副業のFXで180万円儲けたけど、人にオススメするか迷うワケ

実体験に基づく投資のやり方
FXって簡単そうですが、実際はどうなんですか?
簡単そうに見えて、損をしている人は沢山います。

 

わたしがFXをやっていて、通算で儲けたのは180万円くらいです。

 

この額だけを聞くと、お小遣い稼ぎになると思うかもしれません。

しかし、FXは寝ていれば儲かるというものではなく、相応の勉強が必要な頭脳労働でした。

 

FXは株式とも連動しているので株式投資が理解しやすくなったし、外貨は銘柄が絞られているので相場感覚を養うのに最適です。

 

授業料が必要なく、逆に180万円もらって勉強したようなものです。

このページの前半部分では初心者の方が大胆なトレードをしないよう、FXの危険性について書いています。

 

既にFXの危険性を認識している方は

 

どうしてFXで儲ける事ができたのか?

あたりからお読みください。

 

スポンサーリンク

FXで180万円儲けたけど、まったく割に合わないと感じる理由

FXって、上か下かの二択ですよね?簡単に思えるんですが…
理屈はそうなんですが、想像と逆の方向に動くのがFXです

 

副業で180万円儲かれば十分と思うかもしれませんが、逆に180万円損をする可能性がありました。

 

外貨の勉強をして資金を用意して、更にリスクを負った対価として180万円だと儲けた気にはなりません。

 

ポジション(外貨)を持っている期間は、日々の世界情勢がダイレクトに自分のサイフに直結するので、ピリピリします。

 

漫画で解説 FXで儲けたショボい方法

 

わたしはオンラインサロンとか必勝法の販売とか何もやっていないので、カッコつける必要がありません。

皆さんに実際のFXはこんなものという現実を知ってもらうため、生き恥をさらします。

 

FX初期のころ、自動で現在値を取得して予想を出すプログラムを作りました。

シミュレーション段階で失敗とわかりましたが、もし運用していたら破産しているところでした。

 

次に国の状態を調べて、大まかな予想をする方法に切り替えました。

それで米ドルと目星をつけて、ドルつながりで豪ドルも買ったりしました。

長期予想はあっていても短期的には入るタイミングを誤り、買ったら即下がりました。

 

 

1年以上、含み損に耐え続けることも。

 

 

こんな風に市場の端っこで生きながらえていると、まぐれ当たりがあります。

 

FXを始める前は月に500万円くらい儲かると思っていましたが、実際はこんなものです。

 

だから爽快な気持ちの時はなく、FXの広告記事みたいにバーで飲むとかはありえないです。

 

 

なんだかんだ生き残れたのは、レバレッジ(信用取引)を使わなかったからです。

原資の貯め方は下記を参考にしてください。

貯金を増やす方法で最も有効だったのが貧困トレーニング
わたしは大したスキルがないですが、貯蓄だけは割と上手くできた気がします。 株とFXの利益(売買益+配当・利息)が1,000万円くらいで、節税関係は面倒なので調べもしませんでした。 それでも貯金だけで何歳まで生きられるのか...

 

FXは確率二分の一で儲かるので簡単なはず

お金

 

FXがすごく簡単に儲かるというイメージを捨ててもらうために、ちょっとテンションの下がるお話をします。

 

割と厳しいという事を知っている人の方が、生き残れます。

 

テンションを下げたくない方は、下記から読んでください。

どうしてFXで儲ける事ができたのか?

 

FXは通貨が上がるか下がるかの二択です。

 

 

宝くじの確率が1%よりはるかに低いのに対し、FXは上か下かを当てるだけで儲かるゲームです。

株が会社の数だけ銘柄があるのに対し、FXは米ドルだけ調べれば売買できます。

 

こんなに簡単そうな要素ばかりなのに、FXで生活している人はほぼいません

専業の人の多くは、しばらくすると退場(失敗して身を引く)していきます。

 

解説をするアナリストも、当て続けられる人は居ません。

攻略本を出したと思ったら、予想を外して姿を消していきます。

 

FXは、多くの人が予想したのとは反対に値が動きます。

 

▽お金には習性があります

お金を追いかけると逃げる理由
お金に関する記事なので、まずわたしとお金の関係性を書いていきます。 わたしは社会人スタートがフリーターで、月収15万円以下(社保とか全然ナシで)を経験しました。 そこから就職・転職を繰り返して、大企業平均より高い...

 

FXをやると自分が信じられなくなる

簡単なはずなのに外し続けて、自分が嫌になります
FXで精神をエグられていきます

これが一番辛いです。

 

FXのルールを勉強して、これならイケると信じた方法が次々と裏切られます。

 

確率2分の1のゲームのはずなのにどうして勝てないのかと、自分が信じられなくなります。

『自分は無能なのか?』

という疑問が湧いてきます。

 

 

予想に反した値動きで動揺して、更に損失を広げます。

判断ミスを連発して後悔ばかりします。

 

FXによる寝不足も、精神に影響を及ぼします。

通貨の値動きが活発になるのは、日本時間では夜中です。

 

気になって夜も眠れなくなり、チャートから目が離せなくなりノイローゼ気味になります。

精神を病む対価として180万円の儲けでは、割に合いません。

 

仕事が不満でFXを考えている人もいると思いますが、切り口を変えて再検討してみてください。

年収が高い企業の選び方【2,500万円まで経験】
わたしは未経験の会社への中途入社で、確か23~25万円くらいで募集している会社に入りました。 雑居ビルにある会社だしそんなに給料が上がるとは思っていませんでしたが、1年くらいで月給60数万円に昇給しました。 ...

 

なぜFXで勝てないのか?

 

外貨の値段は上がったり下がったりを繰り返しています。

 

儲けるには下がったら買って、上がったら売ればいいだけです。

どこが上下の値段の目安なのか、図の上下の外側の赤い線であらわされます。

 

ドル円チャート

 

しかし、この目安が大きく外れる事があります。

それがいつ外れるかが不明なので、大きな損失が出てしまいます。

 

黒ひげ危機一髪のようなものです。

儲けは小さく、負ける時は大きく負けます。

 

FXの本を買うと、損切りという項目が出てきます。

自分の意に反して通貨が下がったら、多少損をしてでも即座に売るのが損切り=ロスカットです。

 

FXでは、いくらまで下がったら自動でロスカットをする設定ができます。

ロスカットにより大きな損失を免れ、再び売買に挑戦すればいいというのがセオリーです。

 

しかし、実際は教科書通りだとロスカットばかりされます。

 

最終的には予想通り上がるのに、その前に一旦下がってロスカットされてしまいます。

この小さな負けを何度も繰り返すと、一生勝てないような気になってきます。

 

FXのレバレッジは自分の判断力を超える

 

FXの特徴は、手持ちのお金が少なくてもレバレッジ(その数倍)取引が出来る事です。

 

レバレッジが10倍まで可能だとすれば、10万円で100万円分の米ドルが買えます。

レバレッジはお得なようで、リスクが高いものです。

 

自分がコントロールできるお金の額は、仕事で稼げる額と比例します。

小学生に100万円を渡しても上手く使えないように、レバレッジで資金を手にしてもコントロールができません。

 

 

どうしてFXで儲ける事ができたのか?

 

まず大きな理由として、FXの特徴であるレバレッジを使わなかった事があげられます。

 

レバレッジを使うと、FXが一気にリスクのあるゲームになってしまいます。

『このラインを割り込んだら強制ロスカットされる』

という恐怖心から、正常な判断ができなくなります。

 

冷静でいられるのは、自己資金の範囲内だけです。

 

FXは勝ち逃げで儲け続ける

 

FXを始めた頃に儲けている人を参考にしていました。

そういう人たちを二年くらい観察していると、嘘みたいに失敗していきました。

 

サイクルとして最初に勉強を頑張って、緊張感を持ってトレードをして成功をする。

慢心して微細な変化に気がつかず、負けが止まらなくなる。

 

 

こんなサイクルです。

FXで勝ち続けたら、逆に警戒のサインです。

 

だからわたしは一旦、勝ちが続いたらそこでやめてクールダウンをする期間を設けます。

数ヶ月なり年単位なり、株に移ったりしてFXを忘れます。

 

そうして再び、FXをやりたいという意欲が高まってからトレードに復帰します。

それでもミスって、含み損を抱えてしまいますが。

 

勝ちパターンは常に変化する

 

必勝パターンを見出して、それを活用して儲かったとしたら勝ち逃げの時期を模索してください。

 

FXのチャートのパターンは流動的で、一つの勝ちパターンがハマッて儲け続けられると感じた時が潮時の可能性が高いです。

 

人や企業は成功法則にとらわれがちですが、常に過去の成功法則にとらわれて没落していきます。

 

勇気を持って過去の成功を捨てる事で、新しい成功が入ってきます。

 

損切りしなかったから儲けられた

 

FXの教科書の最初の方に出てくる損切りですが、わたしは一切しませんでした。

 

外貨は買うだけで、売りはしなかったので、

 

『下がっても10年保持すれば利息でトントンになる』

 

という長期塩漬けの覚悟でやっていました。

もし教科書通りに損切りを繰り返していたら、トータルで損失が出ていました。

 

注文時に機能を使わなかったから儲けられた

 

FXには注文時に、

 

『いくらになったら買って、いくらになったら売る』

という予約機能があります。

 

これを一切使いませんでした。

 

教科書にはIFD注文など予約が基本のように書いていますが、重要指標では上下に激しく動いて予約注文を刈り取っていきます。

 

最近では平時でも首脳のツイッターで敏感に動いたりするので、ますます使えません。

 

FXで初めて65万円儲かった時

 

アメリカの重要指標の日に、事前に決めた方向で読みが当たって 一晩で65万円儲かった事があります。

 

日中に仕事をしてからの夜中のトレードなので、かなりボーッとした状態でのトレードでした。

 

トレードを重ねていく内に、疑心暗鬼が重なって正常な予想ができなくなっていくため、ビギナーズラックは初期の邪念がない時に限られます。

 

FXのトレードは夜中になる

 

FXには事前に

 

『〇円になったらロスカットをする』

とか

『〇円になったら買う』

 

という命令がセットできます。

しかしこの事前予約を見透かしたかのように値動きがあり、ロスカットされていなかったら儲かるというパターンが多くあるので、リアルタイムで画面に張り付いてトレードをしました。

 

値動きが活発なアメリカ時間に合わせると、夜23時以降のトレードになります。

眠れない中でのトレードは中々キツいです。

 

FXは、大きな視点で見ると儲けやすい

 

ドル円相場によく使われる、アメリカの雇用統計ですが、こういった指標でFXをやるのは危険です。

 

わたしも初期に使っていましたが、発表される事前予測の精度が悪すぎて、振り回されるだけでした。

 

これらの指標は先々を予測するものではなく、過去10年分くらいを見て、その国の状態を判断する資料に使っています。

 

歴史のように大きな視点で見た方が、儲けやすい事に気がつきました。

 

単発で見て

『よし、次の雇用統計は上がりそうだぞ!』

 

という使い方は、リスクが高すぎます。

 

とりあえずアメリカだけ見る

 

お金は世界の中で、

 

アメリカ:その他の大陸

でいったりきたりしています。

 

アメリカがデフォルトの危機の頃に、EUや中国にお金が集まっていました。

中国なんかでは日本のバブル期以上に、誰も住まないマンションを建てたり、金余りが極まりました。

 

その状態を見極めて、わたしは再びアメリカにお金が戻ると確信しました。

このアメリカを軸にしたお金の流れを見ていれば、勝率は上げられます。

 

細かな経済指標に振り回されるより、年単位の大きな流れでトレードをした方が、資産の積み増しにつながります。

 

 

個人なら長期でトレードできる

 

FXは、資産を運用する法人と同じ土俵で競うゲームです。

 

情報力や資金力では法人に叶わないので、彼らができないトレードをします。

法人には決算があり、それに合わせて利益を出す必要があります。

 

彼らは無駄に長くポジションを持ち続ける事が出来ません。

個人なら、数年単位の長期でトレードする事が可能です。

 

FXに必勝法がない理由

 

FXの必勝法を本やネットで多く見かけますが、実践してみれば勝てない事がわかります。

 

為替には波があって、その間にたまたま儲かったやり方を必勝法と銘打って販売します。

しかし、その頃にはもう同じ手法は通用しなくなっています。

 

必勝法を売り出した人も、いつの間にかFX界から消えています。

経験すればわかりますが、FXは流動的で定型のパターンは生じません。

 

手数料が安い外貨預金と思っていた方が、堅実に稼げます。

 

FXは儲けようと思ったら負ける

 

FXでお金を得る気持ちは、異性との付き合いに似ています。

 

異性と付き合おうという気持ちが強いと、肩に力が入って異性が逃げていきます。

気の無いフリをすると、異性の方から近づいてくるような関係性とお金は似ています。

 

絶対に儲けようと一晩中チャートを見ながらトレードするより、お金を放り込んで放置した方が利益の額が大きかったです。

 

だから、すぐに使うお金ではなく、長期間必要のないお金でFXをした方が勝つ確率が上がります。

 

FXの勉強に高い本はいらない

 

FXをやる人の行動が読まれているのか、FXの本はやたらと高いものが多いです。

 

わたしは入門編から、5000円~1.5万円(!)の本格的な本まで買いました。

結論から言うと、安い入門編の本だけで十分です。

 

高い本の必勝法は、それっぽい事が書いてあるだけで、何通りにも解釈できてしまうようなものでした。

 

値段が高い方が

『これだけ高いのだから当たるだろう』

 

と思う人が多いのでしょう。

わたしもそんな心理戦にひっかかった一人です。

 

関連:投資のやり方まとめ~株とFXで損をしない方法~

 

FXと株の比較

 

FXと株は、値動きに決定的な違いがあります。

 

 

株は過去100年を見ても、右肩上がりを続けています。

株に限らず物価も右肩上がりで、例えば昭和初期のタクシー初乗りは50銭でしたが、その後は右肩上がりを続けています。

 

平均すると右肩上がりですが、物の中にはパソコンのメモリなど技術革新で安くなるものがあります。

 

株も銘柄によっては下がりますが、平均すると上昇を続けています。

つまりお金と株(物)の場合は、長期的な取引ほど勝ちやすくなります。

 

それに対してFXは、通貨同士の取引なので右肩上がりとはいきません。

 

▽株の方が利益が大きかったです

副業の株式投資を8年やって儲けた額
株で資産を増やしたいです 株式投資には、それなりの苦痛が伴います。 それでもやりますか? 株式投資を8年やって稼いだのは、約800万円です。 『少ない』 と感...

 

FXは日本円vs海外の通貨

 

FXは

お金 対 お金

の力対決のようなものです。

 

例えば日本は少子化で円の価値が下がっていくと言う人が多いですが、果たしてそうでしょうか?

日本の国力が落ちたとしても、相手国の国力がもっと落ちれば円は安くなりません。

 

なので株のように、ゆっくりと右肩上がりというワケにはいきません。