不安が多い人はストレスも多いワケ

ストレス 不安とストレス

不安な事が多い人は、それだけストレスを抱える事になります。

他の人と同じ事をしているのに、自分だけがストレスに負けたと考えて、自己嫌悪に陥ります。

しかし、自己嫌悪に陥る必要はありません。

 

精神が強い・弱いではなく、感受性が豊か否かの違いです。

繊細な人は他人に迷惑をかける事が少ないのに、神経が図太い人の迷惑を受けやすいです

 

それにストレス耐性は遺伝によるものが大きいので、気の持ちようでは変わりません。

不安になるまいと思うより、自分が繊細である事を認めた方が不安をコントロールしやすくなります。

 

自分が不安を多く感じるメカニズムを知って、ストレスになる事の傾向を掴みましょう。

事前に知っておけば、回避しやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不安を感じやすい人は危機管理能力が高い

不安

不安が多い人はストレスが多く、損な性格だと思っていないでしょうか。

実は長い目で見ると、不安感を感じやすい人の方がトラブルが少なく生きられます

楽観的な人は『何とかなる』という考えで行動して、大きなトラブルを引き起こします。

 

ストレスは、行動を変えないと危険だと教えてくれるシグナルです。

ストレスを感じたら転職をする事で、危機を回避できます。

 

楽観的な人にはこういうアンテナがないため、本人が予期していないトラブルに巻き込まれます。

気が小さくてビクビクしている自分を情けないと思わず、危機察知能力があると肯定的に捉えると、特性が活かしやすくなります

 

人間に不安感が生まれた背景

ウサギ

不安を感じやすいというのは性格ではなく、脳のタイプによるものです。

遺伝と育った環境の中で培われたものです。

遺伝に残っているということは、人類が生き残るのに必要な要素だったためです

 

大昔、食べられるかわからないキノコがあって、楽観的な人はガブリと食べてしまいます。

その結果、多くが命を落とした事でしょう。

不安を感じやすい人は、その様子を見てから食べるかどうかを決めたので、生き残りました。

 

日本人は天変地異を多く経験して、特に繊細だと言われています。

不安を多く感じるのは、日本人としての特性に優れているという事です。

 

心配事で疲れる場合

不安が多い人は大失敗はしませんが、日々、悩みごとが尽きません。

先読みをして、事前に対策を練る性質がそうさせます。

しかし、心配している事の8割は起こりません。

考えないようにしても、気になってしまうのは仕方ないので、対策があります。

 

それは、もしトラブルが起こった場合、最悪どうなるのかを想像する事です。

例えば持っている金融資産がゼロになったらどうなるか?

 

⇒家賃が払えなくなるので、住み込みのバイトをするとしよう。

 

こうして、心配事の行き着く先まで考えてしまえば、ずっと心配し続ける苦労から解放されます

 

面接以外にも使えます

 

心配性のおかげでお金が貯まった

現代社会で心配事の中で大きいのが、経済的な心配です。

お金の不安はずっとつきまといます。

わたしも将来が不安で仕方がなかったので、働く事に注力しました。

 

遊ぶことよりも仕事をしていた方が不安感が紛れるので、安心感を得るまで集中してやりました。

仕事が上手くいくとホッとした気持ちになり、その安らぎを求めて仕事をしました。

その結果、高い年収を得られるようになり、お金も貯まりました

 

貯まったお金をそのままにしておくのはもったいないので、株の売買もやりました。

ここでも臆病なため、大きく勝てる所でも少しの利益しか得られませんでしたが、損はした事がありません

心配事が多かったですが、経済的な余裕ができたおかげで、安心感のある日々を送れるようになりました。

 

 
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村