不安を感じやすい人のための面接対策

面接官と応募者 面接の不安を解消する

面接対策で一番重要な項目にあげたいのが

 

『面接は運ゲーなので落ちても気にしない』

 

という事です。

就職氷河期で落ち続けた人は、トラウマになって就活を諦めてしまった事が最大の悲劇でした。

再起する気概があれば、面接の精度は上がっていきます。

 

面接官が人を見抜く能力があると勘違いするから緊張をするし、落ちた時に人格否定されたようなダメージを負ってしまいます。

 

面接官とか広報に回されるのは秀でているからではなく、できる事が無いので消去法で決められている事がよくあります。

 

だから緊張しないで『ダメな面接官を助けてあげる』くらいの気持ちで面接に臨んでください。

一番やってはいけないのは、自己否定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面接対策は落ちても気にしない心構え

すごく入りたい会社の面接に落ちるとガッカリしますが、すぐに反省点の分析に入ってください。

問題点が漠然としたままだと、自分の人間性に問題があるのではないかと考え込んで、卑屈な人間になってしまいます。

 

自分で自分を見捨てなければ、いくらでも向上は可能です。

仮説でもいいので問題点をピックアップしたら、改善点を考える事で精神にダメージを負う前に気持ちが修復ができます。

 

面接官を助けてあげるつもりで

会社でどこの部署にも向かない落ち着きのない人というのが、広報や面接(人事)に回されがちです。

それすらできないと、社内で漂うだけの人になります。

 

その面接官の問題を共に解決してあげる心づもりで面接に臨むと、緊張しないで済みます。

もし面接官が失礼な態度を取ったら、入社後に出世して勘違いを正してあげてください。

 

面接が上手くいくイメトレは有効

細かな問答のシミュレーションより、上手くいった時のイメトレをひたすら繰り返す方が有効です。

面接官は応募者の発言を瞬時に処理する事はできません。

 

雰囲気の演出には自信のある態度(偉そうでなく)が有効なので、イメトレにより受かったつもりで面接に臨んでください。

 

面接の話術がなければ聞く力を鍛える

アウトプットが苦手なら、インプットを正確にする事で補えます。

テレビ番組でMCがコメンテーターに質問をすると、コメンテーターが質問とは外れた返答をして

 

『んっ?!』

 

という空気に包まれるのを見た事はないでしょうか?

 

あれはコメンテーターが事前に考えていたコメントを言いたいがために、質問をちゃんと聞かないから起こる現象です。

 

面接官の質問を正確に理解し、質問内容が不明ならその点を聞いてから回答をしてでも、ちゃんとしたキャッチボールをこころがけます。

人は自分の話をちゃんと聞いてくれる人に好感を持ちます。

 

増してや、日々の面接でズレズレの回答が多いと感じている面接官なら、質問に正確に返すだけで好感度がアップします。

 

 

面接用に職歴のストーリーを考えておく

職歴に空白があっても一貫性がなくても、自分史でつなげてしまえば大丈夫です。

退職理由に関しても、親の事がちょっと心配だと感じた瞬間があれば、親の介護のために退職したと説明できます。

 

わたしの場合は雑誌等の現像所のバイトを、マスメディアに興味があった事にして、後にITメディアの面接に通りました。

 

職歴の事実に自分史を重ねて、一貫性のあるストーリーに仕上げます。

自分史は自分の気持ち次第なので、全くウソではないので堂々と披露できます。

 

面接官は同情してくれない

見栄えの良い自分史を勧めたのは、あなたの身に起こった事を説明しても、面接官は同乗してくれないからです。

 

『残業続きで辞めました』

『体調を崩して辞めました』

 

と言った所で、気の毒だから採用しようとはなりません。

むしろマイナス評価になります。

 

変に期待せず、輝かしい自分史を作ってアピールしてください。

 

面接官は何となく印象で決めている

面接官の中でも、体感的に半分くらいは何となくの印象で評価を決めています。

面接のやり方の勉強すらしておらず、勝手に人を見る目が養えたと勘違いしている人たちです。

 

判断に印象の部分が大きいなら、道具が使えるのでむしろ好都合です。

就活予算を都合して、ワンランク上の服・小物をそろえて下さい。

 

お金が厳しいとしても、就活予算を捻出して何とか買ってください。

靴や鞄は数万円のもので、大分印象が変わってきます。

 

投資と同じで、就職できたらお金が回収できるので無駄にはなりません。

 

人には拡張自我というのがあり、物の価値が自分の価値の一部となって、手っ取り早く自信をつけられます。

 

 

面接でストレス耐性をアピールする

これまでの流れで、面接官の保身の姿勢が何となくわかったと思います。

そんな面接官が恐れる失敗が、採用した人がすぐに辞めてしまう事です。

そこでストレス耐性をアピールします。

 

ストレス耐性というのは、我慢強い事を意味するのではありません。

我慢をする時点で負荷が溜まる状態を表していて、そういう人ほどポッキリと折れてしまいます。

 

ストレス耐性とは、降りかかるストレスをいなす方法を持っているかどうかです。

休日の趣味でリセットができるとか、ストレスを仕事のヒントに活用しているとか、変換する技術です。

 

3年間は辞めませんと確約するのではなく、面接官に

 

『続けてくれそうだな』

 

と思わせればいいだけです。