フリーターとして社会に出た理由

ふわぁ・・・ アルバイトについて
フリーターは働いているのに、どうして悪みたいに言われるの?
実際の仕事ぶりではなく、世間はイメージで語ります
じゃあ、そう思われているのを気にしなければ、フリーターをやっていてもいいんでしょ。他人なんて関係ないや
いえ、フリーターは損な身分です。時間をかけてもフリーターから卒業する事を考えてください。

 

フリーターの身分では本当に嫌な思いをしました。

特に社会で無職と同列に扱われる事が納得いきませんでした。

 

ただ、フリーターで培った転職慣れは、後々に役立ちました。

フリーター上がりが入れる会社は、土台がしっかりした会社ではありません。

 

沈み始めたら転職をするフットワークが必要です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーターになったのは、適職がわからなかったから

まだ一生を決められない

自分にも周囲にも、やりたい事があるため前向きなフリーターの選択と言い聞かせていました。

その実は、就職すると一生のルートが確定してしまうと思い込んでいて、そこからの逃げでした。

何となく想像がつく就職が不安過ぎて、非現実的な夢へ逃避していました。

 

実際は正社員になっても、様々な出来事が起こったので、想像は空想でしかありませんでした。

学生時代にアルバイトの経験はありましたが、決まった時間内に作業をするだけのものでした。

長時間イスに座って、会社員って何してるの? というレベルでした。

 

それに不安が大きすぎて、一生を左右する就職試験に怖気づいたというのもあります。

落ちたら針の山が広がる一本橋の上を歩かされるような怖さです。

不安が多い人は、先の予想がネガティブに偏りがちです。

 

失敗する事ばかりに目がいってしまうため、本番でもガチガチに緊張してしまいます。

フリーター時代を振り返って良かったのは、こういう失敗を繰り返した事にあります。

他の人より本番に弱いのなら、その前段階の準備でリードしておきます。

 

下準備というのは、その後の会社員生活でも段取りの能力として活きる事になりました。

欠点というのは治らないものですが、他の能力を伸ばして補う事はできます

自分の臆病な所を認めてからは、色々な歯車が噛み合ったように思います。

逃げる度に、選択肢が一つなくなります。一時は辛くても、困難に思える方を選択するのが正解です。

 

経歴がなくても大丈夫な理由

 

フリーターの何が悪いの?

フリーターだからと言って、無責任に仕事をしているわけでもありませんでした。

手取りも初任給で比較したら、正社員よりも多くもらえます。

フリーターの何が問題なのでしょうか?

 

社会保険で損をしている

会社は給料以外にも、色々と負担してくれますが、フリーターは全て自腹です

社会保険とは年金と健康保険の事です。

今はアルバイトでも社会保険の加入が進んでいますが、日雇いなどでは未加入の会社も多いと思います。

 

私がフリーターだった頃は、社会保険のない会社ばかりでした。

アルバイト給与から天引きされないので、手取りで考えれば新卒社員より多く見えます。

しかしそこから自分で国民年金と健康保険料を納付しなければなりません。

それにフリーターと正社員との違いは、正社員の年金・保険料の半分を会社が負担してくれる所です。

説明する女性

 

正社員は他に、キッチリした有給制度や賞与などがあります。

フリーター当時は、そんな差など良く知りはしなかったです。

年金は40年も先の事で、進路的に受給しない予定だったので考えていませんでした。

健康保険も給与が20万そこそこだったので、保険料もそんなに大きなものとは感じませんでした。

 

後に正社員となって給与も多く頂くようになってから、会社がこんなに多く負担してくれているのかと驚きました。

年金についても、歳を重ねて受給を意識し始めるようになると、厚生年金がなかったら生活ができないという実感がわきます。

年金定期便という、将来受け取れる金額が書かれたハガキが送られてきます。

その度に国民年金のみの額の少なさに驚きます。

※今はアルバイトでもフルタイムに近い人には、社会保険が義務付けられています。

しかし、思い切り無視したり短時間雇用に抑えたりする会社もあります。

 

 

 

社会的信用の無さ

仕事で人間性まで判断されてしまいます

バイト先のフリーター仲間といる時には感じないのですが、やはり一般社会で信用されにくい事はありました。

クレジットカードの審査が通らないのもその一つです。

 

何かの集まりに参加しても、フリーターという肩書は遊んでいるというイメージがつきまといます

バイト仲間はバンドや役者など、やりたい事がありながら働いていたので、自分もその内の一人だと言い聞かせていました。

 

役者として売れないまま30半ばでフリーターをやっている先輩がいました。

ちょっと腐ってしまっていて、新しく入る人に意地の悪い対応が目につきました。

 

そういうのを見ると、アルバイトの立場に納得していないように見えました。

役者としても社会人としても、明確でない状態は辛かったのだと思います。

 

 

仕事の内容が限定的

極端に言うと、ロボットのように決まった仕事を求められます

フリーターと言っても、仕事はちゃんとします。

部分的に見れば社員と同等の仕事をしていると思う時もあります。

 

しかし、後に適職で正社員になってから、フリーター時代の仕事は限定的だったと思います。

フリーター時代には、決められた仕事をこなすことが多かったです。

 

会社員になってからは、それに加えて仕事の枠組みや流れを考える仕事が増えました。

自分一人ではなく、他人に関与する部分が増えました。

仕事や他人をロスなく組み合わせる事で、自分一人で働いていた以上の収益を上げられます。

それが給与に反映されます。

 

フリーターには、そういうチャンスが少ないため、給与の頭打ちが早いです。

若い内は、正社員とアルバイトであまり給与に差がありませんが、年齢と共に徐々に差は開いていきます。

 

年齢の不利があっても、社会経験を積んでいるので、正社員に挑戦しても良いと思います。

わたしは学歴もなく、職歴もアルバイトを転々としていましたが、自分に合った仕事を見つけました。

アルバイト時代は苦手な事をしていたので給与が安く、正社員の仕事は適職だったので楽に給与が上がりました。

 

 

フリーターは悪くはないけど損

フリーターでも仕事をキッチリしている人は、正社員でも十分通用します。アルバイトの仕事を実績として、就職活動をしましょう

フリーターは誰かに迷惑をかけている事ではありません。

ただ、本人が損をしているだけです。

 

コンビニの店員さんの仕事を見ると、複雑この上ないと思ってしまいます。

多種類の業務がマニュアルで決まっていて、そこに自由な利用客が来る。

定型の仕事に非定型の客を当てはめていく作業が、すごく高度に見えました。

 

無駄のない作業の上に、すごく気持ちいい接客の人がいると、この人の能力でこれくらいの時給はつりあっていないと思いました。

場所が変われば、社員としても良い評価を受けられる人は沢山います

そういう人の中には、Fランク大学とか学歴に自信がないゆえにそこに居る人もいるでしょう。

私は会社の業務の中で、採用に携わって基準を作成した事があります。

 

学歴は、その人の論理性を図る客観的事実としてわかりやすいものでした。

しかし、卒業して10年もしたら学歴の印象とズレる人がいます。

 

一方、学歴が不足している人でも、卒業後に努力し続けた人は逆転のチャンスがあります。

転職の際に資料や、説明によって自己の能力を説明するのです。

それでも学歴だけ見るような、楽で安直な方法をとる会社は入る価値はありません。

アルバイトだと、職歴が増えてしまって転職の時にネックになる場合があります。

 

職歴が多い場合、圧縮する選択肢も考えられます。

やりたい仕事がないなら、欲しい年収を思い描く
就職は『やりたい仕事』を軸にして探すように指導をされますが、『できれば仕事をしたくない』場合にどうすればいいのか誰も教えてくれません。 どちらかと言うと最初は、『仕事をしたくない』方が自然なのではないでしょうか。 ...
接客が苦手な人向けの、皿洗いのバイト
飲食店のバイトなら、普通はホールスタッフが多いと思います。 しかし内向的で接客が苦手な人には、皿洗いがあります。 ただ黙々と皿を洗うバイトです。 スキルは特に身につきませんが、自分がどれくらい単純作業に耐性があるの...

 

フリーターを辞めた理由

惰性で続けていたフリーター生活を辞めるキッカケとなった出来事がありました。

年齢的にも、そろそろ方向性を決めなければならない時でした。

ニート・フリーターが社会問題化

ニュースなどでニート・フリーター問題が出た時に違和感があったのが、ニートとフリーターが同列に扱われていた事です。

バイトを辞めてから次へ移行する間、ニートの期間がままありました。

毎日、明日はどこかに応募しないとなぁと思いつつ、夕方まで寝る自堕落な生活を送っていました。

 

次のバイトが決まってからは、早朝から電車に乗って、ヘトヘトになるまで働いてきます。

両方を経験した身で言えるのは、ニートとフリーターは全く違います。

ニートは人生のツケで生活をするようなもので、毎日が日曜日でした。

世間は大雑把にカテゴリー分けをします

 

警官に「アルバイトぉ~?!」と言われる

このフリーターめがっ!

不審者 以上 犯罪者未満

あるバイトの帰りのこと。

駅についてからバイト先に財布を忘れている事に気が付きました。

駅から離れていたし、夜遅いので取りに戻ると終電がなくなりそうでした。

 

確か交番でお金を借りられるというのを思い出し、駅の近くの交番に助けを求めました。

50歳近い警官の人に、事情を説明して電車賃の数百円を借りるお願いをしました。

気が小さいので、当然、丁寧なお願いを心掛けました。

 

職業を聞かれて

『〇〇のアルバイトです』

と答えると、警官がえぇ~?!というニュアンスで

「アルバイトぉ~?!」

と言って、急に不審者候補のような扱いになりました。

 

今まで小市民として遠慮がちに生きてきた私にとって、警官にこのような扱いを受けたのはショックでした。

不安が多い人にありがちの、その場で抗議しないでモンモンとした気持ちを持ち続ける事となりました。

そんな不満を持ちつつ、警官を見返してやろうという気持ちで、翌日すぐに返済に行きました。

 

警官が交番でお菓子を食べている所を見たことがなかったので、缶コーヒーを交番のローテーション人数分くらい持っていきました。

当時は気が小さいという事が嫌でしたが、それだけ他人の視点で物事を考えられるので、コーヒーにしたのだと思います。

応対に出たのは昨日とは違う若い警官で、缶コーヒーくらいですごく感謝されました。

 

昨日の警官が缶コーヒーを飲みながら

「まだまだ人を見る目が未熟だった・・・」

と反省してくれる所を夢想しました。

 

この事はフリーターという社会的地位の低さを、直接突き付けられた出来事でした。

自分ではフリーターと言っても、与えられた仕事はちゃんとやっているつもりでした。

それだけでは社会に通用しないのだと言う事を痛感しました。

 

嫌な思いをしましたが、この経験から発奮して就職活動をしました。

就職から逃げてズルズルとフリーターをしていた中で、この経験は人生のターニングポイントになりました。

その後の人生でも、嫌な経験の中にほど拾うべきものが多くありました。

二択で迷ったら、困難と思える方を選ぶと上手くいきます。

楽な方を選ぶと、その選択ごとに人生が落ちていき、選択肢の無い所まで追い詰められてしまいます。

未経験の業種にチャレンジする時の参考です

 

警官の視点で考える

警官も過去の経験から判断をします

警官にいぶかしがられたのが傷ついたので、警官の視点で考えました。

電車賃を借りる時に、当時は一覧表に名前等を書かされました。

 

結構な人数が書いてあり、チラッと見ただけでしたが返済日が入っていないものもありました。

寸借サギのように、デタラメな連絡先を書いて、借り逃げという事があるようです。

何人かにそういう事をされると、警官の方も疑心暗鬼になるのでしょう。

 

それに警官の職務の中で、フリーターの犯罪者に遭遇する事もあるでしょう。

その割合が多かったのかも知れません。

私にとっては初めて交番にお世話になった経験でしたが、警官は何人もフリーターを相手にして良くない印象を持っていたのでしょう。

不審者に対応して警戒心が強くなる仕事であって、サービス業の店員さんとは違います。

 

フリーターから転職する

フリーターから転職する方法はいくらでもあります。

新卒の就職が無理だった人も、アルバイトで志望の業種の経験を積んで就職も可能です。

今の時代、転職するのが当たり前なので、その流れにアルバイトからも乗る事ができます。

学歴もコネも、何もない底辺からスタートしました

経歴
プロフィール 最終学歴:専門学校(受験なし) 社会人デビュー時の職歴:フリーター このひどい経歴からスタートして、転職を経て給与のみの年収で1,000万円以上・ボーナス額は最高で2,000万円までいきました。 専...