花粉症を治しに行ったら恥をかいた件

不安とストレス

せっかく早期リタイアしたのに、1年の内の2か月くらいを花粉症で潰されるのがもったいなく思えてきました。

 

ネットで治療法と病院を調べました。

万全を期したつもりでしたが、クリニックで思わぬ事があって恥をかきました。

 

これから花粉症を治そうとする人に参考になればと思い、恥をさらします。

 

スポンサーリンク

さぁ、花粉症を治しに行こう

花粉症を治す方法を調べたら、舌下免疫療法というものがありました。

これはスギ花粉の成分が入った錠剤を毎日飲み、スギ花粉に慣れていくというものです。

 

 

ネットで万全に調べたので、後はこの治療をやっている病院に薬をもらえばいいと思っていました。

 

自己申告だけではダメだった

 

クリニックではいくつかの治療方法がありましたが、問診票に舌下免疫療法の希望を書きました。

完全にわたしが主導権を握っていたつもりでしたが、花粉症の自己申告だけでは通用しませんでした。

 

まずアレルギーを調べるため、採血をされます。

血液検査の結果が出るのは1週間くらいかかるので、それまで治療は開始されません。

 

クリニックで恥をかかされる

血液検査までは想定の範囲内でしたが、医者が鼻の中を見ると言い出しました。

そしてファイバースコープを鼻につっこみ、モニターに大写ししてさらし者にされました。

 

マスクをして外出していたし、鼻の中をきれいにするのを怠っていました。

医者がスコープを奥に進めながら

『はい、鼻汁(びじゅう)がありますね~』

と実況までしました。

 

いいえ先生、それは鼻くそというんです。

 

花粉症の診断を受ける時の注意事項

 

わたしも常識があるから、最初から鼻の穴を見ると教えてくれていたら洗っていったのに・・・

 

 

血液検査だけで十分だと思いますが、いっしょにポテトをつける感覚で診療を追加されたのでしょうか?

ファイバースコープで花粉症の原因になる、鼻の中の粘膜のでっぱりを解説されました。

 

レーザー治療を選択したらこの粘膜を削られますが、再生する可能性があるのでわたしは舌下免疫療法にしました。

 

小芝居をする

 

鼻の中を見られた恥ずかしさをごまかすため、思わずファイバースコープを痛がる芝居をしてしまいました。

 

スコープは細いしそんなに奥まで入れないので、痛くはありません。

けど抜かれた後で、ちょっと涙をぬぐう仕草までしました。

 

これで医師の意識がわたしの鼻の穴から、痛い診療をしてしまった罪悪感に移ればと思いました。

わたしは卑しい人間です。

 

次回の診察の日を確認された時にも、小芝居をしてしまいました。

 

 

無職だからいつでも大丈夫なのに、忙しいアピールで日程を考えるフリをしてしまいました。

花粉症は治ったとしても、こういう人の目を気にする性格は治らないでしょう。

 

他人の評価が気になる社会人の末路
遺伝の影響とか幼少期の家庭環境で、人の評価が気になって仕方ない人はいます。 「誰でも気になるでしょ?」 と思うかもしれないですが、気にする度合いが違います。 自分の核となる部分も人の評価で揺らいでし...

 

舌下免疫療法の費用

 

血液検査が高くて、5000円くらいかかりました。

それとファイバースコープもあってか、初診は合計で7千円弱くらいかかりました。

翌週に血液検査の結果を見に行くと7段階中で3つ星がついていて、アレルギー反応ありで花粉症認定されました。

 

 

けど自分の花粉症の辛さに対して、★三つは納得できませんでした。

アマゾンの商品レビューだったら、一言二言ケチがつけられている★の数です。

 

 

初回は弱い錠剤

 

毎日の飲み忘れを防止するためか、弱い錠剤はシートにランダムに薬が入っています。

初回はアナフィラキシー(ショック)が起こらないか見るため、錠剤を口に含んでから30分ほどクリニックで待機します。

さぞかし料金を取られると思ったら、この日は弱い錠剤1週間分の薬代込みで700円弱で済みました。

薬の様子見のため1週間後にまた診察を受けるので、受け始めはクリニックに行く頻度が高いです。

 

以降は月1回の診察で、薬代込みで2600円~3000円くらいかかります。

最初にネットで毎日薬を飲んで3年かかると知った時は、思わず鼻水がぶり返しました。

 

3年で8万円くらいコストがかかりますが、1年目で花粉症が軽減される人もいるみたいです。

 

 

薬局で途方に暮れる

 

成分の弱い錠剤の1週間が終わり、強い錠剤の1ヵ月分の処方箋を出してもらい薬局に行きました。

初めての経験ですが、処方箋薬局に在庫がないと言われました。

大人の余裕をかましましたが、内心は狼狽してマスオさんみたいになっていました。

 

 

もう一生治らないのかと、絶望の絵が浮かびました。

 

 

しかし親切に近くの処方箋薬局を教えてもらい、そちらで入手できました。

 

花粉症には現役時代から悩まされていた

 

会社のすぐ近くに住んでいたし、デスクワークだったので普通の人よりは被害は少なかったです。

しかしたまに外出をすると都心部の排ガスと相まってか、ひどい花粉症の症状が出ます。

かといってマスクにゴーグルをしたら、くもって歩行不可能でした。

 

毎年、花粉症のシーズンになると頭痛などで頭がボーッとして、デスクワークに支障が出ていました。

仕事のためのデータ分析は、エクセルで始められる件
わたしはいつも思います。 新しいことを勉強をしようとネットを調べると、意欲をくじくような難しい書き方が多すぎると。 なに、回帰分析って? 回帰なんて日本語は使ってこなかったので、最初から『?』が続きます。 ...

 

荒療治を試みる

花粉症は排ガスと化合して悪化するらしいので、山の中で花粉だけ摂取すれば治るんじゃないかと考えました。

 

そして花粉シーズンの山に行った夜、穴という穴がすべてふさがりそうになりました。

 

窒息するかと思いました。

交感神経と副交感神経の切り替わりとかで、寝る時や寝起きがひどいことになるそうです。

 

北海道移住を考える

 

せっかくリタイアして自由な時間を得たのに、1年の内2か月くらい行動が制限されるのは惜しいです。

花粉が少ないスギの植え替えに期待しましたが、あと数十年は花粉が増え続けると聞いて絶望しました。

そこでスギ花粉があまりない北海道への逃亡を考えました。

 

 

社会人って一度は北海道か沖縄への逃避を考えませんか?

しかしすぐに現実に戻って、免疫療法で治す事を決意した次第です。

 

まだ治療を始めたばかりですが、効果が出たら追記していきたいと思います。

 

早期リタイアのその後【数年経過】
わたしが40代で早期リタイアしてから、数年が経過しました。 時間が流れる中で上達することや、逆に弱くなってきたものも出てきました。 ただトータルでは生活に満足していて、居場所を求めて再就職を考えるような事はないで...