仕分けのバイトをわずか1日で辞めたというか、飛んだ話

最も過酷 アルバイトについて

新卒でヌルっとフリーター生活に入って、最初の内に選んだのが宅配便の配送センターで荷物を仕分けするバイトです。

アルバイト雑誌の『高収入』のカテゴリに載っていた、日給12,000円のある物流会社を選びました。

 

1日が12,000円に変えられる! という単純計算しかできない、わたしが原始人みたいな脳の頃の事でした。

若いと自分の体力が無限にあると勘違いしがちで、すぐに12,000×20日=24万円とか皮算用します。

結局、ピラミッドの建設労働者並みの重労働に放り込んだのは、自分自身でした

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕分けのバイトを辞めたのは、体力の限界で動けなくなったため

ピラミッド

辞めたと言うか、正しくは1日で飛びました。

誰もが100m10秒で走るのが無理なように、仕分けのバイトを連日やるのが不可能な人もいます。

 

『仕分け』という文字だと軽作業のイメージですが、元々は何か怖い漢字を使っていたのだと思います。

あまりに過酷な仕事で1日が終わると、倒れている人の中で絶命している人をより分ける『死分け』が語源だとか。

 

縁起が悪いので現代は『仕分け』という当て字にしたんじゃないでしょうか。

それほど過酷な作業です。

バイト終わりの臭いマイクロバスの中で、明日は飛ぼうと決心しました。

 

 

物流センター内での仕分け作業内容

わたしが入った物流センターは、かなり広大な広さでした。

構内作業という事でしたが、雨は凌げても外気と同じで、冬場だったので寒かったです。

勤務時間は10時間拘束で休憩が1時間くらいで

 

・トラックから荷物を降ろす
・配達先ごとに荷物を集める

 

こんな作業をします。

右から左に受け流すだけの簡単なお仕事っぽくみえますが、実際はピラミッドの建築作業と同じくらい過酷な仕事です。

 

トラックから荷物を降ろす

トラック

一番最初の作業です。

運転手がボンボンと床に降ろした荷物を、ベルトコンベアやローラーに乗せていく作業です。

わたしが担当したのが、トラックから押されてくるローラーの上の荷物を、構内のローラーに乗せ換える場所です。

 

普通に流れる方向を変化させればいいだけのはずが、段差があって持ち上げなければなりませんでした。

他のレーンを見ても、横方向への力だけで済んでいます。

かなり低い中腰の体勢で荷物を持ち上げるため、腰に負荷がかかります。

 

それに持ち上げる作業想定がされていないので、トラック運転手が流す荷物の速度がかなり速いです。

(これ無理)

が何度も頭の中でこだましていたら、荷物の数が減ってきたので、わたし位置が移動しました。

 

わたしがやっていた箇所には、別のバイトがスライドして入りました。

少ししたら、そのバイトが追いつかなくなって

「もう流さないで!」

と悲鳴に近い声をあげました。

 

ああ、やっぱりそこはキツかったんだ・・・

 

 

配達先ごとに荷物を集める

ベルトコンベアに乗った荷物を構内の別の箇所に積み上げます。

そこから、配送先の地区コードごとに床に積みなおします。

この作業がサッパリわかりませんでした。

 

地区コードは市区町村で決まっているので、変換表が必要です。

その表が柱の高い所に貼ってあり、眺めているとバイトの古株(といっても数日くらい?)が

「あの壁に貼ってあるのは違うから」

と言われ、床を見るように指示されます。

 

しかしその床も、古いコードが混ざっていて、いくつかを無視するように言われます。

有効なコードの方も、ほぼ消えかかった文字で、よく見えません。

 

それに該当するコードがない場合もありました。

荷物の置き場に迷って、古い紙に規則性が無いか見ていると、古株の人が来て

「あの壁は違うから!」

と言って、荷物を所定の場所に置いてすぐに立ち去ります。

 

作業は皆、小走りで行っていて捕まえる時間もないほどです。

毎回、違うからと言うだけで、何が正解かは指示されません。

 

恐らく、暗記なのだと思います。

古いコードをそのままにしてミスリードを誘う理由が謎ですが、そういう文化なのだと思いました。

 

真冬にTシャツで作業をして塩が浮く

構内は寒かったですが、作業をするとすぐに半袖のTシャツに汗が浮かびました。

筋トレのダンベルなら自分のタイミングで止める事ができますが、バイトは時間がくるまで止められません。

 

この自由の無さが辛いところです。

絶対に重たいものを持ってはいけない体勢で、何トンもの荷物を持ち上げます。

最初の休憩で顔に粉のようなものが掛かっていたので、ホコリか何かと思ったら塩でした。

冬で乾燥していたので、すぐに塩になりました。

 

休憩時間にダンボールで寝る

休憩

休憩は小1時間くらいだったでしょうか。

仕分けの建物の隣の建物で休憩をとりました。

 

ここも暖房がなくて寒かったのですが、持参した冷え冷え弁当を食べて、寝る事にしました。

とはいえ学校の床みたいに冷たいので、ダンボールを敷かなければ寝られません。

 

ダンボールで寝るって中々のジプシー感だと思うのですが、この時は何も考える余裕がありませんでした。

この休憩時間中に飛ぶ人もいました。

 

電車も動いていない時間だし、駅まで結構な距離があります。

残るも地獄、逃げるも地獄といった感じです。

 

バイトを辞めた後に物流を勉強

順序が逆ですが、この仕分けのバイトを飛んだ後に、物流に興味を持って勉強しました。

当時、システム化を進めていたクロネコヤマトに関する本を読み、フローの重要性を学びました。

フローというのは応用範囲が広く、様々な仕事の効率を上げられます。

 

既存のやり方を変えるというのを、人間は嫌います。

例えば地区コードごとに荷物を分ける際に、間違った紙が貼りっぱなしでした。

これが象徴するように、数秒で済む改善もなかなか行われません。

 

神経が細かく気が付きやすい人は、こういう改善作業に適性があります。

フローを変えると効果は永続的に上がるので、これが出来る人の給料は上がりやすいです。

 

 

関連:年収1000万になった仕事【ほぼ学歴不問】

 

システムの悪さが目立つ物流会社

わたしがバイトをした物流会社は、作業フローやシステムの悪さが目につきました。

バイトレベルで感じるくらいなので、文化として根深く残っていると思います。

 

利用者の立場でも、この物流会社で何度かトラブルを経験しました。

最近はネットで配送状況を確認できますが、この物流会社のステータスはまったくアテになりません。

 

通常は、荷物預かり ⇒ 発送元エリアの物流センター ⇒ 配達先の物流センター ⇒ 配達営業所

 

と順を追ってステータスが変化しますが、この物流会社は荷物預かりのステータスで数日変化がなく、突然配達に来たりします。

 

これだと、客が荷物を受け取る確率が下がると思うので、配達員にとっても非効率です。

他にも、荷物をずっと待っていたのに来ないのでステータスを見ると、不在だったとなっていました。

 

マンションにはフロントもあるので、不思議に思って電話をすると

「回れなくて…」

とのこと。

箱が潰れていて、玄関先で開封確認をさせられた事もあります。

これらは全て、システムが悪い事に起因します。

 

仕分けのバイトを経験できてよかった

恐らく最もキツい部類の肉体労働です。

自分の肉体的な限界を知れたというのは、良い経験になりました。

 

キツい仕事の尺度を若い内に持つことができたので、どれくらいが適正な仕事量なのか後の仕事で役にたちました。

身をもって非効率な作業を経験した事で、効率化を覚える原動力となり、それを仕事にする事ができました。

 

わたしはこのバイトの物流会社の作業で、仕事に効率性や規則性を見出したいタイプの人間だと気が付きました。

 

これを読んでいる方の中でも、肉体労働が上手くいかない方は、自身の思考タイプに合っていないだけかも知れません。

 

関連:ベンチャー企業しか就職先が無かったので選んだ結果

 

仕分けのバイトはもうできない理由

中腰の状態で重たいものを扱うという、多分カイロプラクティス的に一番やってはいけない姿勢でしょう。

 

腰のヘルニアって軟骨が削れて起こりますが、仕分けのバイトで結構削れていたような気がします。

 

体を使う仕事は、やはり長年やるのは難しいように感じます。