不景気なニュースは見ない方がいい理由

不況ニュース 面接の不安を解消する
ニュースを見ると、不景気なことばかりで転職できるか不安になります。

 

テレビとか新聞のニュースは、あまり真に受けなくなりました。

基本的に危機を煽るものや偏向が多いし、今はSNSで当事者の生の声が聞けて、そちらの方が精度が高いからです。

 

株とFXをしていますが、ニュースに惑わされて何度もチャンスを棒に振りました。

ここでも不安を煽るニュースが多いです。

 

会社の面接が、生きるか死ぬかの瀬戸際みたいに思えてしまうのには、不景気だという思い込みがあります。

 

これに落ちたら氷河期の荒野に放り出されてしまうという恐怖から、緊張でガチガチになってしまいます。

 

私が知っている限り、テレビのニュースでは20年以上、不景気としか言っていません。

不安を煽った方が注目を集めやすいので、ニュースは偏っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつも不景気な事しかニュースにならない

インタビュー不景気

なぜかちょっと、嬉しそう

私が社会に出る頃には、90年代バブル経済が弾けていました。

 

その頃からテレビで景気関連の話がでると

「今は不景気で」

 

という言葉しか出てきません。

 

一体、いつと比べて不景気なのでしょうか?

バブル経済時と比べてなら、不景気なのかも知れませんが、バブル経済が異常なだけです。

 

繁華街でタクシーを止めるのに、普通のサラリーマンが1万円札をヒラヒラさせて、タクシーを確保するって下品じゃないですか?

 

まるでソドムの市(修羅場・地獄絵図)みたいで、異様だったのをうっすら覚えています。

 

 

それに、街の魚屋さんとかにマイクを向けると、店主は

「いやぁ~、だめだね。今は不景気で」

とか言います。

 

個人商店の業態が時代に合っていないだけでは?

専業主婦が夕方に買い物に行くというスタイルから、共働きの人たちが会社帰りに買い物をするというスタイルに変化しました。

 

魚屋さんも、目利きを活かして定食屋の業態に変化させた所は繁盛しています。

 

ずっと同じ業態で商売を続けるのは、相当に難しいです。

株価で言えば、最低の約7,000円が2008年でした。

 

業種選び・適職に巡り合っていたというのもあり、特に大変な事はありませんでした。

リーマンショックとかもありましたが、全く影響ありませんでした。

 

平成バブル崩壊後でも、人々は就職していました。
大けがしたのは投資をしていた人です。

 

関連:就職氷河期世代だけど、いつあったのか実感がない件

 

ニュースはネガティブに盛る

悲観的な情報

不安を煽る方が視聴率あがる

人は、身の危険を避けるための本能から、ネガティブな情報に大きな反応を示します

これを利用して、うさんくさい教授なんかが

 

〇〇は食べたら(飲んだら)アブナイ!

なんていう本を出して、お小遣い稼ぎをします。

 

ニュースにも似たような所があり、とりあえず不景気だと言っておけば、視聴率が稼げます

その結果、やたらと不安を煽るようになってしまいました。

 

新興宗教が、不安を煽って高い数珠を買わせるのと同じことです。

これを真に受けて、不景気だから会社に受かりにくいと自分に刷り込むと、緊張で面接はガタガタになります。

 

FXをやっていた時は、ニュースを信用しなかったおかげで、損をしないで済みました。

 

ネガティブなニュースを無視した結果

コネも学歴も職歴(フリーター)もボロボロだった私でも、就職をして、自分に合った仕事に就けました。

 

ニュースの景気動向を気にしていたら、アルバイトで滑り込んだ職場に居続けていたかも知れません

 

ネットでポジティブ・ネガティブ両方の情報を取り入れ、自分で真実に近い形にしてください。

ものの見方に多様性が生まれるし、不自然な情報を無視できるようになります。

 

情報を統合して正解を出すという作業は、仕事力の向上にもつながります。

この記事にたどり着いている時点で、あなたは自分から情報を探せる人です

 

そういう人は、人生が必ず好転していきます。

続けていれば、人生の歯車がハマる瞬間がおとずれるでしょう。

 

関連:ネガティブな人は、否定的な意見を無視した方がいい理由