買ったら値段が上がった意外な物

実体験に基づく投資のやり方

 

車やバイクを下取りに出すと、結構な下がり方をします。

 

割と人気のある車でも、1年で1000kmくらい乗ってから買い取りセンターに持って行ったら、半額になっていました。

 

だから物を買うということはお金が減るイメージしかありませんでしたが、買って数年で倍くらいの値段になった物がありました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィギュアを買ったら倍になった

 

特にコレクターというわけではなかったのですが、ジョジョの奇妙な冒険で時を止める能力のある、ザ・ワールドというスタンドのフィギュアを買いました。

 

購入した理由は、仕事で効率化をすると60分かかっていたものが数秒で終わるようになり、時間を止めるような感覚だったので、その象徴として買ってデスクに飾りました。

 

こういうフィギュアは製造され続けるものではなく、製造が中止して数年で倍以上の金額になっていました。

 

定価が約3,600円くらいだったのが、今は新品だと10,000円です。

開封した中古品だと、6,000~7,000円くらいです。

 

わたしの持っているのは未開封のままですが、日焼けしたり箱が歪んだりしているので、マイナス査定されるでしょう。

 

 

それでも倍くらいにはなると思います。

株式投資で買値の倍になったのは、1銘柄だけです。

 

そう考えると、フィギュアは儲かる確率が高い買い物でした。

 

買ってすぐにラップに包んで保管すれば

 

そこで頭によぎったのが、買ってすぐにラップに包んで保管しておけば、新品としてリセールできるのではないかという事です。

 

すごく確率の高い投資になります。

でもこれって、買い占めの思考なんですよね。

 

問屋みたいに流通の一端をになっているわけでもなく、単に欲しい人の間に割って入っているだけです。

 

 

わたしが買い占めて転売をやらないのは、怖いからです。

サイコパスでもない限り、人は後ろめたい事をすると罪悪感が生まれます。

 

その罪悪感から、無意識のうちに自分に罰を与えるような選択を選んでしまいます。

これがバチのメカニズムで、転売をする人が儲け続けるのが難しい理由です。

 

 

フィギュアは箱から出したら捨ててしまいがち

 

同時期にAmazonで買ったプレデターは、定価から少し割り引かれて3千円台でした。

 

 

箱から出して飾っていたのですが、事あるごとに倒れるし、付属品の置き場に困ったりしました。

 

それで近藤麻理恵さんの『片づけの魔法』の本に感化されていた頃、

『手に持ってときめかないものは迷わず捨てる』

の教え通り、プレデターのフィギュアを捨ててしまいました。

 

現在の売値を調べたらで、新品で14,000円になっていました・・・

プレデターは世界的に人気だし、定期的に映画化されたりするので、SFものは高いですね。

 

ただ同じSFもののエイリアンは、モデルによって値が上がらないものもありました。

 

北斗の拳のフィギュア

 

ちょっとマイナーなキャラクターですが、修羅の国という皆が強い国の中で、まだ名を名乗ることを許されていない修羅の一人です。

 

これは2千円代で買いました。

 

名が無いわりに結構強くて、準主役のファルコと闘っています。

マイナーなキャラでコレクターが限られるのか、今の値段は5千円くらいでした。

 

これも片づけの魔法にハマっていた頃に捨ててしまいました。

 

片づけの魔法は気分がスッキリする、素晴らしいテクニックです。

ただわたしは、炊飯器についていた使わない計量カップを捨てたら、それが無洗米用のカップで、無洗米を買ってから気がついて途方に暮れたりしました。

 

 

ブランドの腕時計

 

腕時計も消耗品のような感覚でいましたが、ブランド物は違いました。

 

わたしが持っていた機械式の腕時計が、オーバーホールが必要な時期になりました。

オーバーホールというのは、時計店に預けて分解掃除をしてもらう事です。

 

この費用が一つにつき数万円かかります。

そこで、質屋系の店の買取店に持って行きました。

 

メタルバンドの時計の方は6年くらい使ったし、道で人を避ける時に思い切り石の壁にぶつけて、大きなキズが出来ていました。

 

箱も無いし、調整で抜いたバンドのコマも無かったので、相当に減額されると思っていました。

しかし数万円の減額だけで済み、臨時収入みたいになりました。

 

そのブランドの腕時計の発売価格が年々上がっていたので、中古でもキズがなければプラスになっていたと思います。

 

値が下がった腕時計

 

メタルバンドの時計と違って、ゴムバンドの時計は半値以下になってしまいました。

 

メタルバンドの時計とは別のブランドだし、買った時の値段もブランドの時計としては安い方でした。

ゴムのように劣化するものは、リセール目的の場合は選ばない方がいいと思います。

 

一定の金額以上の腕時計を持っていれば、いざお金がない時に換金ができます。

腕時計は、身に着けられる動産のような役割を果たします。

 

現金だとインフレリスクがあるので、高い時計を持つのもありかなと思います。

 

家は価値が落ちる

 

家も買ってすぐに売った事がありますが、わたしには向いていませんでした。

 

稀に買値より上がるマンションがありますが、そういう時期は売却後に住む新しい家も高いので、結局はおいしくありません。

 

投資目的で複数物件を買うにしても、不動産屋の障壁があります。

不動産屋は結構アナログな付き合いが必要で、営業力のないわたしには不利です。

 

それにネットで簡単に売買できる株と違って、不動産の売買は人同士の儀式が多いです。

売りと買いを経験しましたが、ハンコの押し合いとか重要事項説明とか、早く帰りたかったです。

 

わたしは家を買って・売ってで300万円のマイナスを経験しました。

高い勉強代でしたが、おかげで家賃収入系の投資は向かない事がわかりました。

 

 

一番価値があったのは本

 

本は売りに出しても、殆ど値段がつきません。

 

ですが投資に対するリターンとしては、本が最も効果がありました。

学校の勉強が苦手だったわたしは、社会に出てから独学で勉強をする必要がありました。

 

必要だと思った本は、割と即決して買ってしまいました。

読んだ本の量が一定量を超えると、それぞれの知識が結びついて、問題解決能力が飛躍的に上がりました。

 

それに対する給料として、30代からは年収が大企業平均より下になる事がありませんでした。

本は一冊読んでも大してレベルアップしませんが、ある点を超えると一気に数段階レベルアップします。

 

この特性を頭に入れて、根気よく読書を続けてみてください。

 

わたしが低学歴でも年収を得た方法や、独学の株式投資で利益を上げた事などを他のページに書いているので、よければ色々と読んでみてください。