住所から転職先の会社を調べる簡単な方法

ビル 会社の選び方
転職する会社が怪しくないか、簡単に調べる方法はありますか?
会社の住所でネット検索をかけてみましょう。

転職活動はエネルギーを使うので、できれば無駄な応募は省きたいところです。

面接で社内を見て、色々とダメな所が見えたので辞退というのは、効率が悪いです。

転職サイトや会社のHPに載っている情報からだけでも、簡単に調べる方法があります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社の所在地には、色々な情報が詰まっている

おかしな会社の特徴は、住所からも調べられます。

ダメな会社というのは、様々なウソや矛盾点があるので、それを暴きます。

会社のHPを開くと、会社概要のページに従業員数と住所が記載されています

 

この住所をネット検索すると、事務所の不動産情報が出てきます。

それで見るのは、オフィスの坪数です。

契約済みだと情報が見えなくなっているかも知れないですが、いくつかの不動産サイトを当たれば出てきます。

何故、広さの坪数を見るのかというと、会社概要の従業員数と矛盾がないかを見る為です。

 

オフィスの広さは従業員数に比例

人数が多い

オフィスは、一人当たりの広さが2坪以上必要です。

2坪だとデスクは小さめで圧迫感があります。

単純にデスクを置くだけでなく、通路や休憩・会議室などのスペースが人数に比例して必要です。

 

実際にある会社のデータを見ていますが、従業員数が30人なのに、オフィスの広さが20坪弱です。

明らかに矛盾しています

 

更に事務所は普通のオフィスではなくレンタルオフィスで、なお悪いです。

レンタルオフィスというのは、独立したての個人が選ぶことが多いものです

普通のオフィス物件を壁で区切って、細かくして貸し出しています。

 

会議室やトイレは、同じ階の人たちと共用です。

住居で言えば、シェアハウスみたいなものです。

人を集めているのに、シェアハウスっておかしいですよね。

会社のHPに過去の移転情報があれば、それも参考にします。

 

普通のオフィス物件から、レンタルオフィスに移転していないかです。

どんどんとスケールダウンしていったら、会社の業績が悪化している証拠です。

レンタルオフィスを使用している会社が100%ダメというわけではありませんが、従業員数と合わない事も含めると、この会社の信用度が下がります。

 

従業員数を多めに書いて、大きな会社に見せようという姿勢が全てをあらわしています。

取引をする中でワンマン社長に共通していたのが、虚栄のウソです。

ワンマンだと会社のバランスが崩れやすく、転職先としては注意が必要です。

この例で見ている会社はベンチャー企業で、経営者が上場で持ち株によって成金をしようとして、途中で頓挫した会社です。

オススメしない会社の一つです。

 

同じ住所に別の会社もある

オフィス

これは大きな会社でもある事です。

会社を分けた方がメリットがある場合にやっています。

同じ住所にある会社は、何らかのつながりがあるので会社の評判を調べます。

 

評判だけでなく、社長や役員についても調べます。

ここまで範囲を広げると、何かしらの情報が出てきます。

会社概要の取引先に良い会社があるのかを調べるより、住所の方が確実です。

 

取引先と書いてあっても、ただ自分たちが一般的な客としてサービスを利用しているだけだったりします。

これらは、就職した後に取引先を調べる場合にも使えます。

 

実際にこの方法でマークした会社が、問題を起こす事がありました。

事前に注意をしていたので、被害は軽微なもので済みました。

警戒心というのも、スキルのうちです。