうして苦しい思いをさせるのかと、裏切られた気持ちになります

 

仕事が辛いという中に、通勤電車の割合は結構あります。

遅延に遭遇し続ける事が、ストレスとなって精神を病む事もあり得ます。

 

それでも通勤客は、だまって我慢しなければならないのでしょうか?

 

 

人身事故に不満を言う人に『不謹慎ですよ』と注意する人

 

人身事故に不満を言うと

 

『人が亡くなっているのに不謹慎』

と注意する人がいます。

 

こういう人って、普段から慈悲深いのでしょうか? 

 

わたしは、そうは思いません。

数万人の中には薬を飲みながらギリギリで通っている人や、早く帰って明日に備えないといけない人もいるはずです。

 

時間を奪い苦痛を強いるのは、パワハラ残業と同じです。

不謹慎という人が本当に慈悲深かったら、遅延に巻き込まれた数万人の苦しみに、同情するはずです。

 

普通の通勤者を批判したい人

 

日本のスポーツ選手が、海外で移動に乗せられた車で交通事故に遭ったのに対し、ケガが軽度で安心という投稿がされました。

 

これに対し

『現地の運転手が亡くなっているのに不謹慎。冥福を祈るべき』

という批判の返信がされました。

 

そういう人は、知らない人には冥福を祈る割に、身近な家族を罵ったりしています。

 

人間を含む動物は、大事にする優先順位があり

家族>所属するコミュニティ>その他

となっています。

 

不謹慎と言う人は、家族と上手くいかない感情を、

『普通に働く人たちへの嫌悪感』

として抱きます。

 

だから重箱の隅をつついて『不謹慎だ』と叱りたいのです。

彼らは普通の人を、いくらでも罵ってもいい相手だと思っています。

 

人身事故の遅延は時間が長いので影響も大きい

人がひしめく

 

人身事故での遅延は、時間がかかるので振替輸送が行われます。

 

普段乗りなれていない路線の駅まで、バスで移動して電車に乗ります。

その路線もカオスに混みます。

 

混んでいるので体調不良の人が出て、その路線も遅延が発生します。

小学校の朝礼で、貧血で倒れる児童が必ずでるのと同じように、体調を崩す人は出てきます。

 

こうして複数路線で遅延のコンボが発生します。

 

電車だけでなく、駅のホームもソンビ映画のワンシーンみたいに、人がひしめき合います。

大げさではなく、これが頻繁に発生している事です。

 

遭遇する回数が増えると、事故を痛ましいと思う前に、

 

『この状況になるのわかってるでしょ?!』

という気持ちになってしまいます。

 

 

人身事故の被害者は誰?

 

不可抗力の場合は、当事者が被害者です。

 

しかし、故意によるものだった場合、被害者は遅延に巻き込まれる数万人以上の人たちです。

 

被害者だと明確に言わないと、数万人の事情や健康状態が、全く問題にされないからです。

 

 

病気というのは、身体が抵抗する力が無くなった時に、治らない大病に発展します。

それに、どうしても遅らせる事ができない用件で電車に乗っている人もいます。

 

何の落ち度もない、数万人以上の人が被害に合っています。

 

結果がわかっているのに、故意に電車を止める行為は、テロをする人と変わらない行動選択です。

 

人身事故現場で、写真を撮らない方がいい理由

 

戦場や災害現場を撮影する報道に

 

『撮ってないで助けろ』

という議論がたまに起こります。

 

人身事故でも、写真を撮るのが不謹慎と言われます。

しかしこれとはまったく違う理由で、わたしは事故の写真を撮らない事を勧めます。

人は良い事でも悪い事でも、興味があるものに引き寄せられていく性質があります。

日常の微細な選択をする時、意識の片隅にある事が判断に影響します。

 

つまり、事故の写真を撮ってしまうと、無意識のうちに自分に損な選択をする可能性があるからです。

 

 

通勤電車に乗らないという選択

部屋でリラックス

 

わたしは、普通の人より通勤電車に乗っていません。

フリーター期間をのぞいて、会社員として決まった電車に乗っていたのは、多分6~7年くらいだと思います。

 

通勤電車が辛すぎて、会社の徒歩圏に住みました。

身もふたもないですが、解決策はこれしかありません。

 

内向的な人は自分より他人を優先するので、電車通勤では気持ちがヘトヘトに疲れます。

 

仕事にも影響してくるので、家賃が高く部屋が狭くなろうとも、会社の近くに住む事をお勧めします。

満員電車に乗らないで済むと、人がそんなに嫌いでなくなります。