idecoが面倒な人が、確実に儲ける方法

お金の不安をなくす
忙しくてidecoが何か、調べる暇がありません
一番簡単な方法を解説します

こういう制度を調べようと官製のサイトを見ると、不要なものを含めて情報が並列に並んでいて、ワケがわかりません。

 

それに聞いた事もない用語が『常識でしょ』と言うかのように使われています。

まずidecoを知らない人にザックリ説明すると、60歳まで引き出せない定期預金みたいなものだと考えてください。

 

idecoで儲ける方法は二つあります。

 

一、当たりの金融商品を選ぶ

二、給料から払ってる税金が減る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

idecoが面倒な人が、確実に儲ける方法

まず、

一、当たりの金融商品を選ぶ

 

ですが、働きながら金融商品の勉強をして、かつ当たりの金融商品を見つけるのは難しすぎます。

 

これができるなら、すぐに仕事をやめて専業トレーダーになっています。

だから確実に儲かるのは

 

二、給料から払ってる税金が減る

 

簡単に説明すると所得税+住民税で3割払っている人は、年間20万円をidecoの口座に入れれば6万円得します。

 

6万円儲かるなら、やっても良い気にならないでしょうか。

 

金融商品ではなく、銀行定期預金を選ぶ

idecoは株などの金融商品が多いですが、確実ではないし選ぶのが面倒くさいので、銀行の定期預金を選択します。

 

株で運用すると値動きが気になってしょうがないし、最終的に損をする事もあります。

地味に定期預金を選ぶのが、面倒でなく確実な儲け方です。

 

利子は殆どつかないので、税金の減額狙いです。

所得税+住民税3割の人を例にしていますが、投資した額の3割が確実に得をするような投資は、他にはありません。

 

idecoで定期預金を選ぶ

放置

おしまい

最大のリスクはお金の価値の下落

60歳まで下ろせないという事は、お金をタイムカプセルに入れるようなものです。

今、20万円で米50kgが買えたとしても、60歳の時には2kgしか買えないという事もありえます。

 

お金を自由に移動できないというのは、そういうリスクを抱えることになります。

ですがお金の価値が下がるなら、普通は定期預金金利が上がったりするので、現金をそのまま置いておくよりはダメージが少ないです。

 

idecoの白けるところ

地味に手数料ビジネスです。

何もしなくても毎月数百円が手数料として徴収されます。

 

銀行・証券会社は管理手数料0円をうたっていますが、ちっちゃい文字で

年金基金連合会 とかには費用が発生と書いてあります。

 

idecoに毎月お金を入れるかどうかで変わってきますが、毎月200円弱とられると想定しておくのが無難です。

 

60歳まで強制加入の有料アプリみたいで白けます。

他に初期費用で数千円かかります。

 

税務申告

会社勤めの人にとって税務申告のハードルは高いです。

idecoで儲けるための事務仕事だと考えてください。

 

マイナンバーカードでネットで申告できるようになりましたが、わたしには超難しかったです。

設定が難解で、マニュアルはもっと難解でした。

 

オススメなのは、申告用のwebサイトに申告の金額を入力して、印刷して郵便で発送する方法です。

webサイトの入力はそんなに難しくありません。

 

面倒ですが、1日で終わらせれば日給6万円の事務仕事をやった事になるので、割は良いです。

それにしてもネット申告はAmazonや楽天のように簡単にならないのでしょうか。

 

idecoの想定ユーザー

堅実な人は、idecoにあまり魅力を感じないと思います。

idecoを絶対に使うべきユーザーは、お金があると使っちゃう人です。

 

今持っているお金どころか、クレジットカードの限度額までが自分の自由になるお金だと思って、目いっぱい使ってしまう人がいます。

 

それとかパチンコに通って負けたら、『それはパチンコ屋に預けたお金』だと思っているなど、お金に関してネジが飛んでいる人たちです。

 

そういうお金の使い方を知らない人が、自由に使えないよう囲い込むのがidecoの存在意義です。

 

idecoの手数料についてもっと細かく

面倒くさい人は読み飛ばしてください。

手数料で毎月200円弱と書きましたが、毎月入金しなければ70円弱で済みます。

 

一年分を一括で入金した方が手数料は抑えられます。

200円弱という目安は証券・ネットバンク系idecoのもので、既存銀行のidecoはもっと高いです。

 

この中でも使えるのが楽天系です。

貯まったポイントが日常的な買い物で使えるのが大きいです。

 

通販で使えるし、西友のネットスーパーでも使えます。

楽天バンクのデビットカードで買い物をしてもポイントがつくので、リアルスーパーでも使っています。

 

どんどん楽天の経済圏に取り込まれていっていますが、一つだけ注意点があります。

パンダカードというのにしたら、パンダの黒とカード番号の黒が同化して見難いので注意してください。

 

idecoで株をお勧めしない理由

個人的な経験ですが、idecoの前身とも言える確定拠出年金で株を選択した事があります。

ある地方銀行が代理業務をやっていた拠出年金で、選べる株はその銀行がピックアップしたものです。

 

堅い運用をお望みの方、みたいなカテゴリーの中にドイツ銀行がありました。

ちょこちょこ見るのも面倒だし、ドイツ銀行にしておくかと思って選択しました。

 

そのドイツ銀行が、破綻の危機を迎えています。

地方銀行が堅いと推奨した株でも、この通りです。